« 向島の開発~すみだ郷土文化資料館 | トップページ | 佐倉市・武家屋敷 »

2016年8月 7日 (日)

佐倉市・歴史民俗博物館

真夏に、しかも日中にサイクリングなんてするもんじゃありません。でもうちの年寄りをまる1日見てなくてもよいというチャンスもなかなかありません。

久しぶりにバッグを持って駅に着き、自転車をたたんで電車に乗り込みました。近頃の駅はエスカレーターやエレベーターをもれなく装備しているので楽になりました。車内では自転車を支えていなければならないのでシートの端の席しか座れませんが、今回は確保できました。

佐倉に着いたのは10:30ごろ。バッグから自転車を出すにも地面の熱気で汗だくです。予定していたのは歴博と武家屋敷でしたが、佐倉順天堂や堀田邸を加えてたので、肝心の歴博に着いたときはヘロヘロでした。室温の低い企画展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」からの見学を勧められたのはシャツの汗を気の毒に思ってくれたのでしょう。
Rekihaku    
   
「シーボルト」は2室に分かれていました。B室は来日以来のシーボルトの業績。A室ではシーボルトが本国で開いた日本に関する展覧会の再現です。シーボルトは興味深い人物です。日本という異国に対してなぜあれだけ情熱を持てたのか。マンガ「風雲児たち」でも生涯を追っています。今回は帰国後のシーボルトが本国で開いた日本展覧会の様子を抜粋して再現して伝えるという企画です。   
シーボルト事件は帰国時に機密の伊能日本地図を持ち帰ったことが判って没収・追放にあい、日本側の協力者が罪に問われたものですが、取り調べの間に地図の写しを作って持ち帰りました。その地図も展示されてました。

「シーボルト」はこの後、江戸博の特別展、そして各地の博物館を巡回します。    
   
レストランで休憩した後、通常展示を見て回りました。また入り口から入り直しです。展示室は原始・古代(改装中)、中世、近世、民族、近代、現代と6室に分かれています。   
中世では「洛中洛外図屏風」とそれを基にしたジオラマが素晴らしい。延喜式などの基調文書も展示されてます。   
目あては近世の「江戸図屏風」でした。家光の時代の埼玉県の鴻巣あたりの鷹狩の様子を、以前の記事で参考にしたものです。その実物をぜひ見ておきたかったのです。といっても原品は厳重にしまわれ、展示されているのは精巧な複製ですが。(高精細のデジタルデータも公開)   
やはりこの展示室がもっとも興味をひきました。疲労もあってあとの展示は駆け足で過ぎてしまった感があります。   
   
もう一つの目あては、ちょっと離れたところにある、併設・くらしの植物苑でした。夏の期間(9/11まで)だけ、変化朝顔を見ることができるのです。   
朝顔市に見られるように、今のアサガオの流行は大輪系ですが、江戸のころ武士や庶民が熱中したのは葉や花が裂けたようなものもある、変化朝顔でした。   
一度はその実物を見ておきたいと、この炎天下のサイクリングとなったのです。   
ところが、植物苑に着いたのは昼過ぎ。そう、アサガオはしぼんでいたのです。暑さのせいでよけいに。すっかりアサガオの性質を忘れていたという…オチが付いちゃいました。   
それでも小屋掛けの中にいくつかは見られたので満足でした。
Henkamg

|

« 向島の開発~すみだ郷土文化資料館 | トップページ | 佐倉市・武家屋敷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉市・歴史民俗博物館:

« 向島の開発~すみだ郷土文化資料館 | トップページ | 佐倉市・武家屋敷 »