« たばこと塩の博物館の「伊達男のこだわり」展 | トップページ | 日比谷図書文化館・発掘された大名屋敷 »

2017年1月10日 (火)

すみだ北斎美術館

Sumidahokusai1

11月に開館したので、年末から年始にかけてもいくつかの番組で取り上げられました。   
そのひとつが、隅田川沿いの牛島神社に奉納されていた北斎画の大絵馬を修復するというもの。焼失したけれど、震災前のモノクロ写真が残っていて、以前からその旨の掲示板を境内で見かけました。それをITCを駆使してモノクロ濃淡を色に置き換えていく作業を繰り返すものでした。それは常設展の入り口に掲げられています。
Sumidahokusai3    
   
余談ですが、古写真の彩色や退色写真の復元もたびたびテレビが取り上げられてます。明治時代の色付け絵葉書や、ちょっと前にはハリウッドモノクロ映画の彩色(「カサブランカ」や「史上最大の作戦」)もありましたが、技術は格段に進歩しているようですね。   
そういえば、北斎美術館の近くの映画館で「ローグ・ワン」を見ましたが、まだまだ蘇ったターキン総督やレイア姫の表情にはまだ違和感が残ります。そういうのももっと使われるようになってもっと自然になるんでしょうね。志ん生もアニメじゃなくてCGで動いたりして…   
   
開館以来、ずっと混雑が続いていたようで、たまたま食堂でお客さんがそんなことを話題にしたのを耳にしたりで、落ち着くのを待ちました。現在の企画展が「北斎の帰還」と称し、100年余り行方不明だった「隅田川両岸景色図巻」が今週末まで里帰り展示されているのですから、それを見逃すわけにはいきません。私としては巻物の最後の吉原の座敷の場面より、柳橋からずっと隅田川を遡り、今戸で山谷堀、吉原遊郭にいたるまでの風景に惹かれます。   
柳橋では、近くの両国橋と向う両国の小屋、回向院の屋根が「すやり霞」に見え隠れします。絵巻を移動しながらどの地区・建物かと目を凝らします。

Sumidahokusai2    
   
美術館の外観も美術作品となっています。入館はチケットを買ってエレベーター2台での移動で、これは入り口が混雑するはずだと思いました。開館一番の時間に行って正解でした。企画展の4階から見学開始です。その階は常設展の部屋と二分され、3Fの企画展もう一部屋とはらせん階段で行き来できます。復元大絵馬が出迎えてくれる常設展は意外と狭い。一部屋に北斎の時系列を展示しています。二部屋の企画展がない時期はちょっとさびしい気がします。でも3週間後からの次の企画展が予告されています。年間スケジュールが出て、良い企画が続くようなら年間パスもよいかもしれません。

|

« たばこと塩の博物館の「伊達男のこだわり」展 | トップページ | 日比谷図書文化館・発掘された大名屋敷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すみだ北斎美術館:

« たばこと塩の博物館の「伊達男のこだわり」展 | トップページ | 日比谷図書文化館・発掘された大名屋敷 »