« 千住のやっちゃば跡 | トップページ | えどはくでお正月2016!! »

2015年12月31日 (木)

掛取りとふみたおし

「掛取り」、あるいは「掛取り漫才」、ときとして「ふぐは口(福は内)」とタイトルが変わる噺。さまざまな手管を使って、掛取りを撃退するのが楽しいのです。サゲとなる三河万歳は、どこかに記憶があります。昔、テレビででも見たことがあるかもしれません。   
きっと、今は万歳のくだりまで演じる噺家はいないと思いますが、自分の得意芸を取り入れて膨らませたりが自由にできる構成で生き残る力がある噺です。

実在の噺家でも、明治期の狂馬楽でしたか、武将が立て籠もった故事になぞらえて家を封鎖して撃退した話も残されています。

でも噺を楽しんだ後、つい、この主人公夫婦はこのあとどうなるのか気になります。本当に春になったら払えるのか。次もまた待ってもらえるのか。その間、買い物はできるのだろうか?家賃まで待ってもらって、やがては追い出される羽目になるのか。次に住むところは見つかるのだろうか?

また、払ってもらえなかった各商家はどうするのか。ここ数年越しの課題になっています。

一般論をもって想像すると…

江戸の職人は所持金がなくても仕事があればまとめて支払われて、そのときまでのツケを片づけることができます。だから商店は地域の人であればツケで売るし、待つことができるのでしょう。

ただし、待つ分の金利・取りはぐれのリスクを考えても掛け売りは値段が高くなるのは当然のことです。

逆に住人も、現代のように安いから、といった理由で町内を越えた買い物はしない習慣でした。見知らぬ間では信用貸しは成り立ちません。
現在の下町でもその痕跡はあって、商売人同士であればふつうは近所の店を利用しあうのが常です。

リスク管理ができていれば、多少の取りぞこないがあっても商売を営んでいけます。実際に親戚筋がかつて営んでいた酒屋では、鷹揚に見逃すこともあったと聞きました。
しかし、度重なればそうもいかなくなるはずで、冒頭に書いた「春になっても返せない人間は実際どうなったか」の実例がなかなか見つかりません。職人よりも下層の日銭稼ぎの町人の生涯というのは記録に残りにくい案件なんでしょうね、町人研究の書籍を目につくたびにページを繰るのですが見当たりません。(研究されてる「町人」とは大商家だったりする)

文学に目を向けても西鶴の「世間胸算用」「日本永代蔵」に年の瀬の掛取りの話題はいくつか取り上げられていますが、あとあとまで追跡した話はありませんでした。

頭の中だけで想像したって結論はでません。飢饉のときの農民の餓死を知っているだけに町人が無事で済んだのか、そういう研究がなされてるのなら、ぜひ出会いたいのです。 

そういえば、思い出したのですが、「志ん生一代」では、一家は笹塚の貸家から夜逃げをします。もちろん米屋の払いをはじめもろもろを踏み倒した上です。ただし、逃げ先として家賃無料のなめくじ長屋があってのことです。ただし重ねた改名の効果か面倒なのか、のちに追及された様子はありません。

ごく最近になって、明治の制定以来120年ぶりの民法大改正のことを知りました。メインは敷金の返還や保証人保護の規定ですが、債権の時効に関する改定があるそうです。
債権=借金にも10年の時効がありますが、民法では家賃・小売商の代金は2年で消えるのだそうです。その他飲食店の支払いは1年の時効などの職業別短期消滅時効の廃止。

これはフランス民放に倣ったとの話もありますが、それが当時の日本の暮らしに合っていたからなのでしょう。だいたいのツケは2年でチャラ。ちょっと前の江戸時代でもそれが常識だったのかもしれません。   

|

« 千住のやっちゃば跡 | トップページ | えどはくでお正月2016!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掛取りとふみたおし:

« 千住のやっちゃば跡 | トップページ | えどはくでお正月2016!! »