« 日本製PC | トップページ | 江戸の人々の暮らし大全(河出書房新社) »

2015年12月11日 (金)

たばこと塩の博物館 リニューアル

かつて渋谷区神南にあった企業博物館が2013年に閉館となって、スカイツリーの眼下、墨田区横川のJT工場敷地内にリニューアルオープンをしたのがこの4月。もう半年以上たちます。   
「近いと後回し」の法則どおり、ずっと放置していましたが、ようやく入館しました。 入館料は100円で据え置きです。   
   
元の施設とは床面積も倍以上になったそうで、新築の建物の中はロビーからしてゆったりとしています。新・旧とも「塩」フロアと「たばこ」フロアに別れているのは同じですし、コロンビアの岩塩柱など引き継がれた展示物も見られます。   

もっとも興味があるのは、「江戸時代の日本のたばこ文化」ですから、塩フロアやたばこの南米コーナーはさっと通過しました(それにしてもたばこの伝播速度にはいつも驚かされます)。   
あたらためて、煙管などの昔の喫煙具に向き合いました。刻みタバコの細かさには以前は気づきませんでした。読書中の本に「葉タバコを載せる台と包丁があれば誰でも始められたので貧乏長屋の住人や…」という記述がありましたが、とてもじゃないけど自分には出来ない、そんな細さでした。   
実物大のその、刻みたばこ屋が展示されています。あとで確認したら渋谷のほうでもあったディスプレイですが店名やのれんなんかも変えてあります。職人と女房と、お使いの少女の三人の人形がいますが、そちらも再出演なのかどうか。隣には新しく、煙管などの道具をまとめて売る店も作られています。
Tabakoya1_3 新・旧刻みたばこ屋  Tabakoya1

そして、所蔵の浮世絵も並んでいました。忠臣蔵ばかりだったのでもしかすると十二月にあわせての展示なのかもしれません。たばこと伝統芸能のパネルには、小三治(人間国宝)が「長短」でたばこ飲みの仕草を見せていました。   

フロアの出口には昭和のたばこやセット。「業平たばこ店」となっていますが、渋谷では違う名の店でした。   
Narihiratabako

旧との違いですが、以前の様子を全く思い出せなかったため、4階の図書室に寄らせてもらいました。主に自社資料を管理、提供する施設です。市販書籍以外は申請して複写できます。

11月から、「リニューアルオープン記念展」として「浮世絵と喫煙具」展が開かれています。入ると最初に掲げてあるのは春信の「笠森おせん」です。それをはじめとして役者も花魁も素人美人も、例外なく煙管をくわえていたり、方向を示すのに雁首を向けていたり。   
喫煙具も美術工芸品が並んでいました。前にみた、左楽からもらった文楽の煙草入れにも再会できました。

この特別展は明後日、13日までです。   

次の特別展も来年1月から決まっていて、「隅田川をめぐる文化と産業」展です。やはり所蔵の1,800の浮世絵から選んで、写真とともに披露されるようです。こうやって特別展が度々あるなら年間パスポート500円を考慮してもよさそうです。特別展が年に4回ならとりたててお得とはなりませんが、こないだの小満んの講演会のように関連行事がいくつも組み込んであるようなので。

|

« 日本製PC | トップページ | 江戸の人々の暮らし大全(河出書房新社) »

コメント

 お久しぶりです。この土日にその墨田区横川に居りました。
以前コメントしましたが、ワーナーの圓生落語1-5を聞くため、
土曜の夕方に横川、日曜の朝に梅若橋の図書室を訪問しました。

一番聞きたかった2の梅若禮三郎が貸出中で棚に無かったのが残念ですが、
他の4枚は有りました(もちろん、ネットで確認してから行ったのですが)。

5タイトルともLPは持っていたり、文京でLPを借りたりして初めてでは無いんですけれど。

ついでに志ん生のCDで関西にない物を荒川・文京他4館で十数枚借りて
ホテルの部屋で聞きました。志ん生には手を付けるまい、と思っていたのですが
やはり集めてしまいます(笑) 370いくつの内、310程になりました。

今回も、こちらの記事をCDがダブらない為の参考にさせていただきました。
重ねてお礼申し上げます。

圓生の人形町独演会が文京区に入りましたね。一応予約しましたが、
待ちきれなくて買ってしまいそうです。東京まで行く費用を考えると、
新品で買って中古で売るのが一番出費が少なそうですし。

では、また

投稿: キメラ@大阪市 | 2015年12月14日 (月) 16時02分

文京区の人形町独演会は、今手元にあります…。まだ聞き切れていませんので、期限との戦いです。

投稿: snob | 2015年12月14日 (月) 23時15分

え、今snobさんの所に有るのですか!
私の方は59番になってますので、早くて1年、おそらく2年、ひょっとすると3年後ですね。

やっぱり子供が大学生の間に、生協で買ってきてもらいましょうか・・・

投稿: キメラ@大阪市 | 2015年12月15日 (火) 13時14分

返却して、記事にあげました。現在62人待ちになってますね。購入して手元に置くのもいいですね。こういうのはめったに中古も出ませんし。

投稿: snob | 2015年12月26日 (土) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たばこと塩の博物館 リニューアル:

« 日本製PC | トップページ | 江戸の人々の暮らし大全(河出書房新社) »