« OCR~青空文庫~html 3 | トップページ | OCR~青空文庫~html 4 »

2014年2月 1日 (土)

「はなまき」を食べました

閑話休題

 ようやく「花巻蕎麦」を食べました。「時そば」で”できますものは、花巻にしっぽく…”のアレです。
 落語の解説で、かけ蕎麦に海苔を乗せたものだと知ったときは食べたいと思いませんでした。だって、蕎麦に海苔ですよ。それで何百円か取られるんですから。

 それが「食べてみたい」と思うようになったのは、以前話題にした、ラズウェル細木「大江戸美味草子」を読んで以来です。そこには羽田の穴守稲荷に出かけて、名物の花巻蕎麦を食べるシーンが描かれてました。
Hanamaki0

 それで認識が変わり、一度は口にしてみたいと考えてました。「上物の海苔」なんてがらじゃないんですけど。自慢じゃないが、高級品の違いなんて判りません。
 店を検索しましたが、若手落語家さんの「それいけ!落語探偵団」というHPがヒットし、そこで実際に食したレポートが乗ってるのを見つけました。二番煎じになりますが、同じとこに行って見ました。

 浅草の、雷門近く、「尾張屋」支店です。ここは天ぷら蕎麦で有名な店で一度食べたことがあります。
 ちょうど訪問したのが暖簾を外に出す時刻で、一番乗りで入店。メニューを確かめて、「花巻」を注文しました。店員さんが、「海苔が乗ってるだけですよ」と念を押します。そんなことではめげません。

 時間がかからず出てきましたが、昔、ラップが出回る前に出前の丼にのっていたような蓋がかぶさってます。すぐにその理由がわかりました。
Hanamaki

 蓋を取ると、海苔の香りが一気に立ちのぼります。すこしたつとあとは普通のかけ蕎麦と海苔。花巻はこの一瞬を味わうための蕎麦でした。
Hanamaki1

 落語に出てくる屋台の蕎麦では海苔だって少ないでしょう。しっぽくも具だくさんの蕎麦、とのことですが、店舗を構えているならともかく、移動の店では竹輪一切れを”具”の代表で乗せただけなんでしょう…と想像します。
 ちょっと前まで、駅の立ち食いソバは、天ぷらといってもしんなりした野菜のかき揚げがのってるだけでしたもの。場末のカレー屋では肉を探すのが…

 同じHPでは、「しっぽく蕎麦」も食べてレポートしていましたが、そこで紹介された上野のお店は長期休業中でした。また、支店からそう遠くない尾張屋本店には「花巻」のメニューはありません。

|

« OCR~青空文庫~html 3 | トップページ | OCR~青空文庫~html 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はなまき」を食べました:

« OCR~青空文庫~html 3 | トップページ | OCR~青空文庫~html 4 »