« タブレット破損 | トップページ | iphoneと青空 »

2014年2月12日 (水)

ようやくメダルが

 期待された選手が次々脱落し、かつて日本人が活躍した種目でルールの変更で結果的に不利になっていったことを思い起こさせました。

 メダル至上主義で見ているつもりじゃないんですが、もっとも有力とされる女子ジャンプの高梨沙羅選手に、報道の目が集中してプレッシャーが強くなるのは嫌でした。

 そのまま試合日を迎え、男子スノーボード・ハーフパイプと同時の中継となりました。2画面再生を駆使して(左右・大小を入れ替え)、女子ジャンプと並行視聴をしました。

 1回目のジャンプが終わって高梨が3位。ハーフパイプは平野が1位。平岡は失敗滑走。ボードの2回目でスイスの選手に抜かれ、平岡が平野を上回り、次に平野が抜き返す。最終滑走のボード王者ショーン・ホワイトを待つ。この時点で日本人のメダル獲得は確定していました(NHKのほうに臨時ニュースのテロップが出ました)が、ショーンはポイントを伸ばせず、平野と平岡の銀・銅が決定しました。
Snowb

 そこでテレビ画面は女子ジャンプだけにして、2回目のジャンプを見守りました。たとえ今回メダルに届かなかったにしてもいつかは金を獲るでしょう。
 上位陣がビッグジャンプを見せる中、高梨は平凡な距離に終わり、残り2選手を待つ…。3位に落ち、最後のジャンパーは距離をのばせないものの1回目の得点がきいて、金メダル。高梨は4位入賞に終わりました。

 ともあれ、ようやく授業で got medals と過去形で表現できるようになりました。しかも十代、中学生もいる。子供たちも近く感じてくれるかもしれません(たぶん冬季オリンピックのことはほとんど知らない)。 Youtubeの映像をダウンロードして見せて、感動を押しつけようっと。

|

« タブレット破損 | トップページ | iphoneと青空 »

コメント

高梨選手は気の毒な感じでしたね。
高梨選手のことを言ったわけでは有りませんが、竹田とかいうご仁が「予選落ちしてヘラヘラと『楽しかった』などと語った選手」を問題視し、負けた際のコメントとして「思い出になったとか、楽しかったなどはあり得ない」「日本は国費を使って選手を送り出してます。選手個人の思い出づくりのために選手を出しているわけではありません」などと発言したのをネットで知り、げんなりしました。
私が選手だったら国費を有難いとは思いますが、お国のためにメダルを取るなんてのはまっぴらごめんです。メダルは取りたいでしょうが、まずは自分の為。次に共に頑張った仲間や家族のためです。
思い出作りと言ったって良いじゃないですか。オリンピックの代表に成るような選手は大変な努力をしていますが、他国の選手も同様。そんな選手達がシノギを削るのかオリンピックなんですから、努力が報われないことだって多いでしょう。国費を出したのに結果を出せなければ、土下座して詫びよとでも?

投稿: nam | 2014年2月12日 (水) 21時07分

>詫びよ

日本スポーツ界は長くそういう時代があって、スポーツ選手を潰してきたことを忘れているのでしょう。角を矯めて牛を殺すことのないようにしてほしいものです。

あの予定になかった首長選の費用があったら何ができるか…

投稿: snob | 2014年2月12日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやくメダルが:

« タブレット破損 | トップページ | iphoneと青空 »