« えどはくでお正月2016!! | トップページ | 鳥文斎栄之の春画 »

2016年1月 4日 (月)

下谷七福神

一昨年の谷中七福神、昨年の浅草名所七福神につづき、台東区のもう一つの七福神を巡礼してきました。   
下調べをするのに参考にしたら、七福神のブログの多いこと。七つの福神をコンプリートする意欲だけでなく、七福神コースをコンプする強い気持ちが人にはあるんですね。   
下谷七福神も、昨年と同じ北めぐりんルートならんでいて、年寄り連れには都合がよい。昭和の終わりに始められた新しいものだそうです。
Sitayaseven1 Sitayaseven2 Sitayaseven3  Sitayaseven4 
Sitayaseven5 Sitayaseven6  Sitayaseven7
   
浅草駅から北めぐりんに乗りましたが、混み合うバスも待乳山聖天、今戸神社をすぎるとガラリと空きました。   
本来の順序はどうかわかりませんが、三ノ輪で降りて寿永寺からスタートです。次いで歩いて飛不動。ここは以前に寄ったことがあります。朝日弁財天は地図で検索しても出てきません。普段は閉じている社を正月期間だけ地元の人たちで開帳している小さなものです。   
せっかく一日乗車券があるのにバスを使うには近すぎるので歩く、というのは皮肉です。金杉地区に移動するのにバスに乗って、下谷富士(波照間神社)近くの二つの寺院、法昌寺・英信寺に移動しました。   
入谷鬼子母神はすぐなのですが、あえてバス停にもどって鶯谷駅の元三島神社にお参り。この神社が線路と同じ高さなのは、下にテナントを入れるビルにするためと教わってびっくりしました。ちょうど次のバスが来たので一駅だけ乗っかって鬼子母神へとあえて遠回りしてバスを使いました。   
   
これで七福神めぐりを兼ねた散歩は終わりです。元三島神社が高い理由もわかったし、最後に昼食に入った手打ちうどん屋で、「しっぽくうどん」に出会えるなど思わぬ収穫もありました。関西風のだしの店なのであるのが自然なんですね。具はタケノコ、小松菜、ゆで卵、竹輪、ネギにたっぷりの花かつおがかけてあります。
Sippoku_udon

そして帰りのバスは浅草に近づくにつれ混みだし、国際通りを通るころにはぎゅうぎゅう詰になりました。

|

« えどはくでお正月2016!! | トップページ | 鳥文斎栄之の春画 »

コメント

 やっぱり正月の散歩は七福神巡りってのがいいですね。

 とは云え藪さんは、一昨年に小石川七(八)福神巡りをするまでは、そんなものがあるってのはぜんぜん知りませんでした(^ω^)

 一昨年の酉の市の時に、浅草弁財天を取材しました。入谷の鬼子母神の朝顔市の時に、福禄寿になってるのを知りましたが、その他はまったく知りません。待乳山聖天の大根奉納とかケーブルカーにも乗りたいですが、もはや体力の衰えでなかなかそれが出来なくなってます(^ω^)

投稿: 藪井竹庵 | 2016年1月 5日 (火) 11時19分

以前に行ったことのない寺社は普段は人の訪れない静かなところなんでしょうね。もともと福神を祭ってあったかはわかりませんが、寺社にとっても書き入れ時なんでしょう。そっちが目的かどうかは参拝人のあずかり知らぬところです。

色紙にご朱印をいただいてまわりましたが、他にも福絵(朱印を集める)、福笹(七福神人形)、七福神絵馬などコレクトアイテムが待ってます。

投稿: snob | 2016年1月 6日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下谷七福神:

« えどはくでお正月2016!! | トップページ | 鳥文斎栄之の春画 »