« 続・故障 | トップページ | 核の夢 »

2015年8月 2日 (日)

西新井大師

暑さがちょっぴりだけ緩んだ時に、西新井大師に出かけてきました。テレビで「風鈴まつり」というのを紹介していたのがきっかけです。   
   
ここは西新井駅から支線の大師線に乗り換えます。一駅だけの区間なので大師前の改札は解放されています。代わりに西新井駅の乗り換え口に自動改札が置かれ、往復ともここで清算されます。これで大師前駅が無人になります。
Nishiarai_st    
   
西新井大師(総持寺)は江戸名所図会にも取り上げられていますが、周辺には田畑ばかりです。わずかに参道に並木が描かれてはいますが、山門前の茶店が一軒ポツンとあるだけで郊外の行楽地の様相です。   
   
駅からは参道を通らず近回りできますが、そちらに新しい山門ができてました。図会にもある泉水が当時のままの場所にあるのかはわかりませんが、その手前に入ります。   
「風鈴まつり」はいくつかのテントがコの字に並び、その下に全国各地の500を超える風鈴が揺れています。即売もされていて中には5万円を超える切子の風鈴もありました。地域の催しといった体で、のんびり眺められます。
Nishiarai_furin  
   
弘法大師創建とされるこの寺は戦災を免れましたが、昭和半ばに本堂を火災で失いました。参道へ開いた山門が江戸後期のまま残っています。近くの塩地蔵(功徳のある塩をいただき、倍の塩をお返しする)も江戸のままのようです。
Nishiarai_mon    Nishiarai_siojizo
   
山門を出ると両側に名物草団子を売る店が競うように試食を勧めいるのはテレビでおなじみです。山門から見て左側が江戸から続く店。図会の店はこちらでしょうか。   
そして参道が街道に交わる入口あたりにも両側に二軒。和菓子屋と料理屋が草団子を提供しています。こちらは売り子の呼び込みはありません。   
   
四軒を食べ比べるのも一興でしょうが、当方、違いが判る繊細な舌は持ち合わせておりません。   
昼食に今評判のいなりずしを食べて帰りました。

|

« 続・故障 | トップページ | 核の夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西新井大師:

« 続・故障 | トップページ | 核の夢 »