« 山王祭の神幸祭 | トップページ | 猪牙舟に乗る »

2016年7月 1日 (金)

逆井の富士塚など山開き

各地の山岳で山開きとのニュースが流れていました。富士塚の山開きも同じ日に行われます。これまで下谷・十条・駒込と有名どころを参詣してきましたが、今年は江戸川区・逆井のものに行ってみることにしました。以前に通りかかった時に、山開きの祭りがあると説明板にあったので、その様子が見たかった。   
   
富士塚についてまとめたブログを見ると、江戸川区には明治や大正、昭和になって作られた富士塚がいくつもあるようです。その中で、逆井の富士塚は、奉納された石版の最古のもので明治15年、そこには「再建」と記されているので江戸時代までさかのぼると推定されています。   
確かな記録は残っていないようなので、手持ちの「重ね地図」では江戸図に「逆井の富士」の記載がありますが、これは長享2年(1488)創建の伝承から構成したものなのでしょう。   
   
富士塚は社殿等はなく、6mほどの頂上に祠が置かれています。鳥居からの登山道はコンクリートの直線の階段です。頂上からは旧中川管理は斜向かいにある白髭神社で、塚はその駐車場で囲まれていて、裾がぐるりと削られていますが、ちゃんと溶岩が積まれ、いろいろな石碑が置かれています。
Sakai_sengen Sakai_sengen2 Sakai_sengen3
    
以前に来た時と違って、山開きの幟が何本も立っていますが、人は誰もいませんでした。通りがかった近所の型に聞くと、午前中に神主などが祭事をしていたそうで、お祭りとしては廃れてしまったようです。   
   
今は荒川で分断されてしまった中川を、千葉街道が横切るのに、逆井の渡しで越えました。今の京葉道路よりも少し下流で、そこへは浅草方面からの道も合流しました。   
おそらく賑わったであろう、その付近、亀戸浅間神社にも富士塚があります。今は公園の中の1mほどの平らな台に祠ではなく、記念碑が富士山型のプレートにはめ込まれています。   
こちらも朝のうちにお祀りがあったようですが、神社のHPの行事にもありません。   
でも関東市の大きさを誇る茅の輪で夏越しの祓い、そして子供たちの七夕飾りがにぎやかです。   
Kameido_fuji Kameido_sengen
   
また、上流にあたる平井諏訪神社にも富士塚があるので、帰りがけに寄りました。神社の創建は古いですが、塚は大正時代のもの。小さいながらも登山道は二股に分かれそれぞれの祠に通じています。特に山開きの飾りはありませんでした。
Hirai_fuji     
この神社は隣の燈明寺によって勧進されたもので、そちらは三大聖天とよばれ妻沼聖天・待乳山聖天と並ぶ聖天堂があります。本殿も震災をうけて再建されましたが、高さ14mもあり、上部は平等院の様式を取り入れた荘厳な木造で、一見の価値があります。   

|

« 山王祭の神幸祭 | トップページ | 猪牙舟に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆井の富士塚など山開き:

« 山王祭の神幸祭 | トップページ | 猪牙舟に乗る »