« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

考証 江戸を歩く(隅田川文庫)

 読んでいて、向島の白髭神社の記事に「社殿は元治元年の造営で…震災にも空襲にも焼けず、夏なお…」とあって、一瞬とまどいました。奥付を見返すと2003年7月初版とあります。白髭神社の社殿は残念ながら、1990年、放火によって焼失しています。もう元の姿を思い出すことができません。
 それもそのはず、本書は時事通信社から1988年刊行されたものの再録です。では、なぜ隅田川文庫?(河出文庫でも出版あり)

 「江戸を歩く」のタイトルをみてひもといた本ですが、内容は隅田川河口、月島・芝浦の風景で筆を起こし、平安時代の業平の東下りを話題にします。必ずしも順に川を遡行するわけではありませんが、ほぼ江東・墨田の両区の事績を時代考証家の目で書き綴る、墨田区民必携の書であったのです。
Edoaruku

 ちなみに、巻末に近刊予定が載っていますが、そのうち「江戸たべもの歳時記」「江戸性風俗夜話」に興味を惹かれましたが、十年たった今も刊行はされていないようです。(あるいは同じように別出版社であるのかもしれません)

 隅田川を上下する水上バスでは「勝鬨橋」を対ロシア戦勝でついた名前であるとガイドしているそうですが、著者はすぐにまったをかけます。橋の架橋は昭和15年。実は「勝鬨」の名前はまず渡し船に与えられて、それを橋が引き継いだとのこと。
 その他、北斎の墨田川両岸図会や歌舞伎の鬼薊清吉などを題材にいろいろ語られます。鐘淵の名の由来には、寺の梵鐘が沈んだとする話が三種ほどあるそうです。しかし、筆者は「カネ」が曲がりを意味するので固い岩盤が川を屈曲したのだと切り捨てます。
 落語の「松葉屋瀬川」はまったく別の話があって、夫を殺されて仇を探すために遊女に身を売った瀬川は最上級の太夫に昇進、仇を見つけて遺恨を晴らすというものでした。

 百花園が完成してから都が管理する現在に至るまでの盛衰の歴史も、興深いものでしたし、桜田門外の変で井伊直助の駕籠のところで太刀を浴びて倒れた若い近習がのちに長命寺の住職となったことも驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

川崎大師の赤札

 江戸に?が付いちゃいますが。

 年寄りを動かすのに、神社仏閣は効果的です。○○神社は××将軍が○○したとこなんだって。などと誘い出すとうちの年寄りは、じゃあ行ってみっか、となること請け合いです。

 しかもそれに「特別」とかつけば効果てきめんです。こないだの寛永寺将軍墓所特別公開も大喜びでした。その辺は昔からある「御開帳」は江戸市民をひきつけること大だったことでしょう。落語「開帳の雪隠」なんかを聞いてもわかりますよね。自分もその例には漏れているわけじゃないんですが。

 というわけで、子供のころ連れてってもらって以来行ったことのない川崎大師にも行こう、とネットを見ていたら、10年に一度の本尊御開帳が目が留まりました。寛永寺も秘仏(見せない)で前立を拝む、浅草寺も秘仏(誰も見たことがない)なので、こりゃいいやと誘いました。

 都営地下鉄と京急を使えばわけなくいけます。一段低いホームの大師線に乗り換えてすぐです。川崎大師駅に昼前につきました。しかし、この駅は表参道までずっと川崎大師の横を回り込むんですね。裏の入り口ならすぐなのに。
 参道は、痰きり飴を切る「トントントン」という軽妙なリズムがいくつかの店から聞こえてきます。実際に飴を切らない時もリズムをとってます。中にはしょぼいロボットがリズムを刻みます。

 川崎大師平間寺は開基は1128年ですが、残念ながら、震災と戦災の被害はひどく、すべての建物が戦後のものです。(不動門は古いが福島県からの移築)
 本堂に入る前に短い行列がありました。回向柱が建っていて、そこから本尊に仏縁の紐がつながっています。それを握るのを待つ列でした。

 本堂に入ると、御朱印を求める列がありましたが、本尊を拝めるのはそれではありませんでした。本堂のわきのテントに数百人が待っています。しかも「最後尾」の看板はそれをはるか離れたところを指していました。

 ずっとまわって平間寺の駐車場まで列が続いています。本尊を礼拝すると、この期間に限って「赤札」という特別なものが配られるらしい。
 ちょっと並んでみるかということになって、年寄りは日差しにすこし弱りましたが、1時間強並ぶことになりました。しかし、並んでも赤札授与はあるかどうかは、他の行事の都合によるそうで、決まってあるとは限らないそうです。

 太鼓が打ち鳴らされて、今日のこの時間は有りと決まって、列が動き始めました。一まとまりごとに入れているらしい。順番が来て再び本堂に入り、奥に回り込んで本尊の弘法大師像を仰ぎ見る場所に着きました。拝めるのは、後ろに待つ人もいるので、ほんのわずか通り過ぎるだけです。仏縁を結ぶ紐はちゃんと本尊まで届いていました。

Akafuda  そこから別棟に歩いて、最後の出口で赤札をいただくのですが、お坊さん勢揃いで読経しています。こりゃ他の行事があればできないはずです。
 知らないで行って手に入れた赤札ですが、年寄りは喜んでくれました。この御開帳は五月いっぱいなのであと一週間です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

柳家の「黄金餅」

 久しぶりの…一年以上でしょうか、生落語でした。三社祭で沸く台東区は通らずに両国橋を渡って都心に入りました。

 柳家さん福で、師匠の小さんの命日のことをマクラで。世田谷で十三回忌の法要を行ったけれども、近頃はお参りに来るファンも多いようで、寺のほうで案内板を立てました。通路をつきあたって二基目なので、「柳家小さん二つ目」と。

 出し物は「黄金餅」でした。柳家が、この演目をやるとは思っていなかったのでおどろきました。古今亭か、志ん生を愛した談志の立川流かと思ってました。こうなると柳家が「酢豆腐」をやったり、古今亭が「紺屋高尾」をやる日も来るのかなぁ。

 麻布絶口釜無村の木蓮寺までのいいたてに、縁者なりの工夫があって、地名の要所要所に、「千両みかん」の「万惣」フルーツパーラのホットケーキや、「千疋屋」のフルーツバイキング、「うさぎ屋」の饅頭、和菓子の「長門」を織り込んでくすぐりにしていました。
 さすがに、言いたてのリズム感はなくなりますが、ウけてました。そして、「木蓮寺についたみんなは糖尿病…」

 生物の進化と同じように落語も演者がさまざまな試みをして、通用したものが生存していくんでしょうから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

中川船番所資料館

 木場のあたりにふらふら出かけ、ちょうど時間の良かった映画を見て、大通りを避けて西に向かいました。ふと鳥居に目が行って立ち寄ると須崎神社でした。江戸城内から元禄時代に遷座、当初は波間に浮かぶ弁天様として参詣客を集めたそうです。また、寛政の時期に高潮に襲われ地域が大被害を受けた後、それを伝える「波除碑」が残されています。
Suzakijinja

 疝気神社というものにも出会いました。疝気とは現在ある病気ではなく、落語で耳にするだけです。昔の人は神様に直してほしかったんでしょうね。

 テキトーに進んでいると、越中島貨物線の踏切に行き当たりました。
 都心からはずれているとはいえ、都内で単線の鉄路が町なかを延々と伸びているのは不思議なな感じがしてシャッターを切りました。

 砂町銀座で、息子がファンなので、まぐろメンチを買い込み、さらに西に進みます。やがては荒川に行き当たるのですが、旧中川への分岐に閘門・ロックゲートがあります。中川と運河の小名木川がわかれる場所とほど近く、荒川を作った時に水位差を克服するために作られた施設です。いっぺん通行して体験してみたいものです。

 小名木川を超えたところにある、江東区の中川船番所資料館が目的でした。このあたりに江戸時代の船荷を監視する船番所があったのです。
Funabansyo1

 入館料は200円。広くはありませんが、展示見学順路は3階からです。こういうところに行くときはミニチュア模型を期待していくのですが、いきなり番所の実物大模型に圧倒されます。
 同じ江東区の深川江戸資料館も長屋や船宿の実物再現模型が主な展示物です。実物大であるなら、深川のようにごく近くまで寄ってディテールを楽しめるとよいのですが、ここは船目線で見上げるようです。
Funabansyo2

 この階が、江戸・東京の水運を展示し、2階では和竿と釣り文化、1階はミュージアムショップ。6月までは企画展として「むかしのくらし」をやってます。民具や古い家電製品なんかですね。

 3階のはずれには展望室があり、眼下に旧中川が見えます。荒川放水路のせいで流れを替えられた中川の名残ですね。ばくぜんと眺めていたら、見覚えのある車がやってきました。
 スカイツリーや亀戸梅屋敷を起点に運行しているスカイダックです。山中湖や五十里湖でも活躍する水陸両用バスです。資料館の真下に入水ポイントがあったんですね。
Skyduck

 水しぶきを上げて川に入ると、資料館をはさむ2本の橋の間、300mくらいを行ったり来たり。やがて上がってくると土手にあるカフェ&土産屋ですごす時間をとっていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

寛永寺・特別参拝

 先日、日暮里を訪れた後、鶯谷駅南口につながる新坂をのぼり、寛永寺根本中堂まで足を延ばしました。その時、ポスターで特別参拝を募集しているのを知りました。徳川家の墓所を特別公開しているのです。

 数年前に同じく将軍家菩提寺の芝増上寺が墓所の特別公開を始めて、参拝したことがあり、日光東照宮には家康、輪王寺には家光が葬られ、それははるか昔に意識なしに見学しています(いずれ改めて伺いましょう)。また、最後の将軍慶喜のものは谷中の墓地にあります。
 だから、寛永寺の墓所も機会をうかがっていました。過去には見学会が催されたり、ハガキ抽選の見学があったようですが、今回は広く一般に公開です。しかし訪ねて行ってそのまま見られるのではなく、予約が必要とのことでやり方をうかがっておきました。

 すると、5人以上をまとめて、ホームページから申込書をダウンロード・印刷をして、各月5~7回の公開日から希望日など必要事項を記入してFaxを送り、先着順で受け付けるとのことでした。…参拝を希望する高齢者にはちとハードルが高いかと…。HPには来寺でも受け付けるとありました。

 で、GW中にまだ空いている日があったので、さっそく申し込んだというわけです。翌日には連絡をいただき、受理の印が入った申込書を返送してもらいました。

 寒い日でしたが、わくわくして再び根本中堂前に集合しました。時間になって堂内に案内され、説明が始まりました。寺内の塔頭の住職が回り持ちで案内をしてくれるそうです。

 まず、将軍家墓所参拝です。屋内だけでなく、子孫の意向もあり撮影は禁止でした。このページの写真は、たまたまBS-TBS「謎解き!江戸のススメ」で、「ぶらり探訪~寺社編」として増上寺・寛永寺の将軍墓所を筆頭に解説してくれたので、そのキャプチャです。
Tunayosimon Tunayosimon2 Tunayosihoto

 上野戦争で寛永寺の大半は焼失して、根本中堂も川越喜多院からの移築ですが、墓所にはいくつか往時のままのものが残されていました。
 初めは五代綱吉の霊廟。勅額門から説明が始まります。墓所は直前の門まで。綱吉の宝塔や門は銅葺の、今は緑青が吹いて落ち着いていますが豪勢なもの。幕府中興の祖の八代吉宗のものは、財政再建を反映して、綱吉の墓所を拡張、門はなく墓石も石造りです。
Yosimunehoto

 そして、十三代家定と、その妻篤姫の並んだ宝塔を遥拝しました。現・徳川家墓所も近くにあります。

 根本中堂に戻り、裏手にある、慶喜蟄居の間に案内されました。鳥羽伏見の戦いで敗れ恭順の意を示すために狭い二間の家屋です。慶喜は安政の大獄時にも蟄居してますから慣れていたかも…。
Yosinobuaoi

 部屋に張られた双葉葵の壁紙は、絵師が慶喜蟄居の図を想像して描いた時の背景から逆に生み出されたものというのは面白い現象でした。

 また根本中堂に戻って解説を受けて解散です。帰り道、国立博物館の裏手を通って上野駅に向かいましたが、今回参拝しなかった他の将軍のうち、四代家綱の勅額門が、道に面して残っています。
Ietunamon

 同じ道筋に輪王殿正門となっている、寛永寺旧本坊表門もその黒漆塗りの姿を見せてくれます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

遠足バス配車ミス

 岐阜県の高校の遠足でバスの配車漏れで、自演事件を起こしたJTBの社員…とうとう逮捕まで行きましたね。誰もが予想したとおりでしたが。

 ニュースの解説の中で、上司に報告して叱責されつづけることと、偽手紙を渡して報告することでは後者のほうを楽と、実行してしまう現代の傾向と断じていたのに興味を持ちました。
 ま、「隕石が落ちちゃえ」と思うのはいつの時代もあったんでしょうが。

 私の周りでも、一緒に仕事もしたことのある社員が、隣の学校の遠足バスの手配日時を間違えたことがありました。そのときのその学校の対応が実際どうだったかは聞きそびれましたが、日帰り遠足の場合は添乗員はつかないことが多いので、来ないバスで問い合わせてわかったのだと思います。

 自分に置き換えて考えれば、遠足は早めに集合するので、待ちぼうけを食らっても数十分で事情判明、教科書などを持っていなくとも授業に切り替えですね。教師のほうも授業の準備をしていないわけですが、そういうとき(急な病欠や出張)のために市販プリントも買ってあるのでそれでしのげるでしょう。

 楽しみにしていた遠足がなくなるのも生徒にとってさびしいものなので、後日設定してあげたいところで、それをするのもそれほど難しくはありません。
 苦々しい顔つきで、抗議はするでしょうがそれだけです。経済的損失も考えられないので、業者はそのままに再手配させるのではないでしょうか。次の年の入札にペナルティを科すとは思いますが。

 それがこういうことをしでかしてしまうと、逮捕・解雇となる…。

 私が当該校の教師だったら、「大人の責任の取り方」のいい教訓になると、喜ぶわけじゃあありませんが、しめたと思うことでしょう。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »