« 江戸博の新年2 | トップページ | 年末年始の放送 »

2014年1月 4日 (土)

谷中七福神

 江戸で一番古くから残る七福神めぐりが、ここ谷中です。以前から行ってみたかったので家族を誘って自転車で出かけました。

 そうはいっても振り出しの田端に着くまでも寄り道をちょくちょく。暮れに人があふれていた鳳神社も華やかな正月飾りで埋められていましたが、三日ともなると人の動きも落ち着いて静かなたたずまいです。

 家族は、神社のはす向かいの勘三郎墓所に興味しんしんでしたが、私は道を折れたところで出会った千束神社の静けさに心惹かれます。
Senzoku

 根津、日暮里を経て、田端に着いたらもう昼過ぎ。谷中七福神では、ここ東覚寺と富くじの天王寺、不忍池の弁天堂は行ったことがありますが、他の4か所は知りません。
 東覚寺は、赤紙仁王が門前に赤いお札を全身にまとって立っています。すぐ裏手には田端八幡神社。廃仏毀釈前は一体のものだったでしょう。寺本堂の裏手には小さいながらも潜水のある庭園が公開されています。
 その本堂の福禄寿を礼拝するとは別に長い行列が続いてました。私はここを一番手に来ましたので、朱印を集める和紙を1200円で求め、そのまま200円で印をもらいました。

 続いて、隣り合った青雲寺(恵比寿)と修性院(布袋)には、谷田川の通りを行くのですが、途中の細い道を通ったら、崖の上に誘導され、連れの年寄には大変な思いをさせてしまいました。御朱印のあとも再び、こりずに富士見坂を道灌山に登り、諏訪神社や日暮里の経王寺で門に残る上の戦争の弾痕などで寄り道をしました。

 谷中では、長安寺(寿老人)、天王寺(毘沙門天)。長安寺は狭い本堂に人があふれていました。天王寺は境内が広く、朱印と毘沙門堂が別なのでゆったり。そのあとはやはり焼失した五重塔の跡や徳川慶喜霊廟と、墨田の下町の人間には同じ都内でもこのあたりは、馴染みのない場所なのですっかり観光客となりました。
7godsteno

 芸大脇の護国院では、本堂内で読経の真っ最中でした。不忍池が最も人出が多く、屋台の匂いが空腹を刺激してきました。礼拝の列も最も長く、ここは皆なんども来たことがあるので、朱印だけもらって、上野へ出て3時過ぎ、遅い昼食をとりました。
7godsgokoku

7gods

 ”七つ集める”という行為が、金のかからない娯楽であることをしっかり認識しました。楽しかったのです。自転車だから楽だったし。ふだんは檀家しか訪れないところでも、この時期には観光客があふれ、わずか200円とはいえ、数万人が集まれば大した計算になります。

 娯楽の少なかった江戸時代に大流行したのも、集まる側、集める側双方の事情が合致したということになります。また別の七福神、となるのも人間のコレクション魂ですね。都内の七福神を網羅したブログ・HPも多数あります。

 東京にはタブレットを持って行ったのですが、携帯とのBT接続が確立せず、あとで写真をはります。

|

« 江戸博の新年2 | トップページ | 年末年始の放送 »

コメント

 ご苦労様でした。七福神ってのはその土地土地にあるので、いったい日本には幾つの七福神セットがあるのかと調べたくなっちゃいますね(^ω^)

 こんにゃくえんまの源覚寺も確か藪さんの地元の七福神になっていて、毘沙門天だったかな? 一昨年の除夜の鐘の時に取材して、毘沙門天があった記憶があります。

 今年の年末年始の藪さんはまったく出掛けられませんでした。例年の足の痛みは何とか回復したのですが・・・痔が出てしまい、電チャリに乗れないと云う最悪の状況でした。足が長い距離歩けない状態で尻が痛くてチャリに乗れないんじゃ、不貞腐れて家で寝てるしかありません(^ω^)

投稿: 藪井竹庵 | 2014年1月 7日 (火) 08時14分

 本年もよろしくお願いします。

 小石川七福神ですね。調べると平成7年に始まった新しい行事ですが、地域にレクリェーションの場を作ろうという思いは江戸時代と一緒です。

 東京ドームにも1体あるそうですが、こんにゃく閻魔をはじめ古刹が多いのは魅力的です。自転車ならすぐまわれそうです。

投稿: snob | 2014年1月 7日 (火) 08時30分

 今日の午後に行ってきましたよ七福神のスタンプラリー(^∇^)

 どこの寺が七福神に設定されているんだか判らないので、まずシビックセンターの案内所に行って、七福神の地図があるかと聴いたら、地図と裏面に八ヶ所スタンプを押す紙をくれたので、スタートは地下鉄の茗荷谷駅に近いところから坂を下って最後がドームの福禄寿なのですが、シビックセンターからなので逆方向でドームの福禄寿から見て回りました。

 小石川七福神ってのは弁財天が男女二つあるので、全部で八福神なんです。全部スタンプを押して動画撮影もしてきました。今は疲れて休んでますが、動画を見て記事にできるようだったら明日の正午に記事を出します(^∇^)

投稿: 藪井竹庵 | 2014年1月12日 (日) 19時07分

 八福神、まだ大丈夫だったんですねー。動画を楽しみに待ってますが、ごゆっくり。

投稿: snob | 2014年1月12日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷中七福神:

« 江戸博の新年2 | トップページ | 年末年始の放送 »