« 掛取りとふみたおし | トップページ | 下谷七福神 »

2016年1月 2日 (土)

えどはくでお正月2016!!

恒例の江戸東京博物館の新年無料開放デーに出かけてきました。昨年はこの企画がなくなって途切れたので、暮に確かめる気にならなかったら見逃していたかもしれません。   
   
こうなってあとから考えると、通常展の大幅更新のあと、3月に開放日を設けたので、その分だったのかもしれません。   
というわけで、あけましておめでとうございます。   
Edohaku2016
   
江戸博は前回と同じ、琴の演奏、獅子舞、ギボちゃん登場と正月仕様になっていました。日本橋を渡り切った正面には、「江戸城年始登城風景図屏風」(明治の作品)の屏風が展示されています。   
大名が江戸城に集まる様子と、それを目あての庶民がびっしり描かれています。
Nensitojo     
   
そして、日本橋の下、中村座の前に並ぶパイプいすはもう一杯です。今回も夢からくり一座による、からくり人形演示が日に3回行われるのを待っているのです。   
私も列の後ろに立ってまちました。からくりが始まる前に後ろで歓声が上がりました。日本橋の向こう側に獅子舞が来たのです。獅子舞に人が群がるなんて、もう町中では見られない光景です。いやどこかで獅子舞に会えるのでしょうか。   
始まると、小さな子供が足元をすり抜けてイスのさらに前にしゃがみ込みました。彼らはならんだ3体の人形のからくりがはじまると膝立ちで移動しました。   
からくりは矢射る人形、箱をたたくと中身が入れ替わる手品、筆書きがメインです。
Yumekarakuri     
   
まもなくレオナルドダビンチの特別展も始まるようですが、常設展の中の企画展では「天璋院の用箪笥」展が開催されています。(~2/21)   
Tansu (写真不可なのでHPから)
篤姫から徳川宗家の嫁2代に引き継がれた用箪笥とその引出しの中の手紙や文具などが公開されています。篤姫から和宮宛の手紙も見ることができます。   
   
常設展無料は明日3日まで。夢からくりは8日までなど日によって正月イベントは異なります。

|

« 掛取りとふみたおし | トップページ | 下谷七福神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えどはくでお正月2016!!:

« 掛取りとふみたおし | トップページ | 下谷七福神 »