« 隅田川七福神めぐり | トップページ | たばこと塩の博物館の「伊達男のこだわり」展 »

2017年1月 5日 (木)

すみだ文化郷土資料館の「すみだの四季」展

暮れから開かれていた展示会ですが年明けてから行きました。   
   
Sumida4season
副題が「浮世絵に見る季節の移ろい」とあるように、本展は、春=花見、夏=蛍狩りと花火、秋=百花園、冬=隅田川の雪景色、などを題材とした江戸から昭和初期の浮世絵を集めたものです。   
手持ちの資料の中から(だから写真撮影可)、初代から三代までの広重をはじめとして66点ずらりと並べています。今は失われてしまっている名所もありますが、たいていがすぐそこにあるものの過去の姿ですから、浮世絵を見ながら実景を思い出して比べます。
Sumida_spring    
   
いつももらうパンフレットはもうなくなっていて、そのかわりというわけじゃないですが、今年初の試みだという、「すみだの四季」カレンダーをくれました。   
   
この展覧会は2/5までですが、この時期に毎年併催される「隅田川七福神の世界」は連休の9日までとなっています。
7fukujin

|

« 隅田川七福神めぐり | トップページ | たばこと塩の博物館の「伊達男のこだわり」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すみだ文化郷土資料館の「すみだの四季」展:

« 隅田川七福神めぐり | トップページ | たばこと塩の博物館の「伊達男のこだわり」展 »