« 孤独のグルメ コンプリート | トップページ | 愛宕神社 »

2013年8月29日 (木)

NHK放送博物館

 国会図書館からバスに乗るつもりでしたが間に合わず、歩くことにしました。酷暑でなかったのは幸いでした。
Hosomuseum

 目的地はNHK放送博物館。つい最近知ったのですが、古い放送の上映会があるのです。だからそれに合わせてスケジュールしました。
 土日に「NHK番組を見る会」というタイトルで、アニメやNHKスペシャルをプロジェクターで上映するのですが、毎月2種類の落語特集があります。ここ数年で落語上映が定着したようです。1度に3席を2回ずつくりかえします。「日本の話芸」「夜の指定席」「落語特選」の30分のライブラリを組み合わせています。

 先週末は、1982年の「落語特選」から、志ん朝「酢豆腐」を1:30からやるというので、これは見ておかなければ。その当時は落語を離れていた時期なので、番組も見ていないし、ビデオデッキもまだ買ってなかった時代です。志ん朝の全盛期をまったく欠いているのは、もったいなかったですが、たぶんそういうことを考える余裕もない時代でした。

 NHKの志ん朝の映像は発売されていませんからね。当時を知らないものとしてもチャンスです。HPで過去の上映記録を見ると、同じ高座が何度か繰り返されています。

 国道1号から向かったので、かろうじて放送博物館のロゴが建物の間に見えました。愛宕山に裏から登ることになります。かつてはここからラジオ放送をしていた時代があったのが不思議に思えます。
 入場は無料。まだ早かったので一通り展示を見て回りました。その時々で特別展示もあるようです。
Screen

 100人以上は入れると思われるホールに、数人が座って上映を待っていました。
 場内の照明が落ちて「酢豆腐」の始まりです。噺家仲間のこの頃のはやりもののマクラからはいりました。ゴルフやボーリングがはやったものだが、このところはバイクだと驚いていました。小三治のことかしら。そして自分の酒飲み生活に話題が変わります。30分番組でマクラ10分!。今残されている音源では1,2分で噺に入るのですが、これはめずらしい。だから、釜から出た昨夜の豆腐の、”シャツの裏みたいだ”というクスグリは確かに抜いていました。
 折々に画面の中の客の笑い声のほかに、この会場でも笑いがわいていました。

 そのあとの春団治「皿屋敷」まで聞いて出ました。そのときで25人くらいが会場にいたでしょうか。

 今月のもう一つの番組では、小さん「笠碁」、これはNHKのDVDに入っている高座でしょう。他に柳好(四代目)や談志。
 来月の番組では、正蔵「天災」がラインナップされていますが、たぶんポニーCD収録。わざわざ出かける必要はなさそうです。
 自分の守備範囲では、小三治「金明竹」があってそれは考慮中ですが、志ん朝をまたやるようなら、用事をその日にあわせて、来ることでしょう。

|

« 孤独のグルメ コンプリート | トップページ | 愛宕神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK放送博物館:

« 孤独のグルメ コンプリート | トップページ | 愛宕神社 »