« 浅草の流鏑馬 | トップページ | 増上寺の宝物殿 »

2015年4月27日 (月)

根津神社のツツジ

新緑がまぶしく輝く季節に変わり、花の主役も交代です。あちこちの街路樹の植え込みにもツツジが満開ですが、名所の根津神社に行きました。   
何度も言ったことはあるのですがこの季節は避けていました。    
   
年寄りもいるので自転車はなしです。鉄道で行くと乗換が面倒なのですが、今は浅草から台東区のコミュニティバスで一本で行けます。そういってもコミュニティバスなのであちこち寄って遠回り、時間もかかるし最寄停留所は千駄木駅になります。それでも乗換がないのは気が楽です。    
   
メトロ千代田線千駄木駅はこのあたりでは不忍通りの下をとおっていますが、古地図を見ると、その不忍通りは江戸時代には千駄木には通じていませんでした。不忍池から根津神社までの参道だけです。    
   
だからということではないのですが、団子坂を上がって、汐見坂へと左に曲がります。そこは藪下通りといって、昔から動坂のほうまで続く道だったようで、のちには森鴎外も住居を構えて、現在は記念館になっています。崖沿いに根津神社の裏門まで歩きます。    
崖下には汐見小学校など、おそらくかつては海が臨めたのだろうと想像させます。    
   
さすがに神社は人でいっぱいでした。本殿参拝にも行列ができていました。肝心のツツジ苑も、この時期は有料にもかかわらず、通路には人が数珠つなぎに行列を作っています。つつじが一望できるようにと斜面いっぱいに植えられていますが、その坂も年寄りにはつらいだろうと外から眺めるだけにしました。    
Nezuazarea
代わりといってはなんですが、臨時の甘酒、酒饅頭の店が開いていて、池に面した席でお茶も振舞っていたので、6個入りひと箱を買って、半分ずつ食べちゃいました。このまんじゅうはどこから持ってくるのでしょう?
その席からはつつじ苑は見とおせず、池の周りの何本かの植込みがあるだけでした。
Nezumanju     
   
表門から、不忍通りに出ると、千駄木には戻らず、そのまま動物園、不忍池へと抜けてまたバスに乗って帰りました。

|

« 浅草の流鏑馬 | トップページ | 増上寺の宝物殿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根津神社のツツジ:

« 浅草の流鏑馬 | トップページ | 増上寺の宝物殿 »