« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

英語とPC事始め(1)

 定期テストが近づいていますが、どうやって順位をつけていたかご存知ですか?

 私が教師になった頃はこうでした。まだパソコンはありません。

 各教科担任が、採点をしたものをクラス名簿に得点を記録します。名簿には後に成績を算出するときのために、人によって小テストやレポート点などさまざまなポイントを並べています。

 今度はテストごとのクラス名簿に転記し、それを担任が電卓で合計。その合計点を一人1枚のカードに書き写し、得点順に並べ替えて重ねておきます。

 全員が計算が終わった頃、放課後に学年の教師が集まって、車座に座ります。手にはトランプのように自分のクラスの生徒のカード。

 得点順に、各クラスのカードを重ねていきます。その有様はだれがポイントが上のカードを持っているか争うトランプのよう。

 学年のカードがすべて重なったら、上から順にカードに順位を書き込み、今度はカードを担任に戻します。返しやすいようにカードの端にマジックでクラスカラーが塗っておきます。
 担任は、カードの数字をクラス名簿に写します。さらに個人別の個票に記録して、生徒に配布します。

 今はどこも専用ソフトを使っていると思います。パソコン黎明期には123を使った学校もありましょうが、10万以上する高価なソフトでおいそれと手に入りませんでした。
 それに、点数の入力は、はじめのころ「キーボードなんて触れない」「PCのスイッチが入れられない」なんて先生もいました。
 中には名簿を渡して、入力はパソコン担当教師が行うものだと決めつけていた先生もいました。それを分担するように制度化するのも結構大変。

 それは少し後の話として、個人で持ち込んだPC88で、N88Basicのプログラムを作り始めた同僚の数学の先生がいました。
 生徒の指導の合間に頭を寄せ合って、ソフトの仕様にはアイディアを出し合いました。なにしろ8ビットパソコンで、できることは限られていました。
 やがて転勤で、自力でそのソフトをPC98に移植する必要が出てきました。そのまえに自分で購入した88VAという16ビットパソコンに移植を試みて、簡単なソフトを作る力を身につけていきました。もう四半世紀前のことでした。

 そのころには学校に1台のパソコンが導入され、123や一太郎が買われました。123はロータスと会社の名前で呼ばれました。いまでも学校で一太郎を使う人が多いのはこのころの名残です。
 表計算ソフトはあっても、テスト得点の入力の効率化を考えると独自ソフトは有効でした。間違った得点を例えば52と入力したとき、市販ソフトだとそれを削除して正しく63と入れなおします。テストは100点が最高点ですから52の次に6をいれると26に、そして3を打って63になるようにプログラムを組めばストロークが二つ減ります。もちろんDELやBSキーでも変更できなくてはなりません。
 そういう工夫を同僚からは教わりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

喋りだし記録補助のソフト

 時々。ソフトの改良の作業をします。昨日のバグフィックスは別のソフトから発見したのです。

 ループ再生のソフトを改造していて、それが共通のルーチンを使っているので見つかりました。そちらのソフトはwindows media player SDKを使っているので、wmaのスピードを変えられます。

 今回は、そいつに今までできなかったサウンドの長さを取る機能を実装しました。mciコマンド文字列送信という古ーいDLLを利用しました。wmp SDKにないからしょうがない。

 これで、バランス設定さえができればSoundCompareもwmp SDK に書き換えです。SDKはバランス設定のメソッドを備えているはずなのに、設定してもぜんぜん効かないんです。

 …8月半ばから、このあたりで堂々巡り。とりあえず改造の目的は達して、ループ再生で喋りだしの記録作業に戻ります。
 つい夢中で、記録という目的を果たすのに、ソフト改造という余分な時間がかかり、他の作業は後回しにしちゃってました。今の遠回りが将来の近道になるようにと願ってのことですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

恥ずかしながら

 サウンド比較ソフト、Soundcompareのバグフィックスです。

 サウンドファイルをD&Dしたときに、ファイル拡張子をチェックしているのですが、拡張子が大文字の時に誤ってはじいておりました。

 よろしかったら、懲りずに左のリンクからダウンロードしてください。製品バージョン・ファイルバージョンともに1.2.1.0に変わっています。

 ダウンロードしようとすると、「一般的にダウンロードされておらず、危険を及ぼす可能性があります。」と、私のchromeはあいかわらず警告してくれます。

 そりゃそうですよね。こんなニッチな用途だから、自作を余儀なくされたわけです。でもって、自分で気づくしかないと…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

英文法って?

 私の大好きなマンガ、「風雲児たち」をブログで何度か取り上げましたが、ギャグ漫画の文法で書かれいるのに、何度もじーんとくるシーンが描かれます。
 最近では雑誌連載(立ち読み)で、若い将軍家茂に謁見する勝海舟の心情変化の描写にホロリとしました。

 さて、このマンガ、幕末を描くのに関ヶ原から筆を起こしたのですが、途中で蘭学の発展について大きく巻を割いています。やがて来る開国への大きなうねりを生み出すからです。
 例の解体新書を訳すためのオランダ語学習から始まるのですが、これを読んで、400年も前のこの努力が、英語教育の流れの本流にあるのだな、と思い当りました。

 この先人たちは、辞書のないところで医学書の翻訳を志すのです。それをマンガの著者はフィクションを交えて、勝海舟の件も創作だと思います、丹念に追います。

 蘭学者たちは、要は本が読めればよかった(逆に長崎通詞は読み書きを禁じられた)ので、わずかな既知語から未知語を推理し、文法を理解していく。
 のちの弟子たちは先駆者の作った辞書・単語集と文法書をもとにオランダ語を学び翻訳して知識を吸収していくのです。ネイティブは周りにまったくいないままです。

 蘭学は幕末・明治に至って英学にとってかわられますが、開国したといっても外国人の数は知れたもの。書物で知識を得るのが主流だった時代は長い。翻訳が学習の目的だったといっても過言ではないでしょう。それが昭和まで続いてきた。

 このマンガを読んで、私は、やっと気付いたのです。時代はちがう、と。それなのに何百年も前のやりかたではいいのか?

 ちょうどそのころ、企業が社員に英語研修を社内外で受けさせるのが活発になり、中高大と何年も学習したのに役に立たないと叫ばれ始めました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

スポーツの力

 中学校英語備品には、単語を絵にした画用紙大のカードがあります。絵と英単語を結び付けるためのものです。

 1年生でよく使われるので、動作の絵を見せて、まず現在形の練習をします。I run > I walk > I swim > I study と絵を取り換えることで多様な英文を言います。
 同じカードを使って、He runs > He walks > He swims > He studies と三単現の訓練もします。

 ところが、同じカードで I am running > I am walking > I am swimming > I am studying と練習するのはいただけません。現在形と進行形の含む時間の違いがカードにはないからです。
 下手をすると、同じカードで過去形の練習をしたりして。

 映像が使えなかった時代なら仕方ありませんが、いまは動画が簡単に見せられます。問題は動画を作るのは絵を探すより格段に面倒です。かつては生徒に頼んでビデオ撮影をしたこともありますが、映像に迫力がありません。

 今回、ネットで、アミノバイタル(味の素)のCM「スポーツ 水。 アミノ酸」の映像を見つけたので加工することにしました。
 水泳、馬術など28のオリンピック種目の見事な映像が2秒ほどで次々切り替わります。おしまいの商品部分をカット、音声も取り除いて、Flashに読ませます。映像が流れている短い時間に、He is swimming. He is riding a horse. と瞬間的にいうトレーニングです。
 事前に各スポーツごとの映像で訓練をしておきましたが、思ったよりすぐに言えるようになります。あとは期間を開けて定着したか確認です。
Swimming

 ついでに全農のCMで卓球の石川佳純選手が、いろいろな食べ物を食べているシーンが連続するものを見つけました。それは食べ物にモザイクをかけて何を食べているか質問するのにつかいましょう。
Eating

 スポーツに感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

豊島区立図書館

 落語分の不足を何とか補います。
 豊島区も住所関係なく図書館カードを作れる、ありがたい存在です。圓生率149を誇る、有数の役立つ存在です。

 小学館の「桂文楽落語全集」をここで借りましたが、都内で横断検索すると、出版社名・小学館が登録されていないので、見落とすことがあります。借りた時は10巻全部がそろっていましたが、以前に記事にしたときは第5巻が欠け、いまあたらめて検索すると5巻は復活して第2巻が欠けています。もしかすると、修理中かもしれません。(かなりのCDを借りましたが、音飛びなどにあたったことがありません)

 志ん生のクラウンやアポロン音源にも強いです。

 なんといっても、小学館のCDブック「昭和の名人」シリーズがそろっているのはこことあと一つだけです。2009年の「決定版」26巻、2011年の「完結編」26巻、2012年の「アンコール」4巻・「大とり」1巻すべてです。CDは3点しか借りられませんが、これは書籍扱いなので15点を一度に借りることができるはずです。聞き集めている噺家以外も今度借りてみようかな。本誌のページ数は少ないですが、写真が豊富です。鹿芝居で、志ん生がお軽に扮した写真は印象に残っています。
 書籍ということは、他の区からも借りられると思います。有料となりますが、他県からも可能でしょう。

 実はずっとAV資料だけに絞って検索していたので、所蔵する中央図書館に行くまではあることに気付いていませんでした。いつもは駒込図書館で済ましていたので、これを見つけた時は飛び上がりました。
 東池袋駅を出たところにある中央図書館は開館前から座席取りの行列ができるほど人気です。2007年完成の15階建てライズアリーナビルの4・5階を占め、図書とAVは貸し出しカウンターの階が違います。AVコーナーは5階の奥にあるのですが、CDブックは当たり前のことですが、全く別の棚にあったので、気づいたのは本当に幸運でした。
Toshimaowl

 そういえば、他の階に”あうるすぽっと”という名の劇場空間があり、図書館に上がるエレベーターの中で、出演する志ん輔さんと一緒になりました。
 他の図書館いくつかも訪問しましたが、たしか上池袋図書館もその後リニューアルしたはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

落語分が足りない!

 いつも聞いていて家族から嫌味を言われるようになったので、このところ落語CDから遠ざかっています。いろいろ調べることもあるのですが、ちょっと後回しということで、落語分が不足がちになっています。

 その代わりに夏に見た「パシフィック・リム」のサントラを毎日かけています。ちかごろは深刻な映画は見ないで、(敵が人間でなけいSFならば悩むことはない)スカッとやっつけるものばかり。
 スカッとしなかった「オブリビオン」も映像は嫌いじゃない…ただ敵の本拠地を爆弾たった一発で壊滅するという、「インディペンデンスデイ」や「バトルフィールドアース」と同じエンディングには苦笑しました。
 「パシフィックリム」も同じなんですが、Kaijuと人間型戦闘機のアクションが圧倒的で、その辺でスカッとできます。
 (も一度映画館に見に行く気満々なのはスタートレック・イントゥーダークネスだったりします)

 ネットで、おかげで生きる意欲がわいたという書き込みをいくつか見ました。そこまではいかなくてもサントラを聞いていると確かに元気が出ます。

 まぁ、放送の落語はできるだけ視聴するようにしているので、許していただくとして、先日の歌丸さんドキュメンタリーも淡々と見ました。新しい内容はありませんでしたが、奥さんの富士子さんが姿を見せたのが珍しかった。
 いくつか聞いて以来、あえて歌丸のCDを借り集めようとは思いませんが、テレビで見ればほんとうに口跡がいい。あの年で、と考えるとすごいです。
 そういえば、ずっと落語を離れていたころ、TBSで歌丸「髪結新三(上)」をたまたま見て、(下)はいつやるのか新聞のテレビ欄で探し続けたことがありました。そのころは、長講は通してやらないものだということを知らなかったのです。
 ドキュメンタリーの最期では、圓朝もの上演への意欲で締めくくっていましたが、それは若い落語家の誰かが継承してくれるといいですね。

 あとは、10月分の予定が発表になったNHK放送博物館の落語上映で、志ん朝の「干物箱」(2001年)をやるようなので、それは見に行こうかなぁくらいの意欲はまだあります。
 それにラジオ寄席がまた始まりますから、秘蔵の音源を出してくれるのが楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

関係代名詞

 現在分詞の後置修飾(そんな用語は教えないけど)のあとは関係代名詞を教えます。…これがまだうまくいったことがないんです。そういうときは旧来の方法、文法を教えて二文を合成したりでお茶を濁します。

 でもなんとか使わせるチャンスをつくりたい。その誘い水にするためにも、面白い分を読ませたい。でネットで例文を探し回っています。

 口の中で仔を育てる魚、シクリッドの英文を与えてみましたけど、食いつきは芳しくありませんでした。
 昨日発表されたボイジャーの太陽系離脱もだめだろうなぁ。
 オリンピック招致の時の佐藤選手のスピーチは、1年生が興味を示したので、3年生にも提示しようと考え中。ところがネットに上がっているスピーチは、通訳がかぶさっていて使えないものばかりでしたが、NHKニュースサイトにようやくオリジナルを見つけました。さいわい英文も載っていて、書き下す必要がありません。さて、どんな反応が…

 関係代名詞は、今では中学校で whom を教えません。実際に使われることもほとんどないようです。ただし、to whom や for whom は使われているので、高校で教える前に whom 単独の知識も持つことは必要でしょう。古い英文を読む限りは普通に使われてますから。
 昔とは、使われ方が大きく変わってます。教わったルールは通用しません。日本以外では。

 私が子供のころ教わったように、主格の関係代名詞、目的格の関係代名詞、目的格の省略、と指導を進めていくには whom があると進めやすい。が、使われないのなら後回しです。

 それに、関係代名詞の省略とされるものも、資料を読んでいくと、関係代名詞を使い始める前に、幼児が使い始めることがわかります。That's a rabbit I saw yesterday!
 つまり、”省略”しているじゃないんです。「接触節」という別の名前を持っているのも納得です。だからひとつ前の教科書では、関係代名詞の前に配置されていました。でも現行教科書ではまた関係代名詞の後に戻ってます。

 塾では教科書の配置にこだわる必要はありませんし、先に接触節から運用させましょう。このことは50年前から主張されていたことも分かりました。自分を含めて、「教わったことを教える」のを抜け出すのはたいへんなことです。

 ちなみに、今は

 関係代名詞主格はwho, which, that で、人にはwhoが原則、人以外は that が普通でwhichでもよい。どちらかというと which は非制限用法に使われる(thatは制限用法だけ)。先行詞に only や biggest などがある場合は that が使われる傾向だけれど、それでも人に対してはやはり who が好まれる。
 目的格では、人には who も使われることが多くなって whom は古臭い(イギリスではちょっと違う)。前置詞と使う場合はまだまだ whom。which, thatは主格と同様。なお、省略と考えるよりは、簡単な内容なら接触節。

 というのが自分の理解なのですが、うーん、あらためて昔とは違います。このうちどこまでを中学生のうちに教えておくか。

 そういえば何代か前のMS WORDはwhichを書くと、必ずコンマを挿入してきました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

東京2020

 招致決定から数日たってもテレビでは必ず招致に成功したオリンピックの話題でもちきりです。

 スポーツの面からも素晴らしいことですが、多くの来訪者のことを考えると、一気に国際交流の場面が増えることでしょう。子供たちに聞いても、漠然とですが、今よりもっと英語が必要になると感じたようです。
 英語でなくたって構わないですが、英語が主流であることは変わらないでしょう。”話せるようにならなくっちゃね”というとうなずきます。

 もう教科書の内容はほぼ終了し、受験対策も増やしていきますが、全員受験塾にも通っていることもあるし、会話を忘れないようにしようと改めて思いました。あと数か月のうちに英語で雑談をするようにしむけて行きます。

 いい話題を見つけられるかどうかにかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

タブレットPCと重ね地図

 XPノートに入れてあった「江戸明治東京重ね地図」をアンインストールしました。光学ドライブが必要なとき以外はもう外に持ち出すことはないからです。

 で、かわりにWindows8タブレットにインストールしました。ノートPCは1.25㎏で、SSDに換装したので少し軽くなっていますが、タブレットPCはその半分です。
 ようやく街中で起動させられるレベルです。これまで一番軽かった工人舎のモバイルXPノート(やはりSSD換装)が990g、東芝リブレット(Win95)850gですから、1㎏を切ることは重要な気がします。

 問題なく、「重ね地図」はWin8でも動作しましたので、これからは東京で歩きの時の良い友になると思います。現代地図は十年前と、少し古くなっていますが、メインではありません。
 これから持ち歩くことを考えると、これまで使っていなかった機能が有効かもしれません。自分で地図に情報(テキストとビットマップ)を記入できるのです。
 買った当初は、広重の江戸百の画像を貼っておこうかと思いましたが、家の中のマシンではそうする意味がありませんでした。
 先日記事にした、「江戸の坂」の情報などは、一つの坂の分量はそれほど多くないし、重ね地図に記録しておくと、出先で見るのが楽しいかもしれません。

 「江戸明治東京重ね地図」には、以前発行されたCD-ROMの「江戸東京重ね地図」が同梱されています。これは使ったことがなかったのですが、インストール不要で、CD-ROMの内容をべたコピーすればHDDで実行できます。タブレットのSSDは64Gでやや不足なので、32Gの高速マイクロSDに入れました。
 「江戸明治東京」の地図拡大が、左端のコントロールパネルをクリックすることでしかできなのですが、こちらはなぜか、スクリーンのピンチ操作で拡大縮小をします。クリックでも拡大するので、タッチしただけで予期せず拡大してしまうこともあり、戸惑うこともあるのですが、ひょっとしたらこちらのほうが便利かもしれません。

 ただし、これは地図に自前データを貼りつけることはできません。

 こりゃ、新製品の「今昔散歩重ね地図」も調べた方がいいかもしれません。今の「重ね地図」をしゃぶりつくしてから考えることですが。別途カシミールでやろうとしている古地図への5mメッシュ高さ情報追加もできることですしね(まだ手を付けていない…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

タブレットPCと授業

 考えていたよりも、Modern UI はよかったです。通えなくなってしまった子のうちに出前授業をすることになったので、ノートパソコンを試して使い勝手が悪かったためにタブレットPCを入手してしまいました。

 テーブルの上において、向かい合った生徒と私の両方に見やすく、必要に応じて生徒にタッチさせることもできました。
 将来、子供たちに持たせて授業に有効なツールであると思います。一人一人に配布できる時が来るといいなぁ。

 今後はこの富士通タブレットが外出マシンになります。出かけた先でもWindowsアプリを使いたいのでPCにしましたが、世間では劣勢のようですね。確かに外でも使うソフトはワード・パワーポイント・ブラウザくらいですから、Windowsである必要はないのかも。

 せっかく手元にもてるし、画面の縦横の切り替えも自動なので、リーダーとしても使おうと、コミック数ページをスキャンして、PDF化してみました。まだ付属のリーダーしか試していないですが、1ページ表示にしてもうちょっと画面の大きさがほしいところですが、まあ十分でしょうか。
 ただ、ページをめくるアクションが、左から右へのスワイプで、和書の閉じ方では逆なのが、残念です。そういうことまで配慮したアプリがあってもよさそうですが…

 ※自己解決しました。付属リーダーは、チャームのオプションで方向を変えられます。でも今度洋書を開くときは設定し直しになります。個々の書籍に対して設定できるといいなぁ

 600g弱は単行本と比べて、やや重く、ずっと持ち続けるのはつらく感じます。Kindleクラスまで軽くないと…。スタンドが必要なようです。でも、少しずつでも自炊していけば、大量の本を持ち歩くのが楽しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

愛宕神社

 放送博物館のすぐ前は駐車場を挟んで愛宕神社です。

 一歩境内に踏み入れると、とたんに蝉の声のシャワー。街角の社とは違います。大木が茂って、虫をはぐくむ余裕があるのでしょう。
 普通の日で、参拝者もまばらでした。手水屋では和服のモデルの撮影をしていましたが、ふと木の幹にレンズを向けていたので、あとで確認するとセミの抜け殻がへばりついていました。
Atago

 本殿をお参りしましたが、標高26mの23区最高峰、そこに池があったのは意外でした。今はポンプでしょうが、昔はどうなっていたのか。
 広くない境内ですが、オフィス街の真ん中だけに異空間でした。降りてからはせっかくの愛宕山ですが、ビルに囲まれて仰ぎ見ることができません。かろうじて隣の真福寺の階段から山の姿の一部を見ることができました。

 裏側から登ってしまったので、帰りに出世の石段を下ります。すぐわきに三角点があるのにはあとで気づきましたが、たぶん放送博物館に何度かいくことになるので、またじっくり。
 愛宕山から築地方面を写したベアトの古写真が有名ですが、もちろん今はビルにさえぎられて遠くを望むことはできません。
 しかし、石段を見下ろすこのイメージは古くからのままのはずです。降りるのも手すりにつかまらないと不安です。幼児のように片足ずつ下す感じ。
Ishidan

 降り切って振り返ると、他の参拝者が降りているのが見えます。やはり不安定な姿勢。次に来たときは登ってみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »