« 恥ずかしながら | トップページ | 英語とPC事始め(1) »

2013年9月29日 (日)

喋りだし記録補助のソフト

 時々。ソフトの改良の作業をします。昨日のバグフィックスは別のソフトから発見したのです。

 ループ再生のソフトを改造していて、それが共通のルーチンを使っているので見つかりました。そちらのソフトはwindows media player SDKを使っているので、wmaのスピードを変えられます。

 今回は、そいつに今までできなかったサウンドの長さを取る機能を実装しました。mciコマンド文字列送信という古ーいDLLを利用しました。wmp SDKにないからしょうがない。

 これで、バランス設定さえができればSoundCompareもwmp SDK に書き換えです。SDKはバランス設定のメソッドを備えているはずなのに、設定してもぜんぜん効かないんです。

 …8月半ばから、このあたりで堂々巡り。とりあえず改造の目的は達して、ループ再生で喋りだしの記録作業に戻ります。
 つい夢中で、記録という目的を果たすのに、ソフト改造という余分な時間がかかり、他の作業は後回しにしちゃってました。今の遠回りが将来の近道になるようにと願ってのことですが。

|

« 恥ずかしながら | トップページ | 英語とPC事始め(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喋りだし記録補助のソフト:

« 恥ずかしながら | トップページ | 英語とPC事始め(1) »