« 雑司ヶ谷 鬼子母神 | トップページ | 首尾の松と時の鐘 »

2015年1月 4日 (日)

浅草名所七福神

 七福神の楽しさに目覚めてしまったので、今年も挑戦しました。いくつも候補はありますが、今回は浅草名所(などころ)七福神にしました。

 寺社がまとまっていないと七福神めぐりは成立しません。だから埼玉の田舎のほうには近くにありませんし、地方の友人に聞いても知らないそうです。
 これを巡るのも、コンプリートしたいという欲求がそうさせるのでしょうから、昔の寺院も考えたものです。

 ひとめぐりしてみて昨年の下や七福神ほどは人を集めていないようです。まあ浅草寺と浅草神社は予想通りの人出でしたが、普段から名の通っているところ以外は参拝の行列も短く、下や七福神ほど人を集めていないなと思いました。

 年寄りの散歩を兼ねての行程ですので、台東区のめぐりんの一日乗車券を使いました。そのめぐりんが浅草駅周辺をルートから外していましたので、最初は待乳山まで歩くところから始めました。この山の上り下りは年寄りには斜行エレベーターを使わせました。
 参拝して本殿に上がるとお屠蘇の振る舞いがあってごちそうになりました。

 次は並びの今戸神社。ここは列がいっぱいだったので脇から拝むだけにして、ここではじめてバスに乗りました。
 この七福神は9カ所を巡ります。二つ並んだセットが4カ所あります。

 つづくセットの橋場不動はひなびたいいお堂です。石浜神社も墨田区から白髭橋を越えてすぐのところです。前に来ていてもよかった。

 まためぐりんに乗り、鷲神社と吉原神社へ。さすがに鷲神社は長蛇の列でここも脇から拝むだけで済ませました。

 北めぐりんと東西めぐりんは本当は浅草駅で乗り継ぐのですが、混雑でルート変更。浅草寺裏で降りて国際通りまで移動します。その際に浅草寺の2カ所は裏から拝むのみ。

 最後の一か所は歩けばすぐなのですが、一日乗車券でもあり、あえて東西めぐりんで時間をかけて上野経由で谷中まで行きました。少し散歩してお茶をして。いつもは混まないお店も今日は外まで行列ができていました。

 再びめぐりんで大回りして浅草に戻ります。矢先稲荷神社は、深川に移転する前、浅草にあったころの三十三間堂の鎮守のみが残されたもので、七福神めぐりがなければ気づかなかったことでしょう。

 最後にまた、めぐりんに乗ると、交通規制がとけて、バスは浅草駅前に乗り付けました。

 自分だけで自転車を使えば短時間で済んだのでしょうが、のんびり冬の晴天を楽しみました。

 

|

« 雑司ヶ谷 鬼子母神 | トップページ | 首尾の松と時の鐘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草名所七福神:

« 雑司ヶ谷 鬼子母神 | トップページ | 首尾の松と時の鐘 »