« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

向島の開発~すみだ郷土文化資料館

向島の名称について気になったので、ちょうど地元の資料館で展示していた「すみだの開発」展に行きました。7/31まで。あと数日です。   
Sumidakaihatu

この資料館、もともと1Fは常設で墨田の歴史を概説しています。梅若伝説や業平の伝説ではじまり、古代の道、江戸時代、近代とコンパクトにまとめてあります。    
ここには隅田や寺島などの地名が引用されていますが、向島はありません。実は「向島」は行政が管理する地名ではないのです。正式記録にあらわれるのは明治になって向島区として統合されたときです。   
でも江戸時代に使われなかったわけではありません。たとえば江戸切絵図ではこのあたりは「隅田川向島」のタイトルにまとめられています。(嘉永~安政)   
   
さて、3Fの企画展「すみだの開発」によると、隅田川の大堤は江戸の早いうちに築かれたようです(延宝年間の地図に記載)。それも隅田川の向島側。そちらには将軍の休息所もあったことと、向島を農地として開発する目的があったのです。つまり浅草側に氾濫させるようにできていました。日本堤と隅田川の間の橋場とか石浜に水を溢れさせました。   
ただし、現在の堤防のようなわけにはいかず、何度も向島・本所も水害に見舞われ、明暦大火後の両国橋架橋によって、市街地化された本所は洪水後にいったん撤退・武家屋敷も上知(あげち)されます。   
その後、綱吉の時代に人口の拡大で再開発が始まり、館林時代の家臣たちの屋敷が作られ、道路も盛り土しました。   
   
老眼鏡で壁面に拡大されたいくつかの時代の「江戸大絵図」やその他の資料を覗きこみましたが、「向島」の記載は公的資料だからか、見つかりません。   
せっかくの資料館なので、質問してみました。館内電話で学芸員の方にお話をうかがったのですが、いつ俗称「向島」が使われるようになったかははっきりしないそうです。墨田区の学芸員が知らないなら知る人はいないでしょう。   
遡っても江戸後期、せいぜい19世紀までではないかとのこと。人が集まる地域になる前、江戸初期には(証明不可能だけど)使われなかったと考えていると。   
やはり日本堤と向島の名前の関連は薄そうです。   
   
「向島」は切絵図以外にも浮世絵のタイトルとしても使用されています。広重の江戸自慢三十六興シリーズの「向島堤の花並びに桜餅」(1864)は墨堤の山本やの壁にも貼り付けられています。
Mukojimasakuramochi 国会図書館ライブラリ    
他にも料亭が「向島大七」「向島武蔵屋」として錦絵に描かれてもいます。(弘化年間)   
「いつから」を調査した人はいない、というのは意外でした。でも絵とか本とかを調べて文字を拾う作業は気が遠くなりそうです。   

なお、資料館ではもうひとつの特集展「隅田川花火の400年」も2Fで開催中。こちらは8/21まで。
Sumidahanabi400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

テレビの江戸・墨東

特にBSでは歴史を扱ったテレビ番組が多く放送されています。内容はそれほど深くはありませんが、広く浅く知識を広める役割はテレビが担ってくれるのがふさわしいのだと思います。(そこへいくとNHKの終了した「タイムスクープハンター」には知らないことばかりで、斬新でした)   
   
もともと時代劇でステロタイプの「いわゆる江戸」をねつ造していたテレビ局ですから、いちいち目くじらを…とは思いますが、住んでいる墨東について立て続けにいいかげんが放送されたので記録しておきましょう。   
   
7/19には出演者同士のクイズの形で、こんな問いかけが行われました。「江戸の人が両国橋を渡ってまで食べに出かけた料理は何か」   
ああ、両国橋西のももんじ屋を問題にしたいのかなとは思いましたけどね、それが実際答えなのだからがっかりです。   
「肉料理は江戸の外だった両国では食べることができた」のテロップとともにももんじやの猪鍋が紹介されてました。
出題の時の背景に「名所江戸百景びくにはし」の山くじらの看板が映し出されてます。びくに橋は今の銀座一丁目あたりにありましたから、出題時に解答を否定していたのは皮肉でした。   
スタッフが思い込みで作った問題を、俳優が言わされているだけなんでしょうけど、脇には東大の歴史の先生が同席しているのですからボツにしてほしかったところです。
Imadesho1 Imadesho2

その前日、18日の放送で、深川・永代橋落橋の番組がありました。その位置について、「現在のものより200m下流」と説明されましたが、今の永代橋の位置と図で示されたのは「御舟蔵」のあたりで、新大橋と両国橋の間、現永代橋の1.5㎞上流でした。本当は現在の永代橋のちょっぴり上流に元の橋は架かっていたはずです。古地図の橋をわざわざ消して移動したときに単純に間違ったのでしょう。
Rekisikantei1 Rekisikantei2  
   
さらにその前、5/22には、俳優から「『向島』の地名の由来は江戸幕府の治水工事が関係している」と出題されたのに対して、予備校講師が「治水政策には“川を氾濫させる”という考え方があって、江戸時代は隅田川の西側を守るように日本堤を作り、川が氾濫すると東側が水浸しになり、島みたいに見える地域が「向島」と呼ばれるようになった」と解説し、出題者が「お見事」とたたえるやり取りがありました。
Hatumimi1 Hatumimi5    
台本通りのセリフなんでしょうけど、「日本堤」の線が引かれているのは、今戸から吉原に向かう、落語でおなじみの道筋じゃなくって、墨田川の堤防・大堤近くでした。しかも対岸。   
日本堤の役割は、その東側と隅田川に挟まれた地域を遊水地として西側の江戸を守るものなので、説明が微妙にずれていて、向島とは直接結びつきません。   
   
なかなか向島の語源の資料が見つかりませんが、鐘淵上流で湾曲した隅田川はその南側(向島・本所側)が海の方面に当たるため、そちら側の自然堤防が頻繁に切れて流路を変えて流れました。
ひとたび出水すれば、その方面に散在する微高地が浮き上がって島に見えてもおかしくない。   
   
江戸からもっとさかのぼれば隅田川の河口が浅草あたりだった時代もあるわけで、そのころなら向島あたりは海の中の島だったこともあるかも。向島のほか、寺島、柳島、京島、亀島(のちの亀戸)なんかも本当の島だったのでしょう。   
   
番組ホストの知識の豊富さと正確さに舌を巻くための番組なので、滔々とウソを流すのは価値を下げるような気がしました。   
   
テレビがいいかげん、は今に始まったこっちゃありませんが、収録して編集、放送する間の校閲ができてないんですね。ネットの情報と変わらないんじゃ先が思いやられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

上野東照宮

寛永寺は上野戦争で伽藍のほとんどを失いましたが、東照宮は数少ない戦火を逃れた施設です。数年前に改修され往時の輝きを取り戻しました。ずいぶん前に訪問してましたが、このところテレビでたて続けに取り上げられているのであらためて記事にしました。   
   
東照宮は家康を祭るための神社の名前ですが、子供のころは日光東照宮と久能山東照宮しか知りませんでした。でも祭りは遺骸がなくともできるのですから、各地にあるはずです。   
増上寺の傍らにも東照宮はありますから、同じ徳川菩提寺の寛永寺境内にも置くのが自然でしょう。そしてこちらは江戸の姿を保っています。大鳥居から寛永年間の文字。
Win_20160718_111136 Win_20160718_110140 Win_20160718_110820
鳥居をくぐると参道両側には苔むした石灯籠が整列しています。江戸時代初めのころに諸大名が争うように寄進したのです。やはり創建当初から、幕末まで寄進が続いたようです。手水舎も明治になってからですが、新門辰五郎からのもの。そこから先は装飾豊かな銅灯篭が並びます。御三家などのものです。   
   
唐門と透塀で隔てられた中に本殿があります。日光と同じような極彩色で飾られた金箔きらめく豪華な作りです。唐門両側の左甚五郎作の龍も修復で甦りました。   
その中に入るには拝観料500円が必要ですが、権現造りの本殿内部は非公開となっています。ここが最近TVだけで公開されました。
Win_20160718_110545 Win_20160718_110608

3507653 3524421 3515653
   
拝観入口で質問したのですが、東照宮かかわりの人たちも公開したい気持ちはあるのだが、文化庁から許可が出ないらしい。   
   
建物は風を通さなければ痛むのですから、本殿に上がれなくってもいいから扉を開放して内部を拝めるようにしてくれるといいと思います。   
   
上野動物園の中に取り込まれてしまった寛永寺五重塔も東照宮からなら塀越しとはいえ近くから望むことができます。
Win_20160718_110351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

朝顔市とほおずき市

6,7,8が入谷朝顔市、9,10が下町七夕祭りと浅草寺のほおずき市。夏の祭事が続きます。ほおずき市のほうは毎年通りがかりますが、朝顔市は子供たちが幼いころにのぞいたっきり、15年は経っています。   
   
そこで最終日の金曜日に三ノ輪経由、金杉通りを通って入谷に行ってきました。すっかり忘れていましたが、昭和通りの上り線の歩道に朝顔屋台、反対側に食べ物屋台と分かれて並んでいました。市の中心が鬼子母神だということも忘れてました。    
境内にも朝顔売り場があり、朝顔にちなんだ御守りも売っていました。花の開いている朝のうちに、と思って出向いたのですが、蕾のほうが多かったようです。これから咲く楽しみを残してあるのかも?
Asagao_kisibo Asagao_yatai   Asagaoichi
   
江戸時代に大流行したアサガオ栽培は、変化アサガオを育てることで、花びらの形状が裂けていたり糸状に細かったりと書物で知りました。でも今の朝顔市のものは大輪で形状は普通。色を楽しむ方向のようです。   
   
自分は動物を買うことも植物の世話もしないので、冷やかしで終わりです。帰りは浅草寺裏を通って帰ると、ほおずき市の屋台がシートをかぶせたり完成に近づいていました。   
   
明けて、住まいに近い京島・東向島地域の路地を自転車でたどってみました。市で買ったアサガオ鉢植えを、庭やベランダのない、長屋地区なら玄関先の路地に置いてあるかもしれません。   
戦災で焼けなかった地区は私道が絡み合っています。花の知識はありませんので何かは分からないのですが、種々の花の鉢植えが鉢からはみ出すようにありました。ナスやミニトマト、紫蘇も植わってました。小学生の育てたプラスチック鉢のアサガオもあります。   
その中にちらほらと入谷朝顔市の印のついた鉢がありました。ほおずきはまだ青いものを見かけました。
Asagao_roji Asagao_roji2 Asagao_roji3 Hozuki_roji

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

七夕eve

街なかで七夕飾りを見かけることがなくなりました。子供自分はおもちゃ屋に短冊をはじめ紙製のいろいろな飾りが売っていたものです。   
クラス担任をしていた時は、学区で竹を切らせてもらって教室に七夕飾りをしたものです。   
もとは”迷信”といえるかもしれませんが、季節を感じる行事はなくなってほしくありません。 
   
昨日は日中の暑さが嘘のように涼風が吹き渡りました。年寄りの食事の世話の世話が済んだところで、思い立って昼間は行った事のある「下町七夕祭り」に行こうと思い立ちました。時間的に終了後の片づけ最中の可能性があるけど、やはり七夕は夜の祭りだからです。    
道路に出るとスカイツリーが点灯していません。あるいは七夕の星空を確保するためかなあと、ぼんやり思いました。    
   
ところが思い込みで勘違いしてました。現場について看板を見ると、祭りは明後日、土日でした。だから交通もいつも通りでしたし、見物人もいません。だから自転車を区営駐輪場に止める必要もなく、上野側の入り口まで走り抜けました。    
飾りつけは完成していましたし、強めの夜風に、竹や飾りが涼しい音を奏でていました。これは、祭り本番よりも事前の夜に歩くほうが正解だったかもしれません。
Sitamachi_tanabata       
   
帰りは浅草寺境内をぬけました。これも昼間では難しいことです。明後日からこちらはほおずき市です。屋台の骨組みのパイプだけが組まれてました。    
三社さまの鳥居奥が、明かるくなってました。参道をはさんで七夕の竹飾りがライトアップされて並んでいます。その奥は茅の輪くぐり(翌日にはなかった)。手前には光るものがが川の流れをつくっています。夏の祓いの天の川プロジェクトで初めて設置したもので、これも週末までは続くそうです。
Sanja_tanabata Sanja_milkyway

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

猪牙舟に乗る

スカイツリー脇の北十間川から直角に分かれる運河。大横川は川頭から親水公園になっていて、本流は地下を流れます。錦糸町駅・総武線を越えたところで川面が現れて竪川と、やがては小名木川に合流します。   
   
並行する十間川は、日本橋に向かう観光船が通います。亀戸天神の傍らを流れ、かつては貯木場であった猿江恩賜公園のあたりには昔からの親水テラスを両側に伴います。そこを過ぎると小名木川との交差点にクローバー橋が架かっています。こちらは橋をくぐった先が、本流を残した親水公園となっていて、ボート公園・釣り堀も設けています。   
   
その一角に和船のたまりがあります。ロ漕ぎの技術伝承を目的とする「和船友の会」が江東区所有の6隻の猪牙船を運航しています。会員で技術を磨くとともに、乗船体験を無料で行っています。またあらたな会員(船頭)も募集しているそうです。   
Wasen Wasen2
   
円楽のTV番組で知って調べるとだいたい水曜日に開放しているので、行ってきました。これまで和船は長瀞の川下りしか経験がありません。屋形船の舟遊びはすべてエンジンですしね。江戸以来の猪牙船に乗ることができるとは思ってもみませんでした。   
   
受付で名簿に氏名を記入して、ライフジャケットを受け取るとすぐに乗れます。散歩の幼児と母親が一緒でした。船頭さんは女性で船は4年前の新造船。辰巳の造船所製です。   
櫓杭を中心にして、櫓を扇形を描くように動かして船がまっすぐ進むのはベクトルを考えると難しいはず。それを櫓をねじることで舳先の左右の揺れはわずかしか感じませんでした。   
漕ぎ手の負担は大きいと思いますが、年に一度は隅田川を上ることもあるそうです。それだけ熟練があるということです。   
   
海洋大学の学生も櫓漕ぎの練習をしていました。夏の合宿の遠泳で伴走するにはスクリューは危険なので和船を使うのだそうです。   
   
水流を調整してあるので、親水公園の水面は静か。鴨や鵜も泳ぎます。ボート池で反転して乗船場にもどる15分ほどの猪牙船体験は快適に終わりました。   
   
夏休みには日曜にも実施されているので親子でにぎわうことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

逆井の富士塚など山開き

各地の山岳で山開きとのニュースが流れていました。富士塚の山開きも同じ日に行われます。これまで下谷・十条・駒込と有名どころを参詣してきましたが、今年は江戸川区・逆井のものに行ってみることにしました。以前に通りかかった時に、山開きの祭りがあると説明板にあったので、その様子が見たかった。   
   
富士塚についてまとめたブログを見ると、江戸川区には明治や大正、昭和になって作られた富士塚がいくつもあるようです。その中で、逆井の富士塚は、奉納された石版の最古のもので明治15年、そこには「再建」と記されているので江戸時代までさかのぼると推定されています。   
確かな記録は残っていないようなので、手持ちの「重ね地図」では江戸図に「逆井の富士」の記載がありますが、これは長享2年(1488)創建の伝承から構成したものなのでしょう。   
   
富士塚は社殿等はなく、6mほどの頂上に祠が置かれています。鳥居からの登山道はコンクリートの直線の階段です。頂上からは旧中川管理は斜向かいにある白髭神社で、塚はその駐車場で囲まれていて、裾がぐるりと削られていますが、ちゃんと溶岩が積まれ、いろいろな石碑が置かれています。
Sakai_sengen Sakai_sengen2 Sakai_sengen3
    
以前に来た時と違って、山開きの幟が何本も立っていますが、人は誰もいませんでした。通りがかった近所の型に聞くと、午前中に神主などが祭事をしていたそうで、お祭りとしては廃れてしまったようです。   
   
今は荒川で分断されてしまった中川を、千葉街道が横切るのに、逆井の渡しで越えました。今の京葉道路よりも少し下流で、そこへは浅草方面からの道も合流しました。   
おそらく賑わったであろう、その付近、亀戸浅間神社にも富士塚があります。今は公園の中の1mほどの平らな台に祠ではなく、記念碑が富士山型のプレートにはめ込まれています。   
こちらも朝のうちにお祀りがあったようですが、神社のHPの行事にもありません。   
でも関東市の大きさを誇る茅の輪で夏越しの祓い、そして子供たちの七夕飾りがにぎやかです。   
Kameido_fuji Kameido_sengen
   
また、上流にあたる平井諏訪神社にも富士塚があるので、帰りがけに寄りました。神社の創建は古いですが、塚は大正時代のもの。小さいながらも登山道は二股に分かれそれぞれの祠に通じています。特に山開きの飾りはありませんでした。
Hirai_fuji     
この神社は隣の燈明寺によって勧進されたもので、そちらは三大聖天とよばれ妻沼聖天・待乳山聖天と並ぶ聖天堂があります。本殿も震災をうけて再建されましたが、高さ14mもあり、上部は平等院の様式を取り入れた荘厳な木造で、一見の価値があります。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »