« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

微地形散歩(実業之日本社)

 題名はもうちょっと長く、「凸凹地図でわかった!水が教えてくれる微地形散歩」(2013)となっています。著者は旅行ライターの内田宗治さん。

Bitikei

 「東京は、平らではない、複雑な微地形をなしている」「江戸時代の大規模な地形改造の姿が残っている」として、
 「地形を変えてきたのは川なので、この本では川を中心に記述を進めていく」と本書の性格を語っています。

 第一章はその通り、江戸時代の河川改修についてです。神田川、日比谷入江、内濠、外濠と節を分けて説明します。
 第二章では、神田川中流域と神田上水。
 第三章は、古川の流域。第四章は、廃川(渋谷川上流、藍染川)。第五章は玉川上水について述べています。

 内容は、歴史と現在の見どころをリンクしたガイドになっている点です。読んでいて椿山荘の庭園周辺や、今でも江戸からの湧水が続いている麻布の善福寺・下落合のおとめ山公園に行ってみたいと思いました。
 渋谷川が上流で暗渠となってキャットストリート下を流れている話はブラタモリでもやっていましたが、地下で宇田川と合流した後、下水管で芝浦の処理場に流されるのだそうです。では渋谷川の水はどこから来るかというと、落合の処理場から高度処理された水が導水管でひっぱられている…これは驚きました。水の”総入れ替え”が行われています。
 石神井川の王子での崖下への突破は自然説をていねいに説明しています。取り残され、現在は暗渠となった谷田川も、さらに西日暮里駅付近で、ここでも隅田川に導水されているなどの説明も面白かった。

 この本の最大の特徴は、カシミール3Dを使用して、立体化した地図(高度を強調してある)そのものと、それに大正時代の測量図をはりつけたものを多用しているところです。中には、古川を聖心女子大あたりでせき止めて、”渋谷湖”をシミュレートするシーンも見せてくれます。
 これからの地図処理に期待を感じさせる一冊でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

浅草から上野への行き方

 昨夜の隅田川花火大会は、すんでのところでずぶぬれになるところでした。昨年と同じように朝6時から整理券の行列に並び、夕方もう一度場所取りの行列に。シートと弁当を用意して花火を待ちました。風が変わって冷たい雨が落ち始めたので、即帰宅。花火は中止になりました。家の前の道を傘も持たずに帰り急ぐ道灌が大勢いました。

 さて、一夜明けて、自宅に戻るのですが、今日は天神図書館に寄ります。18番という順番から数か月待ち続けた「孤独のグルメ」の単行本の順番がちょうど回ってきました。
 この作品、最初の単行本ではなくて、特別編の追加された新装版を持っているところはそう多くなかったので、文京区で借りることにしたのでした。

 浅草から上野に行って、湯島に回ってまた上野から地元への電車に乗ります。浅草上野間はいくつか方法があって、一般的なのは銀座線。あとはタウンバスのめぐりん東西線も迂回しながら出時間がかかりますが、ワンコインです。
 実は上野までは結構近いので、何度も歩くこともあります。

 湯島まで上野から歩いてもそうはかかりませんが、炎天下でもあるし自転車を使うことにしました。
 しかし、墨田に置いてある自転車を使うと、戻ってこなければなりません。ここは台東区営の有料地下駐輪場4か所に用意してあるレンタサイクルを使います。
 200円で一日、借りるときに申請すれば他の駐輪場に乗り捨てることができます。

 吾妻橋たもとの駐輪場から湯島に向かい、引き返して多慶屋のところの仲御徒町駐輪場に返します。

 自分の自転車でも何度も往復しましたが、いつもは裏道ばかりを使うので、珍しく浅草通りをまっすぐ進みました。広い通り(下に地下鉄が通っている)なので、上野駅まで見通せ、浅草が上野に対して微高地であることが実感できました。歩いたのではそこまでわかりません。

 これも歩いた時はうかつにも気づかなかったのですが、一部、本当の自転車専用道路があります。よくある歩道の外側が歩行者、内側が自転車ではなく、ちゃんと柵で区切られた本格的なものです。バス停では専用部分がなくなり歩道に入らなくてはなりませんが。
 これが普及するといいなぁ。
Cyclelane

 昭和通りにはないので車道通行に戻り、春日通を湯島に走りあがります。レンタサイクルにはギアがなくて、緩い春日通でさえもちょっとつらかった。平坦な台東区だけを巡って御徒町に戻すのがよいでしょう。

 コミックを借りて坂を走り下り、駐輪場に返却しました。アキバで買い物して帰るときも使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

ドラえもん、永遠に

 断絶した作品を他のマンガ家が引き継ぐ例はあまりありませんし、好意的に受け取らない面もあります。

 私は藤子F不二雄のドラえもんの世代じゃありません。全集でも「オバケのQ太郎」と「パーマン」だけを買っただけで、あとは「21エモン」をどうしようかと考えただけです。

 だから作者死後、「ドラえもん」が続くと決まったときは、プロダクションの経営もあるだろうし、売れるものをやめることはできないんだろうな、と冷ややかに受け止めていました。

 でも2000年にドラえもんカレンダーを教材に使うようになってからは、「ドラえもん」が続いていてよかった、これからも続いてほしいと思っています。

 3年に一度だけ、ドラえもんカレンダーを使います。現在分詞の後置修飾を教えるときです。
 後置修飾は英語の不得意生徒にとっては把握するのが難しいものの一つです。文末ならまだいいですが、文中にあると区切りがわからない。
 分詞を教える前にまず、いる場所や着ているもので、人物を区別する復習をします。次いで、動作で人物を区別する方法を教えます。

 A boy with a green cap is Takeshi. -> A boy running is Takeshi. といった具合です。これがドラえもんカレンダーには豊富にあります。
 元は学校の授業で、のび太・ジャイアン・スネ夫の区別ができないALTに教えるという設定で始めました。絵が手元にあれば、This is Nobita.で済みますが、カレンダーは黒板にマグネットで貼りつけてあります。生徒の座席から指さすのは不可能で、言葉をつかうしかない状況です。

 はじめは、乗りものや着ているものの色で区別します。3人とも同じアクションのページも多いのですが、中には3人が違った動作のものがあるので、それを利用します。

Dora_cal
dancing, eating で区別できる、こんなページがいくつもほしくて何年か続けてカレンダーを買い続けました。そして中に1ページだけ、次のステップに使える絵をみつけました。ジャイアンがゴリラにキスされています。これなら引き続き過去分詞の後置修飾で使えます。kissed by a gorilla...

 教科書にも動作の違う人物で練習する場面がありますが、BillとかMaryとか…名前が書いてあります。いきなり誰?状態だし、意欲はわきませんよね。このカレンダーみたいないい教材はなかなか見つかりません。ずっと授業で使いたいので、ドラえもんよ、永遠に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

いつやるの?今でしょ

 間接疑問文です。

 よくあるのが、質問の文に I don't know などの主文を加える訓練をするやりかた。機械的に what does he have という語順を what he has に変える・質問をしている相手にしたがって人称を変える…

 それをやらないわけではありませんが、そういう作文めいたやり方を脱する、生徒が英語でだれかの疑問をレポートするということから始めたい。

 そう思って、アニメキャラで疑問が口癖・決めゼリフになってるものはないかと探し回ったのですが、見つかりません。今さら、三球照代の漫才「どこから地下鉄…」は使えっこないですし。
 ようやく思い出したのが、東進予備校の林先生のフレーズ。彼の顔を出して、"He always says when ..."と誘えば、子供たちもそのあとを続けたくなるのではないか。

 最初は will you do it と疑問の順序で続けるけど、訂正してやる。次のキャラでまた訂正、ちゃんと言えるようになる…と仕込みたいんですが、そこで後が続きませんでした。
 まだまだ工夫が足りません。それに次の学年の生徒を教えるときにまで、林先生の映像がテレビで流れ続けるか。

 生徒の記憶に頼って、"He always said when ..."では、いわゆる時制の一致が出てきてしまいます。

 中学生ではそういうシチュエーションは避けます。だいたい「従属節の時制は主文に合わせてシフトする」というルールは、日本では教えるのが好まれていますが、ネイティブサイトでの時制の一致は考え方が違うようです。日本の英文法解説でも疑問を投げているところがあります。

 話がそれてしまいましたが、どっちにしても間接疑問に過去の人物は使えない…。まだまだ道遠しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

夏祭りで

 近年、うちの周りの市では、祭りはすっかり週末固定になってしまいました。土日でないと都合がつかない人が多いからです。学校の子供たちも休みの日のほうが繰り出せますし。

Mikoshi

 夜、何かに使えるかと思って神輿の写真を撮りに出ました。休んでいる見越しの周りをぐるぐる回ってカメラを構えていたら、一人私の顔をじっと見ている祭半纏の男がいます。
 今回も見覚えがありませんでしたが、旧生徒の可能性があります。だからプイと横を向いたりせず、またガンをとばしたりもせず、と視線は難しいのです。

 そのうち、話しかけてきました。「柳田先生ですか」。そんな人は知りません、同僚にもいませんでした。単に私の名前を記憶違いしているだけか、全くの人違いかわからないので、もう少しだけ待つことにしました。

 「××中にいましたか」。それならいました。きっとかすかに顔に見覚えを持っている人だったのでしょう。F先生に教わったというので、学年の見当が付きました。ただ、そのF先生と私に、体育館で追い回されてバリカンで坊主頭にされたといいます。
 いまだかつて生徒の髪を切ったことはありません。かなり怪しい記憶の持ち主でした。で、うちの学年にMがいたけど、というと後輩だといいます。Mは悪さをしたほうの生徒なので、その方面の卒業生ではありました。

 Kは?それも後輩、Oは?それは1コ上、これで学年の確定ができました。

 今、一つの学校に教師が長くいることができません。昔は最初の年に苦労して、目立つ奴に一目おかせるようにしておけば、その下の代にも話は伝わって、苦労が少なくなります。(といっても何か事があった時には、先頭で立ち向かわなければいけないので、苦労は増えたのかもしれません)
 そういう生徒だけを覚えているわけじゃあないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

ぽんぽこ放映

 録画を追っかけ再生してみましたが、志ん朝の「狸賽」は、やはりカットされちゃいましたね。ま、しょうがないか。アニメを期待してみ始めたら、落語が始まったんじゃ視聴者が逃げちゃいますものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

四万六千日

 「四万六千日、お暑い盛りでございます…」

 船徳じゃありませんが、このところ暑さは本当に酷かった。家の年寄りには外へ出ようとすると、気をつけるように声をかけたものです。

 浅草寺境内もじりじりと焼けるようでしたが、山門の下に入ると、風がすうっと抜けていきました。幾分かはましでした。

 ほおずき市も、いつでも行けるという気持ちでこれまで足を運んでいませんでした。だいたい植物は好きじゃないし。まだ朝顔なら花を見る楽しみはわかります。真っ赤とはいえ、ほおずきは眺めても、???。
Hozuki

 あれって、買って帰るとどれくらい持つものなのでしょうか。電車の中でも見かけました。

 たった1日のお参りが四万六千日分になる、というのは享保のころから定着し始めたようです。雷よけの札をこの2日間に配る、同時に薬用のほおずきの市も行われるようになったそうです。
Kaminarifuda

 そのような、たいして役に立つわけじゃないものの市が、江戸から今まで続いている…。そこに人が集まる。

 不思議だけれど、そんな無駄を何百年も繰り返しているのが素敵です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

きゃりー封印

 今、1年生に can を教えているのですが、その場で生徒ができるできないを行動で示すために早口言葉を言わせてます。

 他に、その場で芭蕉の俳句を書ける、百人一首を書けるなんかもやったのですが、学校の国語の授業に合わせてやらないとノリがわるい。今は学校で、百人一首大会もやらなくなったようなので、この課題は使えません。

 早口言葉に話題を戻します。古くからの言葉をやる前に、おととしから人気アーティストの名前、”きゃりーぱみゅぱみゅ”をいわせて楽しんだのですが、今年の生徒はもう平気でみんないえるようになってました。
 なれとは恐ろしいもので、何にも面白くなくなってしまったので、”きゃりー”はもう封印です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

デジタル鳥瞰 江戸の崖 東京の崖(講談社)

 立川博章さんの鳥瞰図は、四角に区切った地図を斜めから見るように透視法で台形に変形します。さらに、それに加えて、等高線にしたがって、土地を持ち上げています。

 こういう作業はPCが得意にするところで、最近の書籍ではカシミール3Dを使った立体図を使用している例が多々あります。

 芳賀ひらく氏の「江戸の崖 東京の崖」(2012年)もそのひとつです。現在の崖の成り立ちを説明するには江戸の地形からの解き明かしが必要です。自然地形だけでなく、人口地形:刻まれた坂、流路を変更された河川、土地を造成された海は江戸時代に起源があるからですね。

Gake

 第2章から都内各所の崖を個々に扱いますが、最初は日暮里の崖。高い建物がなかった幕末明治に日本を訪れた外国人には、この横浜まで断続的につながる崖が”きわめて印象的な光景”だったろうと書いています。

 見開きページを使ってカシミールの描く地形に航空写真をテクスチャとして貼り付けたものは、高さ方向を強調して日暮里の断崖を目に見せてくれます。

 麻布の崖、大森の崖、御茶ノ水の人口の崖と話題は続き、第7章で、切り崩されて日比谷入り江を埋めた神田山とは、実際はどこだったのか考察していて興味深い。

 断定は避けつつ、明治の地図から山の上ホテル辺りではないかと考えているようです。 章の合間にコラムがいくつか挟まれます。”九段坂は崖だった”というのは明治の市電が九段坂を避けてその脇にわざわざ専用の線路を築いている。当時の資料で計算すると九段坂の角度は9度以上でとても碓氷峠をはるかに越える、崖に近い急坂だったというものです。

 小説「圓朝」などでも九段坂下の立ちン坊(荷車を押して駄賃をもらう)が描かれますので、その光景を思い浮かべます。

 国分寺崖線の項目ではタモリ倶楽部・ブラタモリで採用した年代の間違いを指摘しています。

 地図だけでなく東京の崖の写真を豊富に掲載し、世界に類を見ない脆弱な土地にある都市、東京に警鐘を鳴らしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

復元・江戸情報地図 1:5000(朝日新聞出版)

 自転車で下見に秋葉原に行って、予定していなかった買い物をしました。紙袋をハンドルにかけた状態ではスピードを出すわけにいきません。大通りを避けましたが、スカイツリーを目印にすれば大丈夫です。

 ふと気づくとかっぱ橋を過ぎて台東区中央図書館の前でした。

 先日墨田区の図書館で「江戸復原図」を見せてもらうにあたっては、曲折がありました。2点あるはずのものが書棚にないのです。図書館員に声をかけて一緒に探してもらいましたが、なかなか見つかりません。閉架書庫の所在でないはずで、職員も時間がかかってと恐縮するのですが3人がかりでもだめでした。
 ようやく書棚のわきのちいさな棚の扉の中で見つかりました。変なところに仕舞い込んだものです。

 そんなことがあったので、台東区ではどうなのかと「江戸復原図」を確認することにしました。OPACで検索すると、ここにも2点あるのがわかります。一つは保管室の中、もう一つは郷土室-地図。後者が開架でしょうが、館員に尋ねました。

 書店で国土地理院の地形図が、専用の地域別の引き出しにおさめられているのをご存知でしょうか。折らないで重なっています。
 同じような地図の保管庫があるのです。だから墨田区では折り曲げられていた冊子が平らに置かれていました。

 同じところに、丈夫な化粧箱に入った地図がありました。「復元・江戸情報地図 1:5000」です。これは以前の書籍の特装版で、36枚の地図が一枚筒に分けられたものです。こんなものもあるとは知りませんでした。
 つまり、「江戸復原図」と同じ縮尺。違いをみるにはもってこいの資料です。1996年の発行。(書籍の普及版が1:6500で1994年初版で1999年には三刷を重ねています)

 他に、足立区・荒川区にもあるようです。

Edojohomap   Edofukugen
復元・江戸情報地図  江戸復原図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

十条富士

 富士山が世界遺産に登録が決定して10日ちかく経ちました。TV特番もありましたが、いつもの番組も次々と富士山を扱います。スケジュールされているのですから、制作しといて、決定時期に流すわけですね。

 NHK”シリーズ世界遺産100”で「富士山」を放送するのは当たり前ですが、3週間の間に5回も! 「平泉」「小笠原」はこんなに繰り返さなかったような。
 TBS”THE世界遺産”でも二週連続の特集。時間がたっぷりあるだけあって、富士塚(品川富士)も取り上げてました。
 テレ朝”奇跡の地球物語”でも二週連続。理系っぽい番組なのでCGで溶岩樹形のできかたを見せてくれてました。
 テレ東”ドラGO”も便乗。もしかすると”そうだ旅に行こうSP”もそうかも。”いい旅夢気分”でもちかぢかやるに決まってます?
 日テレ”目がテン!”でもやるかなぁ。近ごろは人間科学(心理・生理)に傾倒して純粋な理系検証はやらないし。

 というわけで。去年に引き続いて都内の富士塚に行ってみました。今回は十条富士。いつでも開放していますが、山開きに合わせて祭りが執り行われる富士塚も数少ないようなので、その当日にちょっと覗いてみたくなりました。富士塚めぐりをしている人のサイトも数多くあって、そこで情報を仕入れて行きました。(駒込富士でも祭りがあるようですがまた今度)

 あえて東十条を通り越して王子で降り、線路沿いに北行しました。王子稲荷や名主の滝公園を通り過ぎます。以前は節電で水を止めていた時だったので、寄って見ました。
Nanushi

 広重の江戸百景の滝は、誇張してあるそうですが、駒込台地の落差を水が落ちるのですからさぞ見事だったことでしょう。今は水を電気ポンプで循環してるので本当の滝じゃなくってますが、そこでひとしきり休憩しました。

 十条富士は、小学校の前で、ふだんはひっそりしていますが、今日は賑わってました。入り口では、昔からの縁起物を売ってます。供える線香もありましたが、神社で線香はあまり経験がありません。

 元は古墳だったろうと推定されています。明和のころに富士講ができて溶岩を運んだりして、富士山になりました。富士吉田市の世界遺産記念ポスターも貼ってありました。

 今は、コンクリートの階段が頂上までまっすぐ続きます。古くは登山道があったことでしょう。かすかな跡が見て取れます。
Jujofuji

 私も列に加わって山頂で礼拝してきました。時代が変わって手直しはされていますが、江戸と同じことを人が続けている。生活に必要でもないのに。塚そのものよりもそのことに感銘を受けます。

 驚いたのは、富士山のわきに屋台が出ていたのですが、道沿いにぎっしり連なっていたことです。こんな長い縁日屋台は東京では初めてでした。約350m、十条銀座まで切れ目なく続いてます。それだけの人が集まるってことですね。
Jujoyatai

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »