« 班編成・席がえ | トップページ | 羽二重団子 »

2014年4月18日 (金)

小三治会長退任

 ふと目覚めたら、夜中に、小三治が落語協会会長を退任するとの報に接しました。後任は、予想された向きもありましたが、市馬だそうで。

 このところいくつか衰えを指摘されることもあったので心配していましたが…。二期で退任。やはりなるのが遅かったようです。会長になったときは有終の美の花道を飾るためなのかと思ったこともありました。でも真打昇進に独自色を出したりと、意欲的でした。

 お疲れ様でした。

|

« 班編成・席がえ | トップページ | 羽二重団子 »

コメント

 藪さんはもう一ヶ月以上まったくテレビを見てません。人間はテレビなんか見なくたって自分のクオリティ・オブ・ライフを実現できるんだと実感しています(^-^)v

 ですから、落語協会の市馬新会長内定の事は、ウチのブログのご常連さんのMarsさんからの情報でした。当然ながら藪さんはその情報の信憑性をネットで確認しようとしましたが・・・どこにもその情報はありませんでした。でもMarsさんは、堀井ちゃんと同じくらいの落語会の決死隊で、年間に物凄い数の落語会に通ってらっしゃるので、彼からの情報ならば藪さんも責任を持って市馬新会長の記事が書ける訳です(^∇^)

 まあ、小三治さんには二期四年間の会長、お疲れ様でしたと云っておくべきですね(^∇^)

投稿: 藪井竹庵 | 2014年4月19日 (土) 21時45分

 落語界の決死隊…いいですねぇ。うらやましい。そこまで没頭することができず、カテゴリーにある名人ばかり追いかけてい「た」(もう世に出ているのはほとんど聞いてしまったので)だけですから。
 志ん生の「一目上がり(カセット)」だけは見つからず暗礁の上からも探すことは忘れてませんが。

 話を戻して。本格派の会長が続くことは望ましいかなと思います。

投稿: snob | 2014年4月20日 (日) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小三治会長退任:

« 班編成・席がえ | トップページ | 羽二重団子 »