« 亀戸天神の梅 | トップページ | 風雲児たち外外伝 »

2014年3月 8日 (土)

亀戸水神

 JR亀戸駅と東武曳舟駅を結ぶ、ごく短い東武亀戸線があります。子供のころからのりつけた路線です。

 亀戸駅の次が亀戸水神駅。ホームには「ここは亀戸天神最寄駅ではない」という断り書きがあるくらい、誤認して降りる人があるのでしょう。

 逆にここからすぐの水神には行ったことがなかったので、自転車で足を延ばしてみました。駅入り口から踏切を渡ってしばらく進み、Y字路になったところが亀戸水神です。江戸時代の古地図と重ね合わせてみてもこの道はそのままです。境内の広さもそれほど変わらないようです。
Suijin

 水神ですから、もっと近かった海に関係するのかもと考えたこともありましたが、農耕・田の神、水害からの守護神社だったようです。江戸開府より少し前の創建のようです。

 この辺りは高いビルもなく、住宅にうもれていますが、きっと開けた田畑の間にぽつんとあったのかもしれません。今は隣が交番です。

|

« 亀戸天神の梅 | トップページ | 風雲児たち外外伝 »

コメント

 何を隠そう藪さんは、この亀戸水神駅が最も近い工作員のアジトに20年以上いたんです。工作員ですから毎日アジトに通う訳ではなくて、月に2,3度水神駅で降りた程度です。もちろん水神宮には行った事がなくこの記事の写真で初めて見ました(^ω^)

 昨日の取材で地元の播磨坂で初めて河津桜を発見したって事もあるし、播磨坂の木に番号が振られていたのも知らなかったし・・・もっと徹底的に地元をモヤ藪しなければならないと思いました(^∇^)

投稿: 藪井竹庵 | 2014年3月11日 (火) 15時45分

>アジト

そうなんですか!生活圏が交差していたんですね。

>地元をモヤ藪

いっぱい紹介してください。こんにゃく閻魔も北野神社も行ってみたい場所としてキープしています。

投稿: | 2014年3月11日 (火) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸水神:

« 亀戸天神の梅 | トップページ | 風雲児たち外外伝 »