« 新卒切り3 | トップページ | 防火のつどい »

2014年11月22日 (土)

足立区の鷲神社

 日が変わって、今日は二の酉です。東京に生活基盤を移したので、一の酉の日にも浅草の酉の市に年寄りの散歩がてら出かけていましたし、埼玉から家族も来るので今夜も出かける予定です。

 新宿花園神社の酉の市など、いくつか有名なものがありますが、調べていて、足立区西新井付近にも鷲神社があることを知りました。

 さいわい年寄りはデイサービスに預け、一日フリーでした。久々に自転車で行動してなまった体にカツを入れることにしました。
 白髭橋を渡って山谷を抜け、三ノ輪から千住大橋を渡ります。そこで隅田川沿いに移動して、帝京科学大学の入り口に置かれている、千住お化け煙突の名残を眺めました。
 尾竹橋通りに入り、荒川は西新井橋で超えました。わずか5kmあまりの行程なのに怠けていた体が悲鳴を上げます。

 旧日光街道をしばらく北上して、鷲神社を見つけました。翌日に熊手の売り出しを控えているのに、小屋掛けもなくひっそりとしていましたが、市ではきっとにぎわうことでしょう。

Sh3i0018

 案内板によると、ここは古代の海岸線の近くで、地名は「島根」となっています。本殿の背後の林はその名の通り、微高地となっており、あの下町を襲った明治の大水でも水につからずに残りました。あの、百花園や堀切菖蒲園を壊滅状態にした洪水です。
 建物は代替わりをしていますが、本殿隣の小さな境内者に向かっておかれた鳥居のみ、江戸初期、享和年間の古いものです。貫は関東大震災で被災したため鉄材で補強してあります。江戸の遺構を見ることができるとは思っていませんでしたので、満足して帰路につきました。

Sh3i0019

|

« 新卒切り3 | トップページ | 防火のつどい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足立区の鷲神社:

« 新卒切り3 | トップページ | 防火のつどい »