« 月見団子 | トップページ | 深川江戸資料館 »

2015年10月 4日 (日)

すみだまつりの下町落語会

天気もよし、年寄りを散歩に連れ出すには錦糸公園で開かれているすみだまつりをぶらぶらするのものよいでしょう。   
   
調べて行かなかったので、反応の良さそうだった「かっぽれ」公演は明日だということがついてからわかりました。でも大きなボードに掲示されたぷラブラムを見ていたら、落語ものっていました。   
   
時間ものんびりしてから間に合いそうです。会場でパンフを手に入れて詳細を見ると、林家時蔵・柳家紫文・古今亭菊之丞という豪華な番組です。なんと無料。これは会場の混雑は必須か?と早めに入ることにしました。   
Sumidamaturi
   
会場の模擬店は大混雑で年寄りがすり抜けるのは無理、昼食は近くの蕎麦屋で摂りました。   
1時間早く入場すると、5分くらいの入り。地元のお婆さんたちの民謡踊り、保存会のお囃子披露のうちに、年寄りは飽きて落ち着かなくなってしまいましたが、それを見越して後ろに席を取ってあります。   
時蔵はケチの小噺、紫文はいつもの平蔵(置き薬・吐くほう・メエメエ鳴く)を軽く終わらせました。せっかく長谷川平蔵役宅跡も近くなのだから触れてほしかった。45分でも3人で均等に割っているのではありませんでした。   
菊之丞は墨田区内で弟子時代を過ごした話から「親子酒」でした。   
会場が体育館なので、音響は残念で、先頭に入っているような残響がありました。来年あるようなら、一人で来て生声が届く前の列をとりたい。   
素人の芸からプロの芸に変わっても特に人が増えた様子はありませんでしたが、落語会が終わったらごっそりと、大勢が席を立って、空きになりました。   
それにしても、こういう公がかんだ行事で噺家を呼ぶというのは都内ならではだなあ。   
   
区内各所をまわる無料バスもあり、2日目は「かっぽれ」を覗きに来ましょう。   

|

« 月見団子 | トップページ | 深川江戸資料館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すみだまつりの下町落語会:

« 月見団子 | トップページ | 深川江戸資料館 »