« 風雲児たち幕末編27 | トップページ | 歌丸極上人生(祥伝社) »

2016年5月 5日 (木)

亀戸に寛永寺石灯籠

時々催される東武鉄道のスタンプラリー、今回は亀戸線をフィーチャーしています。昭和33年当時のカラーリングを復活した電車を走らせていますし、いつもの下町スタンプラリーとは違った場所、キラキラ橘商店街なんかにもおいてあります(6月末まで)。
Kameidoline    
亀戸天神にもその一つがあるのですが、あとであとでと思っているうちにちょうどよく藤の季節になったので天気につられてでかけました。

Fuji2016     
   
平日にもかかわらず多くの人手があります。このGWは富士祭りの締めとなっていてさらに混み合っていることでしょう。   
新しいスタンプを台を社務所入り口に見つけ、退出しました。その次にキラキラ商店街のスタンプも押して、のちにスカイツリーで景品のステッカーと記念賞に引き換えました。   
   
向かう途中、天神社の裏手にはいくつもの社寺が集まっているのですが、その一つ光明寺の説明板に目が留まりました。上野寛永寺に新発田藩が寄進した石灯籠が移転されてあるようです。他にも文化財がいくつかあるようで、また門前には2代豊国=国貞の墓所を示す石碑があります。   
Komyoji
整頓された境内に入るとすぐに寛永寺石灯籠が見つかりました。
Komyoji_toro

どうも寛永寺のものはいくつも散逸しているようです。そういえば今の上野公園部分も境内でそこにあった物が上野戦争か太平洋戦争か、何かの折に放出されたのかもしれません。   
豊国といえばいま渋谷文化村にボストン美術館から作品群が里帰り展示されています。そんな宣伝めいたものも全く見当たりません。墓所内を探してうろつくのもはばかられましたから、そのまま今回は去りました。またちゃんとお参りしたいものです。

|

« 風雲児たち幕末編27 | トップページ | 歌丸極上人生(祥伝社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸に寛永寺石灯籠:

« 風雲児たち幕末編27 | トップページ | 歌丸極上人生(祥伝社) »