« 羽二重団子 | トップページ | 遠足バス配車ミス »

2014年4月29日 (火)

亀戸の藤まつり

 いつもは海外を扱う、TBS「ふしぎ発見」で、江戸のインフラを扱いました。解説されたことに目新しいことはありません(利根川東遷、佃漁師の白魚献上など)でした。
 でも、冒頭に挿入された、家康入城前の原野だった江戸をズームアウトして俯瞰に持っていくCG動画は初めて目にしたもので、それだけで見た価値があると感じました。いろいろな時代の江戸を見てみたいものです。
Fushigi1  Fushigi2

 やっと、札幌に桜前線が達したようです。これからすべての花が咲きそろう北国の花のシーズンを迎えます。
 東京ではつつじまつり、藤まつりがあちこちで開かれています。どの花も盛りは短く、ゴールデンウィークが終わるころには散る時期を迎えることでしょう。

 もともと植物にはほとんど興味がないので、どれも行ったことがありませんでしたが、今年の春、梅まつりにいったこともあり、初めて亀戸天神の藤まつりを覗いてみました。

 梅のときは散り際でそれほど参拝客もいませんでしたが、今回は真っ盛りとあって、太鼓橋には行列を作って待っていたくらいです。
 ま、たどり着くまでの各所公園の藤棚でも藤は満開だったわけですが。でも広重をはじめとして浮世絵の画材になっているのだから、そのへんの野良藤とはきっと重みが違います。
Fujimatsuri

 池の亀はほとんどが、ミシシッピアカミミガメで、泳いだり争って甲羅干しをしたり、我が物顔でした。

 大勢が藤の房にレンズを向けていました。梅の木に目をやると、春に花だったのが小さな実をつけていました。
 ふと振り返ると、藤の向こうにスカイツリーがそびえていました。

|

« 羽二重団子 | トップページ | 遠足バス配車ミス »

コメント

 亀戸天神の藤まつりの取材ご苦労様でした。連休期間中は地元の根津神社のつつじ祭りのイベントが盛りだくさんなので、どうしても亀戸天神の藤まつりや、上野東照宮の牡丹まつりにまで手が回りません(^ω^)

 藪さんは数々の取材で疲れ切って今日は動けない状態です。恵みの雨でよかった。5月4日のみどりの日の、都営公園無料日の為に体力を温存しています。去年は小石川後楽園と小石川植物園を歩き過ぎてダウンしてしまいましたが、今年は軽めに、上野動物園や六義園や旧岩崎庭園へ行ってみようかと思ってます(^∇^)

投稿: 藪井竹庵 | 2014年4月30日 (水) 13時07分

 牡丹も時期でしたね。ニュースでも中継してました。期間が短いので人が多いのが困りものです。

 後楽園や岩崎庭園などの都立公園はボランティアが案内してくれるのに合わせていくようにしています。知っている話もありますが、専門の知識を持った方ですから。
 先日の横浜三溪園もそうしました。

 区立公園だとそういう方も…あ、文京区は藪先生に頼めばいいのかも。面白い区なので縄張りにちょくちょくおじゃましてます。小石川植物園もいずれ訪問するつもりです。
 その前に、今年の山開きは駒込富士を予定しています。

投稿: snob | 2014年4月30日 (水) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸の藤まつり:

« 羽二重団子 | トップページ | 遠足バス配車ミス »