« べったら市 | トップページ | 向島防災のつどい 2016 »

2016年10月30日 (日)

青色申告会・向島落語会

東京の家は廃業しましたがずっと商店でした。商店には青色申告会が帳簿の手助けをします。その青色申告会が近くに事務所を構えているのですが、落語会を開くことをポスター掲示していました。。26日6:30から曳舟文化センターで行われるとのこと。当日にわかったのであわてて夕食を早めにしてでかけました。

そろそろ消防署の「防火のつどい」で落語を聞ける頃なので、浅草署・日本堤署と予定を確認しました。浅草が遊雀を招いて11月8日(火)に、日本堤のほうは一之輔で16日(水)。向島署は告知が遅かったのですが、柳家海舟で8日とでました。日本堤署と重なってしまいました。

話しをもどして、青申会の落語会は、前座;笑福亭茶光、漫才:宮田陽・昇、真打:柳家三語楼という顔ぶれでした。
ターゲットは会員ですから若者はいません。落語の演目は茶光が「手紙無筆」。出身・協会は知りませんが、師匠ゆずりの大阪落語でした。
陽・昇は客いじりもあってどっかんどっかん受け、トリは珍しい「質屋庫」で、最初に「質流れ」「利あげ」をふっていました。この客層なら不要だったかも?
クスグりが少ないため、残念ながら寝ている客も散見しましたが、貴重な経験でした。観客はというと青申会の構成年齢を反映していて若い人は見えませんでした。

こないだNHKのクローズアップ現代+で、若者に落語ブームと取り上げていましたから、こういう客寄せのための落語にでかけてくると、いい出会いになるかもしれません。

|

« べったら市 | トップページ | 向島防災のつどい 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青色申告会・向島落語会:

« べったら市 | トップページ | 向島防災のつどい 2016 »