« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

真砂の桜

 文京区本郷四丁目、旧の町名が真砂町。岬のように海に突き出た地形の先に取り残された島のように、四方を急峻な崖に取り囲まれた地形をしています。
 本当の岬と違うのは、干上がっていて、崖には家々が縦に並んでいること。今やビルのほうが高くなって、近くによらないとその地形は分かりません。

 真砂図書館に本を返しに行ったのは、向かいにある「文京ふるさと歴史館」に寄るためです。前回は月曜日=休館でした。何らかの江戸時代の資料があるはずと踏みました。
Masagofurusato

 閉館ぎりぎりに飛び込んであわててみたので見落としがあるでしょう。1階の受付の裏には江戸時代の発掘された水道の木樋が展示されています。隣には縄文の出土品。階段を上がった2階には、お目当ての再現模型があります。駒込土物店(やっちゃば)です。許可をもらって写真に収めました。この野菜集荷所が現在の豊島青果市場の前身だといいます。
Masagofurusato2

 ミニ企画コーナーで、区内から見えた富士の絵が展示されていました。地下の企画展は武士の家系図を扱っていました。

 春日駅からここへくる途中、白山通りから春日通りへ曲がるのが常道ですが、裏通りに入ってみました。すると目の前に崖が。階段の刻まれた崖には小さな公園がしつらえられて、驚いたことに、桜が八分咲きです。何人かが携帯のカメラを向けていたので話しかけても、どういう桜なのか誰も知りません。ふるさと歴史館と図書館でも聞きましたが、桜があることも初めて聞く感じでした。
Masagosakura

 歴史館、図書館から先に進むと炭団坂、それを下ると樋口一葉の旧居あとの井戸が曲がった路地にあります。テレビでもよく見る風景で、つい先週、モヤモヤさまあず2でも水を汲んでました。その井戸の奥に階段があるのですが、それを上るとどうなるのか興味を持っていました。
Ichiyo

 登りきるとすぐ擁壁に突き当たります。つまり崖下の家だったのですね。壁沿いに路地を曲がると別の坂(鐙坂)の途中に出て、説明板に「金田一京助旧宅跡」とあります。金田一先生といえば、私の大学のゼミの先生の恩師のさらに恩師、アイヌ語を研究したエピソードが教科書に載ってました。

 桜が気になって、丸の内線に向かう途中の文京区シビックセンターの観光インフォメーションで聞いてみました。
 その小さな公園、清和公園に何種類かの桜が植えられていて、今咲いているのは河津桜だとのことで、納得して帰路につきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

バイアスロン

 テレビ局の公式動画配信サイト gorin.jp で、競技紹介の短い映像を利用して、This is luge. の文で、小学生に教えました。カーリングは露出が大きいためか、知っていましたが、リュージュ・スケルトン・ボブスレー・バイアスロンは全く初めてという反応でした。
 なかなか地上波では放送されませんが、ちょうど今、バイアスロン最終戦のリレーの放送を見ながらこの記事を書いています。

 動画を使うとそのスピード感を味わわせることができて効果的です。

 私にとって、冬季種目はあの札幌五輪以来です。放課後の誰もいない木造校舎で何人かの友達と「ごっこ」遊びをしたのは今でも覚えています。

 ジャンプは離れたところに段ボールを置いて飛び乗り、木の床をどれだけ滑るかを競いました。アイスホッケーはお決まりのほうきでガムテのボールを打ち合いました。
 バイアスロンは、スケーティングの要領で廊下を走り、ポイントで定規を使って輪ゴムを飛ばして的を倒しました。

 だから長じて、大倉山シャンツェにのぼったときは感無量でした。

 バイアスロンのバイはもちろん、bicycle の bi で、アスロンはトライアスロンで周知です。三輪車の tricycle も教えてありますから、その辺を話しても納得でした。

 ところで、日本選手のプロフィールを見ていたら、もちろんみんな自衛隊員なのですが、祖父がマタギという人がいて、面白がりました。雪の中イノシシとか撃ってたんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

16年

 葛西選手がようやくメダルを手にしました。NHKは自身が中継中なのに臨時ニュースを売ってきました。
 長野の日本チームのメダルから16年です。あの時葛西はチームから外れてました。
 まだ若手のころからずっとテレビ中継で追ってきてレジェンドと呼ばれる年齢になっても戦い続けて。

 残念ながら、授業のタイミングが合いません! 現在完了を教える時なら、ずっと現役という題材になるのに。
 でも、別のなにかでつかってやるぅ!

Skijump

 懐かしいアホネン選手も飛んでいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

雪かき

 昨日は雪で、おまけ塾の授業もやめました。無理に生徒を越させて怪我でもしちゃあつまらない。
 だから、オリンピックで20年ぶりにノルディック複合でメダルをとっても、その興奮も授業で熱いうちには使えませんでした。最後まで抜きつ抜かれつ、いい勝負でしたがラストスパートで離されてしまいました。

 夜になる前にホームセンターにスコップを買いにでました。先週は次男が家にいてシャベルでやったそうで、やりづらい。しかし金属製のスコップは売り切れでした。今日、大量に入荷する予定だそうですが、間に合わない。商機を逃しましたね。
 しかたなく、プラスチックの雪かきを買い求めました。それもその後売り切れたそうです。壊さないように慎重に使えばなんとかなるでしょう。

 夕方、隣家の人と一緒に掻いて、夜に、バイトから帰った次男とまた掻きました。

 ずっとTVでフィギュアをつけっぱなしにして、町田、羽生、高橋と続けて見て、一昨晩のSPでは完璧な滑りを見せた羽生がミス!しかし王者パトリック・チャンも追いつかずに金!
 また授業のネタができました。

 そこまで見て、雨の音がします。雨で雪が解けてくれるならいいですが、量によっては溶けきりません。水を含んだ雪をはねのけるのはたいへんだと、外に出てまた雪かきです。疲れ果てて、中途半端で終わりました。
 うちの路地も、おばあさんばかりで、男手がなくなってしまったので、溶け具合を見てまた働きます。
Snowplow

 つけっぱなしにしておいて、PCではストリームでスケルトンを見てました。バイアスロンは雪の中の狩猟がスポーツになったものですが、リュージュやスケルトンは絶対子供の遊びの延長だと思うんです。でも子供たちはこんな競技は全く知りません。

 映像をダウンロードして見せ、This is luge. って教えてやることにします。鉛筆を持って This is a pencil. というのはバカバカしい、そんな英語は言わないとよく言われることですが、これなら文句は言われないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

iphoneと青空

 スマホを私は使っていません。原則在宅の仕事ですし、出かけてもかつてはノーパソ、今はタブレットを持っていけばたいていの出先にネット環境があります。だからあえてスマホの料金を支払う意味がないし、お試しでWifi機器も持っていますが月料金がばからしいので止めてあります。

 iphoneで青空テキストが読めるか知りたかったので、息子のものでやらせました。

 ところが、アプリの選定で困りました。iphoneのアプリは…無料のものがない。いや一つだけ i読書というのがありますが、低機能。ずっとPCのシェアウエア・フリーウエアの世界で生活していたので違和感があります。高機能、といってもわずか数百円ですが、アップルに課金されてしまいます。よくあるお試し期間もありません。

 今、スマホ・タブレット(アンドロイド)にPCのシェアが大幅に食われていますが、ジリ貧で、アプリディーラーがすべてを支配するようになるのは…なんだか嫌です。“脱獄”しない限りはウイルスとは無縁なのはよいのですがね。

 i読書は青空文庫からダウンロードする機能しかないのですが、情報をあさって、dropboxというオンライストレージにファイルをアップロードして、そのファイルを開くのに i読書を指定すればよいことがわかりました。Micorosoftが脱しきれない「ファイル」-「開く」ではない、オブジェクト指向が徹底されているわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

ようやくメダルが

 期待された選手が次々脱落し、かつて日本人が活躍した種目でルールの変更で結果的に不利になっていったことを思い起こさせました。

 メダル至上主義で見ているつもりじゃないんですが、もっとも有力とされる女子ジャンプの高梨沙羅選手に、報道の目が集中してプレッシャーが強くなるのは嫌でした。

 そのまま試合日を迎え、男子スノーボード・ハーフパイプと同時の中継となりました。2画面再生を駆使して(左右・大小を入れ替え)、女子ジャンプと並行視聴をしました。

 1回目のジャンプが終わって高梨が3位。ハーフパイプは平野が1位。平岡は失敗滑走。ボードの2回目でスイスの選手に抜かれ、平岡が平野を上回り、次に平野が抜き返す。最終滑走のボード王者ショーン・ホワイトを待つ。この時点で日本人のメダル獲得は確定していました(NHKのほうに臨時ニュースのテロップが出ました)が、ショーンはポイントを伸ばせず、平野と平岡の銀・銅が決定しました。
Snowb

 そこでテレビ画面は女子ジャンプだけにして、2回目のジャンプを見守りました。たとえ今回メダルに届かなかったにしてもいつかは金を獲るでしょう。
 上位陣がビッグジャンプを見せる中、高梨は平凡な距離に終わり、残り2選手を待つ…。3位に落ち、最後のジャンパーは距離をのばせないものの1回目の得点がきいて、金メダル。高梨は4位入賞に終わりました。

 ともあれ、ようやく授業で got medals と過去形で表現できるようになりました。しかも十代、中学生もいる。子供たちも近く感じてくれるかもしれません(たぶん冬季オリンピックのことはほとんど知らない)。 Youtubeの映像をダウンロードして見せて、感動を押しつけようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

タブレット破損

 深夜にオリンピック中継を、目をこすりながら見ていて、立ち上がったはずみに置いてあったタブレットPCを壊してしまいました。もう画面がうつりません。

 9時を過ぎるとすぐにメーカーに連絡を取って、自分の補償を確認しました。出先なので証書もないし、自分のアカウントにアクセスもできません。外に持ち歩くのが目的のタブレットなので、ワイド保障に入っていたので、費用面は事なきを得ました。引き取りサービスを申し込んで、修理となります。

 液晶のフレキが破損しただけならいいのですが、マザボを損傷したのなら、またこの安定した環境を取り戻すにはそれなりの手順を踏む必要があるので、面倒が予想されるのですが、不幸中の幸いでした。

ブログには息子のPCでアクセスしましたが、細かな作業は帰宅するまでストップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の愛宕神社

 週末に法事があって都内に行きました。雪で交通が乱れるのはわかっていたので、早めに出て、ついでに3度目になるNHK放送博物館に寄ることにしていました。

 過去の「番組を見る会」で、日本の話芸、志ん朝「首提灯」(1995)をやるからです。新橋から雪の中を歩きたくないなあと思って行ったのですが、あいにく港区コミュニティバスは運航停止となっていました。
 雪の中、傘もささずに歩くのは気持ちがよかったです。準備よくチェーンを巻いている車が走るだけで、道路は都心とは思えない静けさでした。さすがに愛宕山を出世階段で上がるのは不可能で、博物館のエレベーターで上がりました。

 見る会の会場にはなんと、私のほかに一人きり。静かな会場でした。
 志ん朝の「首提灯」は結構でしたが、本人は納得いかなかったようで、番組の終わりでふりえってました。
 続くの小柳枝の「二番煎じ」もなかなかの出来でした。でもあとで、家について、息子の録画機で録るようになった千葉テレビの演芸ホールの録画を見たら、たまたま小柳枝が「やかん」をやっていて、そこでは水沸かしを湯沸しと言い間違えて同じ人かなと思うような出来の高座を続けてみることになりました。

 博物館もこの催しが終わった3時には早じまいでした。こんな景色を見ることはもうないでしょう。靴が沈みそうな雪を踏んで、愛宕神社を見に行きました。雪に煙って周りのビルもかすんでいます。こちらは何人か参拝者がいて、やはり写真を撮ってました。
Snowtokyo

 ますます車も人も少なくなった道を新橋駅に戻りました。
 今日、夜まで仕事が入って、前泊できなくなった家族は明朝、こちらに向かいますが、交通は復活しているか…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

オリンピック開幕

 ソチ五輪の開会式を楽しみました。

 ロシアSFや音楽に興味を持って、第二外国語にロシア語を選んだ身には、Яで始まる日本が入場順で最後(開催国ロシアの前)なんてことが開設されると懐かしい思いでした。

 ちょうど生徒たちに、過去形を教え始めたばかりの子たちがいるので、単純に「金を取った」とかをネタにできるでしょう。記憶に残る選手があれば1年くらいは何かの活動につかえるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

あぶさん…終了

 初めて読んだ野球漫画は…スポーツマン金太郎? 一峰大二? ちかいの魔球?

 ドカベンも結構読んだなぁ。でも単行本を買ったのは、同じ水島新司でも「あぶさん」だけでした。出番のない代打がうらぶれて二日酔いで打席に立つ。読みきりで一試合の結果にはこだわらずに、裏方にも光を当てて。
 そんな作風が好きだったので、中年を超えてしかも代打で三冠王…という方向になったとき、読むのをやめました。買ってあった単行本も、サチ子との結婚までになるよう、何冊か捨てました。…今はどこにしまってあるんだろう?

 その「あぶさん」が最終回を迎えたとしったので、夜中にコンビニに立ち読みに行きました。酒仙打者が引退して、名酒を持ってあいさつに回る話でした。

 同じコミックの「三丁目の夕日」も毎号掲載ではなくなり、サザエさんは波平さんが声だけ死んだり。

 自分の中で時代が一コマ進みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

節分会

 節分の豆まきは、欠かしたことがありませんでした。若いころはクラスの子供に豆を配って、教室中にまき散らし、床が油じみたこともありました。

 しかし、神社の豆まきに行ったことはありません。もううちの子供たちも手元にいないことだし、3日の日はちょっと出かけてみることにしました。

 ずいぶん暖かい日でしたね。2時過ぎに湯島天神につきましたが、フリースを着込んでいたのは間違いでした。境内をぶらぶらして、開始の1時間前に会場に立ちました。次第に人が集まってきます。
 知らずに行ったのですが、今年のゲストは落語家でした。南喬、馬生、菊丸、歌る多、菊千代、そしてペー・パー子。

Bean

 時間になって壇上にゲストが集まりだすと、観客のカメラの焦点は、一人角界から参加の勢関に。そして逆にカメラを向けるペー・パーコンビに。地元の白梅太鼓の響きで幕が開き、馬生の口火で、2匹の鬼が壇上にやってきました。
 ゲストたちがひとしきり「鬼は外!」で退治すると、鬼たちはニコニコしながら退場です。

 今度は観客に向かって「福は内!」の声で、豆がまかれます。しばらくはビデオカメラで撮るだけのつもりでしたが、豆がこちらに向かってくるとそんな気持ちは吹き飛んでしまいました。両手を挙げて豆を受け止めます。どこかに当たって落ちた豆の袋を拾います。「しゃがまないでください」の注意の声がかかります。いくつかは直接キャッチしました。

 た、楽しい。

Throwing
 投げられているのは市販の煎り豆の袋。ありきたりのものですのに、思ってもみない楽しさです。こんなレクリェーションがあったとは知りませんでした。

 30分ほどたつと、警官が壁を作って分けていた後ろの人と交代です。



 行事が終わると、いつもはJR御徒町方面に降りるのですが、今日は本郷へ向かいました。まだ行っていなかった文京区の真砂図書館に足を向けたのです。

 これが戦利品。
Get

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

OCR~青空文庫~html 5

 青空文庫はもともとプレーンなテキストで見たときに邪魔にならないようにタグを作っています。htmlと比べれば一目瞭然です。

html:<ruby><rb>早桶屋</rb><rp>(</rp><rt>はやおけや</rt><rp>)</rp></ruby>
青空:早桶屋《はやおけや》

 この変換を自動でできるようになったわけですが、青空のHPにはテキスト→xhtmlの自動変換アプリが用意されています。ruby(フリガナじゃなくて言語の)上で動くアプリで、青空サイトのcssに依存するスタイルを使うことになるので、今回の目的とはちょっとズレます。

 でもそんなソフトが既存であるなら、自分のプログラムは性格の違うものにしたい。

 OCRしたテキストを青空テキストに変える際の補助機能をつけることにしました。

 はかいき[#「はかいき」に傍点]の[# ]内のタグをいちいち書くのは面倒なので、“はかいき”と囲んでおけば、自動的に処理。テキストの可読性を少しでも高めるために、タグを後ろに置く形式で。
 青空を逸脱する独自タグを使うことになるので、使用には注意が必要です。

 青空のxhtmlタグのうち、サイトに依存しないのは、フリガナの他に上付き・下付き・組文字だけのようなので、青空テキストから、自動的に後置のタグをおく。落語の文には上付き文字は出てこないでしょうけれど、?!を組み合わせた組文字が1つだけありました。
 手作業でやったっていいのだけれど、一応機能としてもたせました。

 悩んで、サイト依存タグはすべて無視するようにつくりました。第1・2水準をこえる漢字はタグを翻訳して埋め込むことも可能ですが、保留中です。
 依存タグも必要なら変換するのは手間はかかるけど、それほど難しくはありません。将来の課題とします。

------------------------------------------

 青空文庫も、TPPに関連して、著作権保護期間の影響を受けます。50年が70年に延びる、たしかディズニー?…
 江戸川乱歩の著作権切れが近いです。志ん生はあと10年・圓生は15年ですが、20年延びたら私の寿命は超えるでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

OCR~青空文庫~html 4

 青空テキストビューワーの作者さんは|なしでフリガナの始まりの位置を見つけていることがわかったので、腰を据えて考えてみました。見つけてそこに自分が|を挿入すれば、そのあとはhtmlのrubyタグにそれぞれ置き換えて完了です。

A:江戸には四宿《ししゅく》 → B:江戸には|四宿《ししゅく》

 これを実現するには、Aを先頭から一文字ずつチェックしながらBにコピー、《を見つけたら漢字の先頭にもどって|をたす…という手順ではできません。
 《を見つけた時点で、Bが「江戸には四宿」になっちゃってます。プログラムでは、「品川」+「心中」=「品川心中」という足し算はできますが、「品川心中」-「心中」=「品川」という引き算ができないからです。

 開始位置はひらがなから漢字に変わる場所なので、Aをチェックするときに、文字の種類を覚えておいて、前の文字の種類と違う場所になるまで、Bには足さずにCに文字を足すようにします。

 Aを先頭から「に」にすすんだ時点で、Bは「」、Cは「江戸」。「に」で文字が変わったので、B+CでB「江戸」、Cを「」にして文字を足し始める。
 「四」で文字種が変わるので、B「江戸」+C「には」=「江戸には」、Cが「」
 「《」で文字種が変わるので、B+「|」+C+「《」=「江戸には|四宿《」…(以下繰り返し)

 この基本的な手順ができたので、もとから「|」がついているときは、違う処理をします。

 ひらがな・カタカナ・漢字だけじゃなく、記号・英数・ギリシャなどの種類を増やせば位置判定が精密になります。

 文字を判定するのに、「あ to ん」という書き方ができるので、「亜 to 熙」で漢字判定をしたらうまくいきません。ファイルはshift-JISでも、内部ではUnicodeだったのでした。
 「ー」(長音)や「ヽ」はひらがなにもカタカナにもなります。「々」は青空では漢字扱い、そんな処理を加えて、基本部分はできあがります。

 あと1回続きます m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

「はなまき」を食べました

閑話休題

 ようやく「花巻蕎麦」を食べました。「時そば」で”できますものは、花巻にしっぽく…”のアレです。
 落語の解説で、かけ蕎麦に海苔を乗せたものだと知ったときは食べたいと思いませんでした。だって、蕎麦に海苔ですよ。それで何百円か取られるんですから。

 それが「食べてみたい」と思うようになったのは、以前話題にした、ラズウェル細木「大江戸美味草子」を読んで以来です。そこには羽田の穴守稲荷に出かけて、名物の花巻蕎麦を食べるシーンが描かれてました。
Hanamaki0

 それで認識が変わり、一度は口にしてみたいと考えてました。「上物の海苔」なんてがらじゃないんですけど。自慢じゃないが、高級品の違いなんて判りません。
 店を検索しましたが、若手落語家さんの「それいけ!落語探偵団」というHPがヒットし、そこで実際に食したレポートが乗ってるのを見つけました。二番煎じになりますが、同じとこに行って見ました。

 浅草の、雷門近く、「尾張屋」支店です。ここは天ぷら蕎麦で有名な店で一度食べたことがあります。
 ちょうど訪問したのが暖簾を外に出す時刻で、一番乗りで入店。メニューを確かめて、「花巻」を注文しました。店員さんが、「海苔が乗ってるだけですよ」と念を押します。そんなことではめげません。

 時間がかからず出てきましたが、昔、ラップが出回る前に出前の丼にのっていたような蓋がかぶさってます。すぐにその理由がわかりました。
Hanamaki

 蓋を取ると、海苔の香りが一気に立ちのぼります。すこしたつとあとは普通のかけ蕎麦と海苔。花巻はこの一瞬を味わうための蕎麦でした。
Hanamaki1

 落語に出てくる屋台の蕎麦では海苔だって少ないでしょう。しっぽくも具だくさんの蕎麦、とのことですが、店舗を構えているならともかく、移動の店では竹輪一切れを”具”の代表で乗せただけなんでしょう…と想像します。
 ちょっと前まで、駅の立ち食いソバは、天ぷらといってもしんなりした野菜のかき揚げがのってるだけでしたもの。場末のカレー屋では肉を探すのが…

 同じHPでは、「しっぽく蕎麦」も食べてレポートしていましたが、そこで紹介された上野のお店は長期休業中でした。また、支店からそう遠くない尾張屋本店には「花巻」のメニューはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »