« 歌丸極上人生(祥伝社) | トップページ | たばしお寄席 »

2016年5月20日 (金)

国芳・国貞展

開催場所がらか「俺たちの…わたしたちの…」というポップな形容が付いた浮世絵展に行きました。TVで煽っていたことも大きいですが、葬られた亀戸の寺の脇を通って気づいたことで、気持ちが後押しされました。国芳の石碑も近所の三囲境内にあります。   
   
6月4日までの会期をわずかに残すだけですが、週末でなければそれほどは混雑しなくてすみそうです。    
チケット売り場も列はなく、入り口すぐの展示が混んでいたくらいで何度か行き来してみなまじかに干渉することができました。    
国芳も国貞も「クール・ガイ」「エド・ガールズ」などのテーマごとに混在して展示され、の標識が脇に示されます。最初のほうは役者絵、冒険物語の武者絵が並びます。役者絵はあんまり興味はありませんが、ヘタウマで書いた「壁のむだ書き」は江戸時代とは思えない発想でおもしろい。TVで先に見ちゃっていて後追いの確認みたいな形でなければ新鮮に驚けたのに。    
   
半ばで美人画のパートに変わると印象ががらりと変わります。遊女を描くことが禁止されたので、町娘を描くように変わった時代。そんな天保の改革の証拠が時代を飛び越えて目の前に現れるんですね。    
こちらは女性単独のものもありますが、その背景が実際の風景(写生とは限りません)であることも多くひきつけられました。遠景で隅田川の土手に三囲神社の鳥居が見えても、常夜灯は見つかりません。また同じ鳥居に土手から降りたところには小さな石橋があることもわかりました。   
江戸の眺めも十分に楽しめ、行った甲斐がありました。   
   
同じ時期に都美術館で開催されている「若冲生誕300年展」もTVに煽られていきました。美術館始まって以来の集客で3時間待ちは当たり前。こちらは京都の人ですし、題材が動植物の写実表現で、時代を超えた感動を与えてくれます。   
   
それに対して国芳・国貞展は江戸の息吹そのものでした。

…そういえばいろいろな人々を記録した浮世絵ですが、噺家ってないみたいですね。今回の展覧会で芸人関連は、国芳の幇間芸「松づくし」と軽業の早竹虎吉はありましたが、観覧者は集めてませんでした。

|

« 歌丸極上人生(祥伝社) | トップページ | たばしお寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国芳・国貞展:

« 歌丸極上人生(祥伝社) | トップページ | たばしお寄席 »