« 浮世小路 | トップページ | 小松菜と香取神社 »

2016年9月19日 (月)

法恩寺の参道

街のあちこちを移動するときふと見かけるものに、「江戸からあるのだろうか」と考えるクセがついてしまいました。   
今日も文房具屋を探して(今となっては文房具の専門店が成立するのも東京ならでは)移動しました。この週末は墨田の牛島神社、江東の展祖神社の祭礼で、通るあちこちに神酒所が置かれていました。    
   
法恩寺という寺があります。蔵前橋通りを法恩寺橋で横川、現在の大横川親水公園を越えて、通りからひとブロック引っ込んだ静かな通りに面しています。これまでも何度も門前を通ったことがありますが、今回気になって境内に入ってみました。
Houonji       
太田道灌ゆかりの寺で、もともと江戸城内にあたる平川(皇居平川門近く)にあったものが、何度かの移転を経てこの地にあるとのことです。そういう歴史も震災・戦災によって本来のものは破壊されたのは残念なことです。ただ平川の清水のほとりにあったという稲荷の碑柱は当時から伝わったものだそうです。   
境内を一通り見渡して退出したとき、蔵前橋通りの方角に目をやると通りまで80~90mほど参道が伸びているのに気づきました。   
    Houonjigate

その場でタブレットの中の「重ね地図」で確認すると、現在の寺域は宅地などに分断されて、縦横に道路が走っていますが、この参道は昔のままの形を保っているようです。   
参道を大通りに向かって進むと両側には塔頭が四院並んでいます。塔頭を残しているというのはよほどの大寺院です。
Houonjitacchu     
ここにも、江戸の人が参詣に足で踏んだ空間が伝わっていたのです。

|

« 浮世小路 | トップページ | 小松菜と香取神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法恩寺の参道:

« 浮世小路 | トップページ | 小松菜と香取神社 »