« 台東区立図書館 | トップページ | 堀切菖蒲園 »

2013年6月11日 (火)

お言葉ですが…(文芸春秋)

 千字寄席のサイトで、「柳田格之進」の原話に関する記述が加えられました。どうも職業柄かお節介な性格からか、自分の書き込みをきっかけに、管理者の方が考察を経たうえで、「爛柯堂棋話」「雲萍雑志」の猪飼某の話を原話と判断していただいたようです。

 書き込みには、”2chで聞いた話”を図書館で確認したと断っておいたのですが、私に謝意をいただいてしまいました。考えれば他にしようもなかったでしょうが 。

 そのあとも、ずっと誰が教えてくれたのか気になっていました。

 どうもキーワードは高島俊男とのことで、著書の「お言葉ですが…」の中に、教えていただいた話があるようです。

 図書館で探したら、これは週刊文春に長らく連載されているコラムで、単行本は何冊もあります。地元の図書館にはそろっていなくて、あらためてWEB検索で該当巻を確認して、隣町で借り出すことができました。

 それが「お言葉ですが…9 芭蕉のガールフレンド」(2005年)です。後には文春文庫に入っています。
Okotoba

 「柳田の堪忍袋」は、馬生の「柳田」を”まじめな噺家が真面目で正直な武士の悲劇を演ずる”と格段に評価することで始まります。(2003・11・27)

 単行本は同じテーマのコラム記事を並べて再構成してあります。次のコラム(2004・2・12)では「柳田」の”元ネタ”を探ります。

 まず、柳枝の「碁盤割」。私も開いた「明治大正落語集成 2」を参照し、その解説ではハッピーエンドは圓楽がつけたと引用しています。私は解説までは読みませんでしたが、これは誤認ですね。

 ただし、講釈ダネであるが、明治の講談は見つからない、読者から「爛柯堂棋話」のことが知らされたと続けています。あらすじを述べ、編者の林元美が写した元は不明と話を閉じています。

 それが次々話(2004・3・11)で、やはり読者二人から、「雲萍雑志」の件で連絡がきたと報告しています。しかもその「雲萍雑志」は自室にあって、赤線まで引いてあるが、失念していたというオチ。「爛柯堂…」は幕末に書かれたが、世に出たのは明治末。だから「碁盤割」は「雲萍…」のほうを継承したのだろうという推論は納得。

 週刊文春と言えば超メジャー雑誌ですから、連載記事かこの単行本・文庫から助言が来たような印象です。

|

« 台東区立図書館 | トップページ | 堀切菖蒲園 »

コメント

面白そうな本なので携帯から図書館に予約したところ、早速手配出来たとメールが入りました。
週末には受け取りに行きます。楽しみだなー。

作者の高島さんは全く知りませんでしたが、著名なエッセイスト兼中国文学研究者なんですね。
エッセイの週間文春連載は随分前に終了しているようです。
週間文春や新潮は買ったことが無いわけではないのですが、どうも好きになれません。
週刊誌を買うなら週間アスキーを買っちゃうな~。って別のジャンルの雑誌ですかね?

投稿: nam | 2013年6月11日 (火) 13時40分

記事と全く関係無いのですが、ウチ息子の英検2級一次試験の自己採点は46だったそうです。
私が英検を受けたのが20年以上前なので最近の合格点を知らないのですが、ボーダーラインぐらい?

一応二次試験対策として旺文社の対策問題集を買ってやろうと思いますが、親の出る幕は余り無いですね。

投稿: nam | 2013年6月11日 (火) 14時02分

 私も、新潮・文春をはじめ週刊誌はほとんど読んだことがありません。床屋で待ち時間に開いたくらいですか。

>高島さん
 東大卒の有名な方のようなので、この「柳田」の話はどこまで広がっていたのかを知りたいところです。

>英検
 75問中6割できれば合格です。小学生で2級とはすごいですね。うち塾の中3生は次回に2級挑戦です。今回の準2級もちょっと怪しいですが。

投稿: snob | 2013年6月11日 (火) 14時19分

〉高島さん
Wikipediaに依るとこの方は、白川静さんの漢字研究を批判されたとか。
白川漢字学はちょっと面白くてブームになりましたが、出来すぎ感があるのとなんでも呪術に結びつきそうになっちゃうのがあれれな感じ。私の素人感覚でしかないんですけどね。
高島さんがどんな批判を展開されたのか興味が出てきました。調べてみようかな?

〉英検
息子は今は小学生ではないです。この4月に中1になりました。
前回は小6で2級を受けましたが1次で不合格でしたね。
二次試験対策を独学でするとなると旺文社の対策問題集のCDの音読部分のシャドウイングと応答パターンの練習でしょうか?

シャドウイングはまだしも応答パターンの練習をどのようにすれば良いか……。
私が相手を出来れば良いのですが、20年前ならまだしも今の英語力ではまともに相手ができそうにないのがトホホです。

投稿: nam | 2013年6月12日 (水) 21時54分

 二次の過去問題集を買うと、問題はすべてパターンが決まっているので、読み上げてあげるのは楽だと思います。

 問題は解答の正誤判定ですが、模範解答を見れば、自分で判定できるのではないかと思います。英検二次の解答の幅はあまり広くありません。

投稿: snob | 2013年6月12日 (水) 23時23分

snobさん、アドバイス頂いて有難うございます。
まずは問題集を買ってみます。

投稿: nam | 2013年6月13日 (木) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お言葉ですが…(文芸春秋):

« 台東区立図書館 | トップページ | 堀切菖蒲園 »