« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月24日 (火)

埼玉県立図書館

数日前に、登録者へメールが届きました。年度末をもって県立浦和図書館が廃止になります。いや、驚きました。県レベル、しかも中心たる浦和(現さいたま市)のものが閉鎖となるとは。過去には県立川越図書館も廃止になったことがあり、どんどん不便になっていきます。   
   
落語聞き集めを始めたときに、まっさきに登録したのがこの図書館でした。地元公立図書館ではほとんどなかった落語CDを借りるために。   
   
埼玉県では浦和・熊谷・久喜の3館で収蔵品を分担保管しています。落語書籍は主に久喜、落語レコード・テープは熊谷、落語CDは浦和に置いてありました。書籍は地元でも予約して、貸し出しを受けられますが、視聴覚資料は転送してくれないので、NHK落語名人選をはじめとして借り出しに行ったものです。
Urawa     
   
建物の老朽化・耐震性不足が原因です(他の県立図書館も決して新しくはないので心配)。収蔵資料は熊谷図書館なのに振り分けるそうですが、便が悪くなりました。駅から歩いて行けるのは浦和だけだったのです。   
   
埼玉県は、一部の公立図書館は県立から視聴覚資料を転送してもらえる契約(?)になっています(実際に近隣に転送してもらったこともあります)。ところが地元図書館にはそのシステムが周知されていないので、断られてしまいます。こりゃ粘り強く変更を申し入れなきゃいけないですね。

------------------------------------------------------------------
追記

地元図書館に確認に行きました。なんと何か月も前の(おそらく)私の申し入れで、視聴覚資料も県立図書館からの移送ができるようになっていました。
ただし、ネットからの予約はできず、来館しての紙ベースだし、県立では5枚借りられるところを地元の2枚までの制限がかかってしまいます。でも一歩前進です。

都立図書館がやってくれるといいんですけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

香取神社の亀戸大根収穫祭

残念な転機でしたが、午前中に雨が小やみになったので、亀戸の香取神社に散歩に行きました。ここは亀戸天神の並びにあり、亀戸駅からと小村井駅からで同じくらいの距離にあたります。   
こないだの小村井の香取神社のほうが由来が古いですが、現在は亀戸のほうが境内も広く、年中行事も盛んです。門前の商店街も現存します。スポーツの振興神様として知られ、絵馬もそういう関係の願掛けが多くみられます。   
Kame_daikon1
   
そして、この日の目あては、亀戸大根のお祭りです。近年は「江戸野菜」も見直されていてます。小松菜はいまでも関東地方で愛され、生産が続いていますが、谷中生姜や目黒の筍なんかはその地での栽培は途絶えています。   
香取神社境内には亀戸大根の記念碑もあり、収穫祭に続いて「福分け祭り」がとり行われ、来場者に亀戸大根・大根味噌汁・大根まんじゅうがふるまわれます。
Kame_daikon3      Kame_daikon2
   
亀戸大根は、幕末ごろに盛んに当地で栽培された野菜ですが、香取神社付近が中心地でした。百花園や梅園が壊滅した明治の洪水に代表されるように荒川による災害の裏返しで、肥沃な土壌が流入していたのです。   
小ぶりな品種であることや城東地区の宅地化によってほとんど消えていました。   
料亭と契約農家の努力で、中川河畔の畑で生産が続けられましたが、アブラナ科なので異種交配がたやすく、他の花粉がつかないように細心の注意を払って栽培されています。その畑を見学に行ったこともあります。   
   
神社付近の小学校が種を分けてもらって栽培体験学習を続けていて、この収穫祭に提供しています。   
並んでいる間に雨が強まり濡れてしまいましたが、3回行列しておいしくいただきました。   
持ち帰った大根は夜も味噌汁にしましたが、普通のダイコンと比べて味が強く、美味でした。
Kame_daikon4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

クラウド

埼玉と東京を数日ずつ交互に過ごすようになって、パソコンのデータの移動に何度か失敗しました。SDカードに当座のデータを入れて持ち運んでいたのですが、場所を変える時にうっかり忘れてしまうのです。授業の準備はどちらでもしなければならないし。

本当は家庭内のネットワークドライブに外部からマウントできればいいんです。自宅じゃどのマシンからも同じパス名でファイルを指定できるんで、そんな風に使いたい。でも代々使ってるのが、アップ・ダウンロードができるファイルサーバ的な扱いしかできないんで、たくさんのファイルをいじると、動機が面倒くさい。(ただし、jpgとmp3ならダウンロードしないで展開・ストリーミング再生をしてくれるのでサーバの音楽ファイルはwmaだったのをすべてmp3に変換しました。これで落語を聞く習慣が戻ってきました。)

そこで遅ればせながら無料のクラウドを使うことにしました。とりあえず、マイクロソフトのOneDriveで、クラウド経由で各マシンのローカルにファイルを保存するんで、どのファイルが書き換わったか気にする必要がありません。特にファイル名の変更も勝手に処理してくれるのはすばらしい。同期さえすんでいればネットワークのない環境でもいじれるのが利点です。ただしその裏返しで各マシンのHDDリソースを消費してしまうのは弱点ですし、同期のタイミングも思ったよりも遅い。
でもまあ、個人で使うくらいなら無料分で済むのでもっと早く使っとけばよかった。でも組織を離れちゃうと、ITの新しい情報が流れてこないんですよね。
今じゃ学校でもパソコンをきちんとつかえているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »