« オリンピック開幕 | トップページ | タブレット破損 »

2014年2月 9日 (日)

雪の愛宕神社

 週末に法事があって都内に行きました。雪で交通が乱れるのはわかっていたので、早めに出て、ついでに3度目になるNHK放送博物館に寄ることにしていました。

 過去の「番組を見る会」で、日本の話芸、志ん朝「首提灯」(1995)をやるからです。新橋から雪の中を歩きたくないなあと思って行ったのですが、あいにく港区コミュニティバスは運航停止となっていました。
 雪の中、傘もささずに歩くのは気持ちがよかったです。準備よくチェーンを巻いている車が走るだけで、道路は都心とは思えない静けさでした。さすがに愛宕山を出世階段で上がるのは不可能で、博物館のエレベーターで上がりました。

 見る会の会場にはなんと、私のほかに一人きり。静かな会場でした。
 志ん朝の「首提灯」は結構でしたが、本人は納得いかなかったようで、番組の終わりでふりえってました。
 続くの小柳枝の「二番煎じ」もなかなかの出来でした。でもあとで、家について、息子の録画機で録るようになった千葉テレビの演芸ホールの録画を見たら、たまたま小柳枝が「やかん」をやっていて、そこでは水沸かしを湯沸しと言い間違えて同じ人かなと思うような出来の高座を続けてみることになりました。

 博物館もこの催しが終わった3時には早じまいでした。こんな景色を見ることはもうないでしょう。靴が沈みそうな雪を踏んで、愛宕神社を見に行きました。雪に煙って周りのビルもかすんでいます。こちらは何人か参拝者がいて、やはり写真を撮ってました。
Snowtokyo

 ますます車も人も少なくなった道を新橋駅に戻りました。
 今日、夜まで仕事が入って、前泊できなくなった家族は明朝、こちらに向かいますが、交通は復活しているか…

 

|

« オリンピック開幕 | トップページ | タブレット破損 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の愛宕神社:

« オリンピック開幕 | トップページ | タブレット破損 »