« 展覧会帰りの水道歴史館再訪 | トップページ | 湯島天神の菊まつり 2015 »

2015年11月17日 (火)

永青文庫の春画展

浮世への興味は間違いなく子供のころの永谷園お茶漬け海苔のせいです。だからなのかもっぱら風景画ばかりで、人物画にはあまり興味がありません。しかし、これだけの春画を集めた展覧会は空前ということで一度は見ておこうと思いました。   
   
神田川の新江戸川公園の脇ですから、浅草は通らず、春日通りを進むのがいちばん緩やかです。湯島で上がって後楽園に向かって急坂を下った後、球場脇の道に進路を変えます。
小石川後楽園を過ぎてそのままでは飯田橋に降り神楽坂を上がってまた降りることになるので、等高線にそって走る巻石通りに折れます。これは今は暗渠となった神田上水が通るので、町名も水道町。水道端図書館や古今亭の還国寺も道沿いです。道の高さは変わらないで、神田川のほうが上がってきて合流します。    
   
永青文庫まで江戸川公園を行ってもよいけれど、目白坂に挑みました。    
坂を一気に登り切りたかったのですがギアの選択を間違えて、半ばで動けなくなり、ちょうど神社があったので立ち寄りを口実に停止しました。    
正八幡神社は無人で、社の森がこんもりしていい感じでした。慶長創建でいまの社殿は昭和初めのものです。    
  Shohachiman

永青文庫に下る道に人が集まってきます。平日にもかかわらず賑わう予感。門の前に自転車を止めて入場。    
下の新江戸川公園ともども、細川藩屋敷跡で、文庫には細川由来の史料・美術品がたくさんあります。    
Eisei
   
今回の春画展は、文庫の所蔵品や日本の美術館・個人蔵のものに加えて、大英博物館をはじめとした外国所有のコレクションがたくさん里帰りしています。今では外国のサイトに修正なしの春画がいくらでもアップされていますが、日本では最近も雑誌の春画が注意されたとか。今回も18歳未満は入場できません。    
   
会場は、上野のモネ展にも劣らぬ混雑でした。さっさと見て通り過ぎたいのですが、なかなか列が進みません。   
どうも春画は結合部を見せるがためにありえない姿勢になっているのが気に入りません。    
ほとんど着衣であるのは着物の柄を描きたいからなのかそうだったからなのか。中世の絵巻物では着衣なしという発見もありました。    
   
ふつうは室内だけ、あって庭がみえるくらいです。そう思っていたら、情交を交わす部屋の窓から隅田川の土手が見え、土手から三囲神社の鳥居が頭をのぞかせるものに出会いました。    
春画にも江戸のランドマークというわけで大いに興味をそそられました。肉筆画でとても美しい。    
鳥文斎栄之という浮世絵師の「四季競艶図」の1枚で、タブレットでWeb検索しても画像が見つかりません。    
   
もちろん、展覧会の図録(\4000)にはもれなく掲載されています。しかし文庫本を大量に処分し、コミックもダウンロードに切り替えた身としては、箱のように分厚い代物を持って帰るわけにはいきません。違う季節のものが1点だけ絵葉書として売っていたのでお土産にしました。
Shunga_card     
   
この春画展は12月23日までです。

|

« 展覧会帰りの水道歴史館再訪 | トップページ | 湯島天神の菊まつり 2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永青文庫の春画展:

« 展覧会帰りの水道歴史館再訪 | トップページ | 湯島天神の菊まつり 2015 »