« 足立区の鷲神社 | トップページ | 愛宕山をのぼりきって志ん朝を聞く »

2014年11月26日 (水)

防火のつどい

 酉の市に向かう、台東区l循環バス「めぐりん」車内で広告に気づきました。これから乾燥した時期を向け、各署で啓蒙活動「防火のつどい」があるようです。功労者の表彰。火災の予防にも消火にも地域の人間の協力は不可欠です。報酬を出せない代わりに表彰するのは、役所の常套手段ですが、大切なことでしょう。
Boukaposter

 ついでに講演会もよくあること。ただし、浅草消防署と日本堤消防署の防火講演講師は、噺家です。浅草署は春風亭一之輔、日本堤のほうは一朝となっています。この「講演」は落語-火事に関する-にちがいない。浅草署のほうは終わっていたので、塾の日程を変えて日本堤署のほうに、今日いってきました。

 会場は台東生涯学習センター。中央図書館と同じ建物です。入り口には消防署の方が受付を。招待者かきかれ、ちょっと気が引けました。でも、広告には「おいでください」あったのだと、足を踏み入れると来賓とは別に、一般の受付があり、「区外」の分類で歓迎してもらえました。
 ホールの入り口には、時節柄、熊手が飾り付けられてました。台東区なのでパンダ、そして消防署関連の飾りは署員手作りだそうです。
Boukakumade
 あいにくの雨でしたが、場内はいっぱいでした。表彰式と、来賓あいさつ。署長が一人、火災現場に出動中で不在との紹介にはさすがと思いました。。

 やはり、講演会は「火災予防落語」です。前座時代の稲荷町のエピがマクラです。私のような落語目的の不埒な人間とちがい、一朝の登場にもざわつきがつづいていた会場も、前座時代に稲荷町に通い、餅カビ、痛む足と反対も同い年、アーモンドチョコの種、のおなじみの話が、しっかり客をつかんで引き込んでいます。
 場所柄、廓噺もありかとも考えていましたが、マァ「火事息子」をたっぷり(14:10- 15:58)。楽しみました。
 終わると主催者から賞状と花束を授与されたのは、驚きました。まさかのノーギャラ?

 休憩をはさんで、消防庁音楽隊の演奏。クライマックスの美空ひばりメドレーとアンコールの東京ブギウギには会場がわいていました。
Boukacon_2

 これが無料とは、味をしめて来年もあるようならと、ずうずうしく考えました。出口で、防火メッセージの入ったお土産をもらったのは悪かったかなぁ。
Boukamiyage

|

« 足立区の鷲神社 | トップページ | 愛宕山をのぼりきって志ん朝を聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防火のつどい:

« 足立区の鷲神社 | トップページ | 愛宕山をのぼりきって志ん朝を聞く »