« スロットマシンでお願い | トップページ | 何番目? »

2013年6月17日 (月)

呼んで名付けて

 英語の教科書には便利なところもあって、だいたい教える順番は理にかなっている面もあるので、「教科書で教える」のであって「教科書を教える」のではない、というのは現役のころにもさけばれていました。
 学校が違っても、いっしょに教えることができるのは大助かりです。

 これから、文型に関わる学習が続くのですが、ほとんど意味のない用語なのでSVOとかSVOCとかを使うことはありません。どれもその動詞の性質として片付いてしまうからです。

 手始めにcall。
 15年くらい前にオーストラリアに行って以来、回転ずしの呼び名をsushi trainというのだと、ネタに使ってました。でも今度それを教科書に取られてしまったので、ネタを整理しました。
 あんまりマニアックなことをいっても生徒にピンとこなければいけません。

 ニホンザル:snowmonkey
 axthorotol:ウーパールーパー(日本)
 回転寿司:sushi-go-round
 インスタントラーメン:miojio(ブラジル)
 カニカマ:surimi
 温州ミカン:satsuma

 こんなところが、呼び名に説明をつけなくてもわかってくれるでしょうか。ちなみにラーメンとカニカマの件はTVで仕入れた知識です。くだらないことも多いですが、情報知識バラエティみたいなものが結構役立ってくれます。satsumaは、昔イギリス人ALTから教えてもらったことですが、Harry Potterを読んでたらちゃんと出てきたので感心しました。

 昔はこの後に、生徒たちのあだ名を紹介したものですが、近ごろの子供のあだ名は名前を短くしたものばかりであまりおもしろくないのでやりません。
 動物呼ばわりすることもほとんどなくなったのはいい傾向ですが。

 最後にnameの使い方をちょっと教えておしまいにします。

 

|

« スロットマシンでお願い | トップページ | 何番目? »

コメント

 関係のない話で恐縮ですが、米国人と云う人種には文化はあるのか? って思ってしまいますね(^ω^)

 情報が乏しかった時代ならばいざ知らず、現代に於いても米国映画に出て来る日本は、日本で撮影したもの以外はことごとくチャイナです。米国大統領は日本は友好国だなんて云ってるけど、私から云わせたらそうじゃないな。だって日本の文化や生活様式なんてまったく知らないんだから・・・

 学習意欲の無いアンポンタンだからしょうがないんだけれども、日本人が米国に付いて学習している事の一割でも米国人が日本に付いて学習して欲しいと思います(^∇^)

投稿: 藪井竹庵 | 2013年6月19日 (水) 07時06分

 アメリカは広いので、共通のというと難しいですが、生きている人間なので、それなりの固有の文化はあると思いますよ。

 一般的に欧米の人は一部の知識のある人を除くと、中韓日の区別はできていません。

 なお、経験上、中学生に限ってのことではないと思うんですが、日本人もヨーロッパの国やアメリカの場所はほとんど理解していません(^^;)
 授業中にパリの場所を聞くとほとんどが間違えます。

 ただ、日本が一国だけで生きていけるかっていうとそれは無理なんだと考えます。だから、好むと好まざると世界語になってしまった英語をなんとかしたいんです。力は足りませんが。

投稿: snob | 2013年6月19日 (水) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼んで名付けて:

« スロットマシンでお願い | トップページ | 何番目? »