« 茨城のしっぽく蕎麦 | トップページ | 人形町末広圓生独演会(小学館) »

2015年12月25日 (金)

すみだ文化講座と郷土文化資料館で忠臣蔵

まだまだ人気があるんですねえ。この暮もテレビ各局で取り上げていました。NHKでは米団治が「10分ちょっとでやったことはない」といいながら「七段目」を大急ぎで演じてました。歌舞伎役者の2人がそれぞれの歴史番組で取り上げたのは思い入れもあるでしょうから当然でしょう。他のBSの歴史番組でも、お坊さんバラエティーや朝の情報番組でも吉良邸から泉岳寺までのコースを取り上げてました。   
今更、新情報なんて出てこないでしょうけど、今年は「切腹最中」が大活躍でした。唯一、凱旋する義士をもてなしたという甘酒(日本酒という説も)が、この討ち入りの時期に無料でふるまわれるということは知らなかったので、覚えておいて、次のシーズンに突撃しようと思いました。   
   
近くのひきふね図書館で、学芸大教授の大石学先生の「元禄赤穂事件と忠臣蔵」という題の区民講座を開催したので、前もって登録した上で、受講しました。ちゃんとした歴史の講義は受けたことがないので、勉強になりました。おおまかにいうと、近年、人心を落ち着かせる意義を再評価されている「生類憐みの令」と事件前の幕府の姿勢に関連がある可能性を考察していました。そして、事件の現場あとはいろいろなドラマの考証を担当して、「あんな簡単に人を殺さない」を主張しているという話をしてくれました。   
お写真を撮らせていただいたのですが、流さないでね、と言われたので載せられません。   
   
あわせて、言問橋近くの「すみだ文化資料館」でこれまで蒐集した忠臣蔵の浮世絵と義士関連の手紙を展示しているので見学しておきました。入館料100円。この展示は1月17日まで。
Chusinukiyoe
    
この施設は1Fに墨田区の地誌、2Fに明治の隅田川花見のジオラマ(時間経過に合わせて動く)、旧吾妻橋の模型、空襲の記録を展示しています。
Sumidabunkadiorama

|

« 茨城のしっぽく蕎麦 | トップページ | 人形町末広圓生独演会(小学館) »

コメント

 お坊さんがいろんな事を解説する「ぶっちゃけ寺(じ)」と云うテレビ番組は面白いですよね。大阪の落語家さんながら頭を丸めてお坊さんになった女の人も出演しています。藪さんブログでも以前にその女の落語家さんを取り上げました。

 吉良邸は本所松坂町にあったんですよね。浅野の殿様の墓は泉岳寺。今なら地下鉄で簡単に行けますが、十キロ以上あるその距離を討ち入りが終った赤穂浪士たちは三時間ぐらいで雪道を歩いて行った・・・と云う事実を考えるとかなり大変だったでしょうね。

 去年の二月の都知事選の投票で、雪道を投票場所の指ヶ谷小学校まで歩いて行った記憶が蘇ります(^ω^)

投稿: 藪井竹庵 | 2015年12月25日 (金) 21時53分

ぶっちゃけ寺は深夜のころが面白かったです。今は観光番組になっちゃった。どの番組だったか大石たちの切腹した細川家跡地(非公開)を映していたのが珍しかったです。

吉良邸から泉岳寺はまだ自転車でもたどっていないので、いつか行ってみます。甘酒ふるまいを目あてにするのがいいかなあ

投稿: snob | 2015年12月26日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すみだ文化講座と郷土文化資料館で忠臣蔵:

« 茨城のしっぽく蕎麦 | トップページ | 人形町末広圓生独演会(小学館) »