« 羽子板 | トップページ | 浅草名所七福神 »

2014年12月24日 (水)

雑司ヶ谷 鬼子母神

 都内の紅葉はあまり鮮やかでないように感じます。あちこちの桜が枯れた色に変わったからでしょうか。でも、銀杏(東京都の木)の黄色はどこに行っても鮮明です。その銀杏ももう散りかけて、紅葉もおしまいです。

 その紅葉がまだ盛りだったころ。

 下町の人間にとって、鬼子母神は地口「恐れ入谷…」の入谷鬼子母神なのですが、ちょっと遠出して雑司ヶ谷まででかけました。こちらは鬼じゃなくなったので、字も角が欠けているんですね。
 一人だったらもちろん自転車なのですが、年寄り連れの散歩なので、地下鉄で移動です。乗換の少ないコースを選んだので、半蔵門線-副都心線と遠回りになりましたが、両線とも深度が深く、乗換がしやすかったのはラッキーでした。

 地下鉄から上がって少し歩くと、都電の鬼子母神駅前です。駅から見ても木がこんもりとしています。
 参道入り口からすぐのところにある、三遊亭好楽の娘さんのやっている店でたい焼きをいただきました。
 参道は並木となっていますが、ここは樹齢はさほどではないように見えます。

 それより境内に入ったすぐの銀杏の大きなこと!幹周りは8mにおよび、樹齢は推定600年。にもかかわらず樹勢は盛んで、衰えを知りません。
Kishiicho

 そして奥の鬼子母神堂は戦災に合わなかったと見えて、古い建物が残っています。そして境内入口の駄菓子屋がすごい。上川口屋は売っているものこそ今の駄菓子ですが、創業230年になる日本最古の駄菓子屋です。
 七五三で訪れた子供たちも千歳飴よりはこの店に興味津々の様子でした。
Kishikashi


 境内のもう一つの店でも団子を売っていて、大人はこちらの店内でお茶を飲んでました。この「おせん団子」は日暮里の羽二重団子の出店です。

 あてもなくぶらぶら散歩を続けると、近くには大鳥神社があり、ここでも酉の市が盛大に開かれるようでした。

 そのまま都電の線路を超えると、雑司ヶ谷の都営霊園。今回は通り過ぎるだけでしたが、ジョン万次郎・荻野吟子・大川橋蔵などの著名人の墓所であるそうです。万次郎は尊敬する人物の一人なのでまた自転車で出直すことにしましょう。

|

« 羽子板 | トップページ | 浅草名所七福神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑司ヶ谷 鬼子母神:

« 羽子板 | トップページ | 浅草名所七福神 »