« 深川江戸資料館講座「長屋と庶民の暮らし」 | トップページ | 円朝祭の小さん(小学館)、全巻そろう »

2016年2月27日 (土)

紀伊国屋文左衛門の墓

深川江戸資料館の講座にでるのに、地下鉄で行ったのでは行動範囲が狭まり、ぶらぶらできませんでした。あらためて自転車の時間を計測したら20分。これならデイサービスの帰宅に余裕で間に合います。   
天気が回復したといっても気温も冬に逆戻り。コートを厚くすると輪行中に熱くなるのは困りものです。
      
以前、資料館の案内ボランティアに教えてもらって、そういえば清澄庭園の場所はかつての文左衛門宅地と言われていることを思い出しました。没落したとも、豊かな老後だったとも言われてますが墓所が近くにあっても納得です。    
ミカン船をはじめ、大概の逸話は創作だそうですが、深川浄等院に葬られたことは山東京伝が伝えています(by竹内誠先生)。    

その成等院は深川資料館から50mいくかいかないか。その墓地の隣に、区切って大きな区画を紀文墓所が占めています。おそらく寺の管理から離れているのでしょう。入り口も別に道路に面していて一番奥に記念碑が見えます。紀文は子孫もなく、「紀文会」が管理しているらしく、入り口の門柱にそう大きく刻まれ、和歌山県知事やら国会議員の奉納した石柵が並んでいます。   
しかしその会は現在機能していないとのことで、東日本震災のときに倒れた墓石などがそのまま放置され、入り口も黄色のテープで封鎖してあります。   
    Kibun1 Kibun2
   
資料館、「長屋の暮らし」講座第2回は深川地区の開発の歴史を学びました。まだまだ長屋暮らしの話題は出てきません。

|

« 深川江戸資料館講座「長屋と庶民の暮らし」 | トップページ | 円朝祭の小さん(小学館)、全巻そろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊国屋文左衛門の墓:

« 深川江戸資料館講座「長屋と庶民の暮らし」 | トップページ | 円朝祭の小さん(小学館)、全巻そろう »