« 夏祭りで | トップページ | ドラえもん、永遠に »

2013年7月21日 (日)

いつやるの?今でしょ

 間接疑問文です。

 よくあるのが、質問の文に I don't know などの主文を加える訓練をするやりかた。機械的に what does he have という語順を what he has に変える・質問をしている相手にしたがって人称を変える…

 それをやらないわけではありませんが、そういう作文めいたやり方を脱する、生徒が英語でだれかの疑問をレポートするということから始めたい。

 そう思って、アニメキャラで疑問が口癖・決めゼリフになってるものはないかと探し回ったのですが、見つかりません。今さら、三球照代の漫才「どこから地下鉄…」は使えっこないですし。
 ようやく思い出したのが、東進予備校の林先生のフレーズ。彼の顔を出して、"He always says when ..."と誘えば、子供たちもそのあとを続けたくなるのではないか。

 最初は will you do it と疑問の順序で続けるけど、訂正してやる。次のキャラでまた訂正、ちゃんと言えるようになる…と仕込みたいんですが、そこで後が続きませんでした。
 まだまだ工夫が足りません。それに次の学年の生徒を教えるときにまで、林先生の映像がテレビで流れ続けるか。

 生徒の記憶に頼って、"He always said when ..."では、いわゆる時制の一致が出てきてしまいます。

 中学生ではそういうシチュエーションは避けます。だいたい「従属節の時制は主文に合わせてシフトする」というルールは、日本では教えるのが好まれていますが、ネイティブサイトでの時制の一致は考え方が違うようです。日本の英文法解説でも疑問を投げているところがあります。

 話がそれてしまいましたが、どっちにしても間接疑問に過去の人物は使えない…。まだまだ道遠しです。

|

« 夏祭りで | トップページ | ドラえもん、永遠に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつやるの?今でしょ:

« 夏祭りで | トップページ | ドラえもん、永遠に »