« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

月見団子

季節の行事を家でやらなくなってどれくらいになるのだろう?   
   
正月のお節は、今の生徒に聞くと餅さえ食べなくなっているそうです。盆・彼岸のぼた餅は老母が何とかこさえますが、月見の団子は子供のころに亡き祖母の家で供えていた記憶があるくらいです。   
   
ご近所の向島百花園で、月見の会があるという吊り広告で知って、土曜のアド街でやったのもその時期だからだとわかりました。   
昨夜は予報では条件が悪かったのですが、夕方から急に晴れあがりました。夕焼けを見ながら年寄りを連れて散歩に出かけました。   
   
百花園の門の前には人だかりがありました。お茶会のチケットを求める人たちで、ときおり流して来るキビ団子屋台も腰を落ち着けて客を寄せていました。   
ゆっくり歩いたので、入場後すぐにくぐった萩のトンネルも暗闇の中でした。その手前のちょっとした広場に月見団子とススキのお供えがありました。   
Tukimidanngo

のんびり庭内を一周すると、琴の演奏と絵燈籠の点灯が始まるところでした。茶屋の前にはテーブル席がしつらえられ、言問い団子が店を出してます。そのころには月も晴れ渡った空にぽかりと姿を現します。都内でもビルなしに月を眺めることができました。
Tukimi
    
それまで「疲れた・帰る」と愚痴を言っていた年寄りも絵燈籠に興味を示し、後をついて庭を戻って、点灯に参加しました。   
   
今夜はスーパームーンだそうですが、月見の会も今日限りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

一個人(KKベストセラーズ)とサライ

小学館のサライと性格が似ているでしょうか。大人の趣味を扱った雑誌です。雑誌HPのブログで落語に関する記事を連載しているくらい関心はあるのですが、落語を特集したのは2度ほどのようです。   
   
Ichikojin
そのうち2009・5月号「落語超入門」の付録に圓生「盃の殿様」、文楽「厩火事」のCDをつけています。どちらもTBS音源ですが、これ以外市販されていないはず。TBSラジオは毎年、らんまん寄席でなにかしら独自音源を出してきますが、どこまで隠しているのでしょう。    
   
さて、私はこの号を借りて聞いたはずですが、(そのころは雑誌の処分の知識がなかった)今となっては、市町村単位では残っていない可能性が高い。    
そこで、都道府県立図書館をサライ5冊(ABCDE)も含めて調べてみました。CDの有無は明言しているところは少なく、付属しないかもしれません。していても、試聴できるかどうかは調べていません。    
また、当然、今後の処分も考えられます。

  サライ 一個人 貸出し
北海道 ABCD × ×
青森県 × ×  
岩手県 × ×
秋田県 × OK
宮城県 ×
山形県 E × ×
福島県 × ×  
群馬県 × ×
栃木県 × ×  
茨城県 × OK
埼玉県 ×
千葉県 × ×  
東京都 ×
神奈川県 × ×
新潟県 ×
長野県 × ×  
山梨県 × OK
静岡県 OK
富山県 × ×  
岐阜県 × OK
石川県 × ×
愛知県 × ×  
三重県 × ×  
和歌山県 × ×  
奈良県 ×
京都府 × ×  
滋賀県 CDE × OK
福井県 OK
大阪府 × ×  
兵庫県 × ×  
岡山県 OK
島根県 × OK
鳥取県 CDE × OK
広島県 × ×
山口県 × ×  
愛媛県 × ×  
徳島県 × OK
高知県 ABCD × OK
香川県 × ×
福岡県 × OK
佐賀県 × ×  
長崎県 ×  
大分県 ×  
熊本県 × ×
宮崎県 × ×  
鹿児島県 × ×  
沖縄県 × ×  
 

一個人の購入がこれだけ少ないとは思いませんでした。北海道など該当する1年分が抜けているという惜しい状態。静岡・岡山・福井の3県が全部あって貸し出しもしてくれる好条件です。   
   
雑誌の貸し出し可否は図書館の判断だと思います。
雑誌は後で買うことが楽ではありませんから、一定期間後はCD付きで貸し出すことを禁じているのなら、出版社は認めていただきたい。でなければ出遅れた人は接することができないし、音源のほうも埋もれたきりになってしまいます。
小学館とかの人にぜひお願いしたいところですね。   
   
さて、新しいサライの圓生のほうですが、最新号が出て貸し出しが許されて1週間、順番が回ってきました。   
借りて、アポロン音源と比べると、まず時間が3分ほど長い。冒頭から「引き続いて」と(上)の続きを示す言葉がカットしてありました。   
そしてしばらくすると主人公が施しを決心したくだりで、「まあ、今はいい塩梅に乞食というものはなくなりましたが、あたくしの子供時分には一ンちに、まあ少なくても二三人ですね…」と当時の乞食事情がすっぽり抜けていました。あと細かい咳払いなども復活しています。   
   
他の演目もこのように復元されているとしたら、CDブックは楽しみになります。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

アクティベーション

いやあ、年甲斐もなくヒートアップしてしまい不愉快でした。   
   
メインのデスクトップ一体型PCは、結局バックアップしたC:ドライブのイメージが破損していると結論しました。    
3回リカバリしましたが、そのたびにチェックディスクで引っかかってのちに起動しなくなる…   
あるいはSSDに故障が?と疑いました。そこで交換を企てる前にHDDで試すことにしました。2Tの2inch。安くなりましたね。これを外付けケースに入れて、イメージを展開したところ、これもチェックディスクに引っかかります。   
   
ソフトでイメージの検査をしても問題がないので、おそらくは、イメージを作る前の古いHDDの時にエラーを含んでいたのでしょう。    
   
SSDにさらに古い、3年前のイメージをリカバリしてみました。ライブラリやメール保管場所など最低限のチューンを済ませた時点のものです。これでだめならサラからになりますが、やってみる価値はあるでしょう。    
   
そのあと、以降のソフトの再インストールと設定、そしてwindows updateの再起動地獄を耐えました。インストール時にシリアルが必要なものはしかたないですが、もっと面倒なのはメーカーのサーバとやり取りしてアクティベーションが必要なもの。特にアンインストール前にディスアクティベーションの手順が必須なものは、その手順を進めることが不可能ですから、やっかいです。不安定な状態で、1本成功、1本失敗しました。これは再インストール時に電話連絡が必要です。   
   
最後に残ったのが、データ復元ソフト。一度も使ったことがないですが、過去に1度デジカメデータを失った時、3種類購入して、そのうち気に入った「完全復元Pro」を継続して安心材料にしようと、何度かバージョンアップしたものです。   
ライセンスカードはきちんと保管してあり、手順通りにオンラインアクティベートをすすめます。   
   
しかし、アクティベーションコード再発行の段でそれ以上進みません。インストールできずに体験版になってしまいます。   
問い合わせフォームで質問しましたが、返事がどこかへまぎれたか、10日以上たったので、サポートに電話しました。   
   
やはりつながりにくい。ようやくつながって言われたのは、「アクティベートは3回まで」だということです。それ以降はインストール不可なので、CDから起動して使うように。   
ところが、HPの最新版の記事を見ても、私の古いのの使用許諾契約をみてもそんなことは書いてありません。「仕様です」といわれたって、これは納得できませんでした。   
   
逆に使用許諾には、PCにインストールするように、同時に使わなければ何台で使用してもOKとあるほどです。   
   
頑としてインストール再許可を求めたところ、最後はのみましたが、不毛な時間でした。   
HPや許諾契約に3度までって、ちゃんと書けよ!と…書かないのは含むところがあるんじゃないかなぁ。JUNGLEさんよ。   
   
こういうのが面倒だからイメージをバックアップしてるんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

圓生人形町末広CDブック

コメントで知らせていただいた、小学館のCDブックですが、問い合わせメールしたところ、さっそく、ていねいなお返事をもらいました。
以前にユーキャン他に質問をした時もそうでしたが、すぐに対応してもらえるのは素晴らしい姿勢です。

発売日が10/9に変更になったところ自動的にHP情報が削除されたとのことで、今は表示されているそうです。
Ensyocdbook

圓生については、以前にEMIから、「The小さん」、「The正蔵」とDVD付CD(変な表現ですが)が発売された時、「The圓生」も予定になっていたのが、いつの間にか消えていたことがありましたので、ヘンに気をまわしてしまいました。

「図書館でどこまで手に入れることができるか」が、いつの間にか命題になってしまった私としてはその先にハードルが残るのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

台風と人間国宝

前売りチケットを買っておいた当日になりました。自分にとっても久々の生落語です。自転車で江戸川区まで行く気満々でした。早くから寄り道なんかしたかったのですが、この天気ではどうしようもありません。駅に向かった時は小降りになって、小岩駅では止んでいました。だからバスに乗らずに長い商店街を歩いて抜けました。   
   
歩けばそれなりにまた発見はあるもので、会場わきにながれる親水公園はもともと小松川の暗渠のあとにできたものですが、すぐ近くの香取神社は小松菜を奉納するようだし、その隣には小松菜屋敷がありました。またゆっくり寄ってみましょう。   
Edogawakatori
   
今回の落語会は、人間国宝指定後初めての生小三治が目あてですが、他の顔ぶれも扇辰、一琴とよくまるまる楽しみでした。会場ロビーで売ってたカツサンドを買って寄席の気分で座席で食べてしまいましたが、会場内で飲食しないでとアナウンスがあり、バツが悪かった。   
Edogawasogo  Edogawarakugo_3
   
前座さんの口開けの後、扇辰は江戸っ子のタンカが心地よい「三方一両損」、そして一琴は「夢八」。どちらも口を開くと「少し我慢すればお目当て」といってましたが、どちらにも待ってましたの声掛けをしたい気分でした。特に「夢八」は上方種で、だまされて首吊りの番をする男の噺ですが、とても出来がよく大爆笑の連続でした。もしかしたら噺は知ってますが、聞くのは初めてだったのかも。見るのは間違いなく初めてで、マンダラ(手ぬぐい)を首吊りの紐に見立てるのは記憶にありません。大うけでした。こりゃ帰ったら音源を探さなくちゃ。   
   
お仲入りのあと、小三治登場。マクラで扇橋の俳句の会のことを話し始めて「どうでもいいですね」と話題を変える…。と見えて、自作の句、「セイヤよりワッショイが好き神輿かな」を紹介する。つまり江戸の祭りの掛け声につながります。江戸三大祭の歴史から、ミツワ石鹸CMを口ずさんだりと寄り道しつつ、ようやく四神旗の話が始まったので「百川」かと思いましたが、また昔飛鳥で見つかった古墳でNHKが胃カメラの太いので探査したら壁に四神が見つかったと本編にはなかなかたどりつきません。「高松塚」の名は出てこなかったですか。   
でも小三治だからというバイアスはかかってるんでしょうが、噺にちょっと疑惑の間があっても、何を言っても、言い間違えでさえも、おもしろい。私を含めて観客はいちいちうなづきながら笑い続けました。   
まだまだ楽しませてくれ続けるでしょう。   
   
6:30開演で、9:00までたっぶり。満足して会場を出ると外はまた大雨で、やっぱり自転車は無理だったなと納得して帰りました。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

サライ(小学館)

雑誌サライが今月号で落語特集を組んで、付録CDに圓生の高座を収録している、というのを「落語はろー」のブログページで知りました。   
Sarai

雑誌は発行ひと月は図書館での貸し出しをしません。CDの試聴ができる館も多くはないので、解禁になるのを待ちます。    
   
これまでもサライといえばたまに「落語入門」号を発行して、落語CDをつけてくれました。    
2007/2 金馬:やかん・小さん:長屋の花見・松鶴:ひとり酒盛り    
2007/12 小三治:千早振る・うどん屋、円窓:寿限無    
2008/6 小さん:時そば・粗忽長屋・狸賽    
2008/12 志ん生:鮑のし、文楽:厩火事、正蔵:火事息子    
2009/10 志ん朝:三枚起請 (ただし「俳句入門」号)   
このうち、太字の高座が未市販でした。    
   
図書館は保管期限を区切って2年から3年で雑誌をどんどん処分します。書庫にも限りがあるのでやむをえません。私は古いものは県立熊谷図書館で閲覧しました。ここはCDも試聴器がおいてあるのです。都立図書館にも創刊号から保存されているので、都道府県レベルなら他にもあるでしょう。   
   
今回の圓生「ちきり伊勢屋」は過去にアポロンからテープで発売されていたものだそうです。それは借りて聞いたことがありますが、きっとノーカット版でしょう。音質は確実に上回るでしょうね。さらにこれは、10月に発売の圓生CDブックの先駆けだそうです。そちらとは全く同じになると思います。   
   
で、とりあえず借りて聞いてみたい。東京都・埼玉県の地元の図書館で現物を視認すると”CD無し”の表示が!   
あわてて近隣を検索して、実際に足を運んで確認しました。そちらには付属するようでしたので、係の人に促されてその場で予約だけ入れました。解禁後でないと予約を受け付けないところもあるので、先んじたかとちょっぴり安心しました。   
でも予約が済んで、12番目であると知らされました。行動が遅かった。

一人が2週間借りられ、フルに借りないにしても、順番がまわってきてすぐに取りに行けないかもしれない。その取り置き期間も考えて、6か月くらい?と見積もりました。   
しかし帰宅してネットで予約を確認して胸をなでおろしました。一つの自治体で10冊近く購入してました。だから実質2番目とみなしていいでしょう。あまり待たずに済みそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »