« 愛宕神社 | トップページ | タブレットPCと重ね地図 »

2013年9月 7日 (土)

タブレットPCと授業

 考えていたよりも、Modern UI はよかったです。通えなくなってしまった子のうちに出前授業をすることになったので、ノートパソコンを試して使い勝手が悪かったためにタブレットPCを入手してしまいました。

 テーブルの上において、向かい合った生徒と私の両方に見やすく、必要に応じて生徒にタッチさせることもできました。
 将来、子供たちに持たせて授業に有効なツールであると思います。一人一人に配布できる時が来るといいなぁ。

 今後はこの富士通タブレットが外出マシンになります。出かけた先でもWindowsアプリを使いたいのでPCにしましたが、世間では劣勢のようですね。確かに外でも使うソフトはワード・パワーポイント・ブラウザくらいですから、Windowsである必要はないのかも。

 せっかく手元にもてるし、画面の縦横の切り替えも自動なので、リーダーとしても使おうと、コミック数ページをスキャンして、PDF化してみました。まだ付属のリーダーしか試していないですが、1ページ表示にしてもうちょっと画面の大きさがほしいところですが、まあ十分でしょうか。
 ただ、ページをめくるアクションが、左から右へのスワイプで、和書の閉じ方では逆なのが、残念です。そういうことまで配慮したアプリがあってもよさそうですが…

 ※自己解決しました。付属リーダーは、チャームのオプションで方向を変えられます。でも今度洋書を開くときは設定し直しになります。個々の書籍に対して設定できるといいなぁ

 600g弱は単行本と比べて、やや重く、ずっと持ち続けるのはつらく感じます。Kindleクラスまで軽くないと…。スタンドが必要なようです。でも、少しずつでも自炊していけば、大量の本を持ち歩くのが楽しそうです。

|

« 愛宕神社 | トップページ | タブレットPCと重ね地図 »

コメント

 記事とは無関係ですいません。ちょっとハイテク製品の技術的な事を質問してもよろしいでしょうか?

 私はまだ、ブルーレイとか、スマホとか、タブレットPCとか、ウィンドウズの8には手を出してないので何も語れません。ウチのご常連から質問があり、ドコモのタブレットを持っているのだが、ヤフーブログの菖蒲園さんのチューブのパネルは表示されて再生できるが、藪さんのFC2のパネルが真っ白で表示されないとの事です。

 ドコモのタブレットとはどう云う製品なのかも知らない私には答えようもありません。使われているOSやブラウザの違いによりパソコンでもチューブのパネルを表示するには、アプリケーションソフトをインストールする必要があるのですが、同じ条件でチューブは表示されるのにFC2は表示されないと云うのは・・・ちょっと私にはその理由が判りません。その原因がお判りであれば助けてください(^∇^)

投稿: 藪井竹庵 | 2013年9月 9日 (月) 09時51分

 お役にたてたらよかったのですが、タブレットPCを買ってしまったくらいなので、アンドロイドタブレットは持っていません。両方だともったいないです。(たぶんこれからもガラケーを使い続けるのかと思ってます)

 でも、Flash Playerを落とすことで見られるような報告もありますよ。Flashには関心があるので、もうGoogleからダウンロードできなくなったのは知っています。アドビのサイトから直接ダウンになるはずです。
 iphoneにはずいぶん前に対応しているようなのですけどね。

 あるいは別の御常連さんが御存じかも?…とxxxさんに振ったりして。

 

投稿: snob | 2013年9月 9日 (月) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タブレットPCと授業:

« 愛宕神社 | トップページ | タブレットPCと重ね地図 »