« 小村井の梅園 | トップページ | クラウド »

2015年2月27日 (金)

江戸幕府の財政政策

 最近、ちっとも本を読んでいません。   
   
 BSで、「松平定信が通商を求めたロシアに対し柔軟で巧みな対外交渉を行い、彼の政権が短命でなければ幕末動乱はなかったのでは?」という趣旨の番組がありました。    
愛読の「風雲児たち」という創作の中の定信像がとても優れて凡庸だったのでそれに引きずられた定信評価を持っているので、本当なのかという会議の気持ちで番組を見ました。    
   
 ん~、ちょっと過大評価かなという印象です。寛政の改革・天保の改革は改革という前向きな意味合いはまったくなく、単なる反動におわったという認識なので、なんか番組では、まだまだ納得できませんでした。    
   
 そこで定信研究が何かないかなとWEB検索で見つけた「甲斐素直の家」という日大法学部の先生のHPをよっぴいて読みふけりました。HPのトップから随筆―随筆―歴史随筆とちょっと改装が深いところにあるので見つけにくいかもしれません。   
甲斐先生は会計検査院の出身でもあるので、説得力に富み、難しい話をかみ砕いて説明してくれています。    
 定信だけでなく、江戸時代の財政政策を通史的に解説し、その時代の為政者がいかに近視眼的に物事をとらえ、幕府が崩壊に向かうのは歴史の必然であると再確認しました。特に「財政」がわかってないから、家康時代への回帰を志向するものでしかない。   
   
 今回目あての定信の外交政策について書いてありませんでしたが、曲がりなりにも近代経済への脱皮を目指した田沼(彼の限界も指摘してあります)の改革を潰した時代錯誤な人が開国を目指しリーダーシップをとるというのは考えづらいと再確認しました。   
   
 いつであれ、リーダーには本当に有能な人が必要なんだなあとを痛感しました。果たして現在は?

|

« 小村井の梅園 | トップページ | クラウド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸幕府の財政政策:

« 小村井の梅園 | トップページ | クラウド »