« 没になった熊 | トップページ | 浮世小路 »

2016年8月21日 (日)

江戸の妖怪~東京江戸博「大妖怪展」

春、たばこと塩の博物館での安村先生の講演の終わりに、こんな展覧会を企画しているとお話を聞きました。領国に用事で出かけた時に、お盆休みでピークだったのか、「入場制限中」の掲示がでていて、子供を呼ぶのに成功したんだとわかりました。
先日の「ぶらぶら美術・博物館」の番組内で、会期後半には大徳寺真珠庵版の「百鬼夜行図」(伝土佐光信)が展示替えで見られると知り、腰を上げることにしました。

自分たちの子供のころの妖怪といえば、鬼太郎です。鬼太郎誕生で命を落とした父親の目玉がこぼれ落ち、目玉親父になるシーンは今でもおまけ宿の授業で引用させてもらいます。連載もずっと読んでいましたが、時々雑誌の特集で紹介される図鑑様式の妖怪紹介記事が好きでした。寝静まった町中を跋扈する「火車」なんかは子供心に怖かった。

特別展・常設展示室、共通入場券で会場に入ると、まず「江戸の妖怪」ゾーンです。江戸時代に妖怪が大増殖したからです。妖怪というと人間に理解のできない恐怖心を体現したものといわれ、会場にも野ざらしとなった死骸が腐敗・変化するありさまを描いたもの、目に見えない病気の原因が妖怪の元となったと展示されていますが、同時に妖怪を笑いの種とする作品も多かったことが判ります。
幽霊絵も集められていますが、いくつかは全生庵のコレクションです。
浮世絵の中の妖怪となると国芳などのおなじみの作品に再開できます。

中世の妖怪ゾーンに目あての「百鬼夜行図」がありました。巻物なので一部だけ開かれていますが、仏具や楽器が古くなって妖怪化した部分を見ることができます。

次は地獄を描くなどの仏画のゾーンです。地獄に対する恐怖から浄土へ導く改心を促す目的で描かれた怪物が、のちに妖怪に発展したという趣向。
さらにさかのぼって、縄文の土偶が異形のものとして、人間の不安感の現れだといいます。
最後に、「妖怪ウォッチ」のキャラクタ造形の展示。今の子供はやっぱりこれですね。縄文から平成とつないで副題の「土偶から妖怪ウォッチまで」がとなります。でも、昭和の水木しげるについてまったく触れていなかったのはちょっと残念でした。

常設展示室の企画展は「伊東晴雨 幽霊画展」と「山岡鉄舟と江戸無血開城」。妖怪ついでに見ようと共通券を選びましたが、柳家小さんの幽霊画コレクションが中心=昨年、全生庵で見たものでした。鉄舟も全生庵にある遺品がほとんど。なんだかまた落語とつながっちゃいました。

|

« 没になった熊 | トップページ | 浮世小路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の妖怪~東京江戸博「大妖怪展」:

« 没になった熊 | トップページ | 浮世小路 »