« 昭和名人芸大全 初日(NHKソフトウエア) | トップページ | OCR~青空文庫~html »

2014年1月23日 (木)

梅屋敷跡

 広重の名所江戸百景で知られる、亀戸の梅屋敷は明治43年の水害で梅林が全滅してその歴史を閉じました。今はその跡地に記念の石柱を残すのみとなっています。
 亀戸天神の裏手にあたり、何年か前に散策していて偶然そのわきを通りかかって、そこにあったのだと気づきました。

 今週、自転車の買い物帰りに寄ってみたら数輪花が咲きかけていました。そういえば25日は天神さまの縁日ですから、ほどなく初天神。
Ume  Ume2

 ちょっと前に、スカイツリー人気にあやかるのか、梅屋敷の名を冠した観光拠点が近くにできました。亀戸駅前の明治通りを十三間通りといいますが、それと天神通りの交差するところにあります。ここにもよってみました。いくつかの地域名産品の売店と喫茶コーナーがあります。水陸両用バスのスカイダック発着地点でもあります。
 そこにも若い梅の木が植わっています。
Umeyashiki

 交差点の向かい側の煎り豆屋さん、90年以上の歴史があるそうですが、そこで千葉産ピーナツのうす塩味を買って帰りました。

 荒川放水路の工事が着手されたのは、翌年明治44年からでした。

|

« 昭和名人芸大全 初日(NHKソフトウエア) | トップページ | OCR~青空文庫~html »

コメント

私は今日(25日)これから亀戸天神にお詣りに行きます。東京都に住んでいるわけでもないのに、天神様というとやはり湯島か亀戸ですね。これから受験シーズンもたけなわ。初天神とも重なって多くの人で賑わっていることでしょう。

投稿: はろー | 2014年1月25日 (土) 12時47分

 亀戸天神というと、鷽替えの神事。「去年のウソを替える」ということで…善男善女が集まります。今日はたいへんなにぎわいのはずです。身動きもままならないほどの。
 なので、何十年も前の鷽がそのまま替えられずにうちにあります。

投稿: | 2014年1月25日 (土) 13時04分

 へへへ^^藪さんは、「あれ買ってくれ、これ買ってくれ」と云う子供がいるんじゃないかと思って湯島天神の取材に行きました。参拝客はそれほど多いとは思えなかったけど、絵馬の数が半端じゃなかったのは例年通り。絵馬を下げる棚が十ヶ所くらい設置されてるんですが、そのどれもが何重にも絵馬が下がっていて、新たに下げるのは相当に苦労します。白梅はまだ蕾でしたが紅梅が既にほころんでました。

 一回りして取材を終えたのが午後二時頃。地元へ戻って牛天神の取材をしようかと思ったのですが、結構体調が良かったので、亀戸天神までチャリを飛ばしました(^ω^)

 亀戸天神の方が参拝客が多く、本殿前にはお参りの行列ができてました。午後三時頃だったのですが、木彫りの鷽は売り切れましたと盛んにアナウンスしてました(^ω^)

投稿: 藪井竹庵 | 2014年1月26日 (日) 17時52分

 おお!、藪地方から久々(?)の越境ですね。うちでは受験の祈願は常に亀戸天神でした。内にあるのは自分の受験の時の木彫りの鷽です。

 その時の混雑の経験から初天神には足を向けなかったのですが、早く売り切れになって、そのあとは静かとはろーさんに教わったので、いつかチャレンジします。

 動画を楽しみにお待ちします。

投稿: snob | 2014年1月26日 (日) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅屋敷跡:

« 昭和名人芸大全 初日(NHKソフトウエア) | トップページ | OCR~青空文庫~html »