« ダビング10の罠 | トップページ | 立場が変わる »

2014年1月10日 (金)

年末年始の放送2

 録っておいて、もう見ないと決めて消しちゃう番組もありますね。

 BSの「謎解き!江戸のススメ」でも、年末のすす払いや掛取、正月料理なんかを紹介してました。1700年代の「タイムスクープハンター」とちがって、幕末のおせちでしょう。かなり豊かになってました。
Tvosechi2

 民放の寄席中継「新春!お笑い名人寄席」をやっと見ました。

 事前番組ではまるまる、本編では合間に、過去の映像が流されました。その中に、小さんの百面相が1分少々はいってました。余芸なのでしょうし切れ切れで、わざわざ保存しとくほどのこともないと思いますが。それにちゃんとした(?)「百面相」はNHKのDVDに収められてます。
 でもコレクションって、対象の人の中の出来の悪いものでも集めたくなっちゃうんですね。他の人の出来の良い高座の録画があっても悩まずに消してしまっているのに。

Tvkosan0  Tvkosan1

 いま消しちゃってる人が、このあとお気に入りになったらどうするんだろう>自分

 小さんは活躍の時期から考えて、民放にも大量の映像が残されているんでしょうね。

 暮れのL4Youで、「満員御礼!人気落語を初体験」と題して落語入門みたいな特集をしていました。寄席の楽屋にはいったり、しぐさの工夫を見せたり、内容はとりたててメモすることもないですが、こういう入門番組がくまれることはジャンルの隆盛には欠かせないでしょう。
 ナビゲーターが三平で、寄席出口インタビューでも「三平はよくなった」といっているお客さんがいました。だから、先の寄席中継で興味を持って高座を見たのですが、漫談で降りてしまったので判断できませんでした。

 そういえば「謎解き!江戸のススメ」も次回は落語特集です。

 キャッチが「今も愛される庶民の娯楽、その起源とは?現代に続く数々の名作を生んだ三遊亭圓朝の裏には師匠との軋轢があった!一日中いても飽きない寄席を賑わせた色物の歴史に迫ります!」なので、内容は想像ができますが、どんな”絵”を見せてくれるか。

|

« ダビング10の罠 | トップページ | 立場が変わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の放送2:

« ダビング10の罠 | トップページ | 立場が変わる »