« 深川江戸資料館 | トップページ | 民営図書館 »

2015年10月19日 (月)

日本堤

自転車で出かけるにはよい季節、と乗り出したら桜橋を渡るころにはシャツを一枚脱ぐくらいになりました。   
隅田川を渡るとそこは山谷堀の入り口。そのまま日本堤に向かいました。紙洗い橋のすぐ近くに日本堤消防署がありますが、そこが目的地です。   
   
10月も半ばを過ぎたのに来月に控えた「防火のつどい」の内容が発表にならないので、体を動かしがてら確かめに来ました。台東区内の浅草消防署ととこの日本堤消防署の二つが例年、「つどい」の中で防火落語を汲んでいて去年初めて気が付いた次第です。   
   
浅草署のほうはHPでとっくに発表されていますが、こちらがいくら待っても情報が出てこない。署員の人が外に出ていれば聞くこともできるだろうと軽い気持ちで。   
署の建物の正面に着くと、すぐにポスターが見つかりました。これで両署の予定がそろいます。   
   
日本堤署:11月11日(水)1:30 生涯学習センターホール 立川談幸出演   
浅草署: 11月12日(木)1:30 浅草公会堂 立川左平治出演   

Firestation
   
図書館で落語音源と公共機関の無料落語は自分の中で何か似通っている気がします。落語パートだけを聞くのだけでは気が引けるのであいさつとか表彰とかもちゃんと参加しようと思います。   
   
少し移動して吉原大門から衣紋坂に入りました。微かに勾配があるような気がします。そのまま吉原を国際通りまで抜けると、鷲神社です。もう酉の市に向けて熊手売り場のパイプが組まれていました。   
今年は三の酉まであるんですね。   

|

« 深川江戸資料館 | トップページ | 民営図書館 »

コメント

 「山谷掘」・・・いい地名ですね。「夢金」に出てきます(^∇^)

 今年は足が痛くて根津千駄木下町祭りの不忍通りふれあい館の立川流の落語会に行けなかったのですが、協会に属していないフリー団体の立川流と旧圓楽一門は、仕事場を探すのに苦労しているようです。

 協会に合流して定席寄席に出してもらえばいいのに・・・とは思うのですが。落語協会も芸術協会も今やたくさんの噺家が所属していて、仕事の無い噺家もいる。現代ってそんなに落語ブームなんだろうか?

投稿: 藪井竹庵 | 2015年10月20日 (火) 19時52分

自分のブログなのに書きっぱなしで申し訳ありません。

今日は家族で自転車で桜橋を渡り、待乳山でぶらぶらしました。渡る前、言問団子の向かいの桜並木のうち、十月桜と札のついた木にもう花がついていました。

投稿: snob | 2015年10月31日 (土) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本堤:

« 深川江戸資料館 | トップページ | 民営図書館 »