« 「大江戸今昔マップ」(KADOKAWA) | トップページ | 大名屋敷の名残 »

2016年3月24日 (木)

平賀源内の墓

白髭橋を渡って台東区に入ってすぐの地域が橋場です。明治通りから1本それた入り組んだ道に平賀源内の墓があります。   
   
これまでも自転車であてもなくうろついているときに江戸の著名人の墓に出会うことがありました。亀田鵬斎や上水事業の玉川兄弟の墓を浅草近辺でふと見つけてこんなところにと感嘆することたびたびです。   
   
源内だけは墓の場所をあらかじめ調べておきました。マンガ「風雲児たち」の一時期の主役であったこともありますが、源内については子供時分のNHKドラマ「天下御免」で強く興味を持っていたからです。   
時事問題も盛り込んでわかりやすく、源内が先進的な魅力的に描かれていました。賄賂政治の田沼意次を好意的に扱う先見の明もありました。   
毎週食い入るように見た覚えがあり、いまでもテーマソングが頭の中にすぐ浮かんできます。最終回だけ都合で見ることができず、破天荒にも家族に源内が気球で国外脱出をした…と聞き、惜しがったものです。   
   
実際の源内は獄につながれその生涯を閉じました。罪人ですから遺骸は下げ渡されず、遺品のみ葬られました。その寺はなくなりましたが、源内の墓のみ残されました。   
東京に住むようになって、その墓がいつでも行けるくらいすぐ近くにあるとわかりました。5分ほどです。   
   
行ってみると壁に囲われ、入り口の鉄扉が閉まっていました。以前は常時は入れたわけではなさそうですが、今は閂を開けて自由に入ることができます。
Gennai1 Gennai2    

中には源内とその従者の墓のみがあります。マンガで紹介された親交のあった杉田玄白の追悼文は大きな石碑…の裏側に刻まれていました。昭和になるまで罪人の墓碑は建てるのがはばかられたことの証左でしょうか。狭い土地なのにぐるぐる探しまわっちゃいました。
Gennai3

|

« 「大江戸今昔マップ」(KADOKAWA) | トップページ | 大名屋敷の名残 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平賀源内の墓:

« 「大江戸今昔マップ」(KADOKAWA) | トップページ | 大名屋敷の名残 »