« 法恩寺の参道 | トップページ | BOSSのCM、ブラタモリ風 »

2016年9月28日 (水)

小松菜と香取神社

9月は例年になく雨が多く、自転車で出かけることが極端に少なかったです。月末になってようやく行動しやすくなったかと思うと、暑さがぶり返して。   
めったに行かない東京郊外にちょっと移動したら汗でびっしょりでした。   
   
気になっていた、江戸川区小松川の香取神社にいきました。ちょっと行きすぎたらわずか200mちょっと離れたところに別の香取神社(東小松川香取神社)に出会ったりもしました。   
総本社は千葉県の香取市ですから、都内では墨田区・江東区もふくめて、江戸川・中川ぞいの水運を反映して香取神社が散在しています。これだけ近くても古くは異なる集落だったようです。   
   
Mamai_katori Mamai_katori2
さて、目的の香取神社は間々井香取神社あるいは新小岩香取神社といい、小松川・境川親水公園のすぐわきにあります。境内の由来の中にかつては沼沢地の中で住民は舟で行き来したという記述があるように、他にも小河川が走る土地だったようです。本殿は天保からの歴史を刻む立派なものです。   
ここは「小松菜発祥の地」とされ、吉宗が鷹狩に訪れたときにふるまった菜を気に入って名を与えたと説明されています。近くに小松菜料理を出す店があってもよさそうです。   
そのとき小松菜汁を供した神主の家・小松菜屋敷が隣につづいており、公開はされていませんが、同じ内容の小松菜由来の説明が掲げられています。
Komatsuna_h
話を境内に戻すと、古い神社の多くが境内にいろいろな社を合祀しているものですが、ここも稲荷だったり水神・道祖神が祀られています。鷲神社も小さなお社になって並んでいたのは驚きました。こちらは埼玉の鷲宮(現久喜市)からの水のつながりもありそうです。酉の日にはかっこめ(福熊手)の授与もあるようです。
Mamai_otori

|

« 法恩寺の参道 | トップページ | BOSSのCM、ブラタモリ風 »

コメント

 雨模様の天気の中、取材ご苦労様です。ここのところの藪さんは、取材に行けない理由をなんとか見つけては取材に行ってません(^ω^)

 戦後に志ん生が、業平のなめくじ長屋から、谷町が提供してくれた日暮里の自宅に落ち着き、落語の稽古をしたのが諏方(すわ)神社。奥のベンチに座って崖下の国鉄を見ながら稽古をしていたと長女の美津子さんが語ってます。

 藪さんも以前にはその場所を取材に行きました。諏方神社のお祭りの取材もしたいのですが、深川祭りと同じで真夏なので、もはや藪さんには取材に行く体力がありません(^ω^)

投稿: 藪井竹庵 | 2016年9月28日 (水) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566498/64270525

この記事へのトラックバック一覧です: 小松菜と香取神社:

« 法恩寺の参道 | トップページ | BOSSのCM、ブラタモリ風 »