« 葛飾区立 郷土と天文の博物館 | トップページ | プール開き »

2015年6月20日 (土)

江戸川区へ

梅雨の晴れ間。この機会を逃さず自転車を繰り出すことにしました。たまたま昨晩チケットぴあの自動メールが江戸川区主催の落語会を知らせてきたからです。以前申し込んだことがあるから、北とぴあの一門会のお知らせが来るのですが、今年はこないうちに完売となっていました。   
江戸川区のは9月の会で、小三治と扇辰と一琴の顔ぶれ。ちょっと高いけど人間国宝となった後の小三治を一度は聞いておいてもよいか。   
   
江戸川区のHPを見ると、会場の窓口販売は9:00からで、ネット販売は10:00から。江戸川区のサポーターには一週間前から発売していることがわかりました。アイドルではないから瞬時売り切れということはないと思いますが、直接行ったほうが確実みたいです。で、朝になったら誘うような青空。   
   
江戸川区に自転車で行くのは初めてです。墨田から荒川を木根川橋で越すと葛飾区、川沿いに平和橋通りを南下しました。やがて新小岩駅を過ぎるとすぐに江戸川区の看板が見えました。交わる道がことごとく斜めなのは荒川が放水路として掘削された後に並行してつくられた道なのか。   
   
江戸川文化センターには思ったより早く30分で付きました。ドアを入るとすぐに整理券を渡されました。5番です(歌舞伎など他にも同じ日に前売りがある)。なんでもチケットは100枚だけ残っているのだそう。時間が来て順番にチケット購入、落語会としては3番目でした。10数人しか並ばなかったので、ネット販売も十分にあったことと思います。   
   
さて、目の前が江戸川中央図書館です。図書館で借りられるだけの落語音源は借りつくしたのですが、そういえばテープだけでCDで聞いていないの志ん生音源が江戸川区にありました。   
クラウン廓噺・艶噺「坊主の遊び」です。CDのほうが音がよい保証はありませんが、せっかくここまで来たのだからと、カードを作って、どうせなら借りて帰ろうと所蔵する小岩図書館にさらに足をのばしました。   
   
3年前に移転したというのにタブレットのBingの地図では昔の場所を示して迷わされましたが無事に借りて、今度は奥戸街道を通って帰りました。   
潮の加減か昨日までの雨のせいか、中川も綾瀬川も荒川もあふれるような水を流していました。   
   
久々のブログ本筋の話題でした。

|

« 葛飾区立 郷土と天文の博物館 | トップページ | プール開き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川区へ:

« 葛飾区立 郷土と天文の博物館 | トップページ | プール開き »